よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?

この記事の所要時間: 25




 

孔明から事務処理能力の高さを愛された楊儀(ようぎ)

孔明亡き後、蜀軍の退却において魏延(ぎえん)の妨害に会いますが見事に退却戦を行います。

さて彼は蜀軍を退却させ対立していた魏延を倒したのですが、

彼は蜀で出世することができたのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀




蜀軍撤退貢献した楊儀

 

楊儀は孔明から「私が亡くなったら蜀軍を率いて益州へ帰還せよ」と命令を受けます。

この命令を受けてから数日後孔明は亡くなってしまいます。

楊儀は孔明の命令を遂行するため、

蜀軍の総大将として蜀軍を率いて益州へ撤退を開始。

しかし蜀軍総退却に反対していた魏延は指揮下の軍勢を先回りさせて、

楊儀率いる蜀軍の撤退を妨害。

楊儀は蜀軍の撤退を行う最中、部下であった馬岱(ばたい)に

魏延の指揮下に入って、チャンスを見つけて彼を殺害せよ」と命令。

馬岱は楊儀の命令を受けて密かに魏延に加わることになります。

楊儀はその後魏延の妨害に会いながらもなんとか蜀軍を総退却させることに成功。

魏延は密命を受けた馬岱によって殺害されることになります。




孔明の跡を継ぐのは俺しかないでしょ

 

楊儀は蜀軍の総退却の成功と孔明の北伐戦で積み上げてきた功績を鑑みて、

孔明死後彼の跡を継いで蜀の政治を行っていくのは、

自分しか居ないと思い込んでおりました。

しかし結果は楊儀の思惑と違いました。

孔明死後蜀の政治を担うトップに就任したのは彼の同僚であった蔣琬(しょうえん)でした。

 

北伐の真実に迫る

 

孔明はなぜ楊儀を後任にしなかったのか?

 

孔明は楊儀に軍の編成や北伐戦が行われた際、

軍の兵糧がどの程度毎日消費されているか調査する事務能力に秀でていた事から

彼の才能を愛しておりました。

孔明はそのため将軍の位を与えると共に北伐戦を行う時には、

必ず彼を従軍させておりました。

しかし孔明は彼を自分の後継者として任命していませんでした。

その理由は彼の性格にありました。

正史三国志蜀書によると楊儀の性格は狷介(けんかい=頑固で自らの信じることを曲げず、

他人に対して心を開かないこと)で偏狭な人物であったそうです。

そのため孔明は彼を後継者として任命することをしなかったようです。

 

愚痴をいいまくる

 

蔣琬が蜀の政権を担うトップとして君臨することになると楊儀は、

担当する職務のない閉職に異動する事になります。

費禕(ひい)は楊儀が不満を持っているに違いないと感じていつも彼の元を伺い、

愚痴を聞いておりました。

楊儀は費禕に対して「なんで俺が孔明様の跡を告げないんだよ」と

愚痴ばっかり言っていたようです。

費禕はいつもように職務を終わらせると楊儀の元に行きましたが、

この日の楊儀はいつもと違い彼に「五丈原(ごじょうげん)で

孔明様が亡くなり蜀軍の総退却を行ったとき、

もし魏延の味方をしていれば俺がこんなに落ちぶれることはなかったであろう」と述べます。

楊儀のこの言葉を聞いた費禕は楊儀の家を去った後劉禅(りゅうぜん)に楊儀の言葉を密告。

この言葉を聞いた劉禅は彼を庶民に落として僻地へ赴かせることになります。

 

関連記事:【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

楊儀は僻地に家族と一緒に行くことになりますがこの地で再び劉禅に上奏。

劉禅は楊儀が書いた上奏文に目を通すと上奏文の内容が、

群臣達の批判に満ち溢れていたことからポンコツ劉禅もさすがに激怒。

すぐに楊儀を逮捕して処刑することにします。

こうして楊儀は残念な最後を迎える事になるのです。

彼がおごることなく謙虚な人物であれば蜀にとってもかなり有益な人物であったと

言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?

関連記事:【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かな…
  2. 孔明は劉備の嫁?「水魚の交わり」にはけっこう深い意味があった!
  3. 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?
  4. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  5. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  6. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ…
  7. 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか?
  8. 【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したド…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人?
  2. 【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか?
  3. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  4. 小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?
  5. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  6. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士 コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い 第9話:袁術くん「セルフイメージ」の高め方を学ぶ 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!? 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ! 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!? キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー

おすすめ記事

  1. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!
  2. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  3. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  4. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信
  5. 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?
  6. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  7. 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始!
  8. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP