ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての魏

高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ導いた法律の番人




 

高柔(こうじゅう)

曹操の時代に法律に携わる仕事に就いてから曹髦(そうぼう)の時代まで、

仕えることになった魏の重鎮で90歳で亡くなったそうです。

蜀の老将・黄忠や呉の呂岱(りょたい)に匹敵するほど長生きした人ですが、

彼は法律の番人として魏国で活躍しており、

どんな小さい事件でもおかしな点があればしっかりと確認する人だったそうです。

そんな彼が解決した事件を今回はご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家




兵士が逃亡

 

曹叡(そうえい)の時代、ある将軍の駐屯地から兵士が逃亡してしまいます。

兵士の名を董礼(とうれい)と言いました。

 

 

彼は休暇の日に外出したまま戻ってこなくなってしまい、

そのまま駐屯地に帰ってきませんでした。

駐屯地では大騒ぎになり、董礼の奥さんである董盈(とうえい)を捕縛して、

奴隷の身分に落とすように上奏されることになります。

董盈は役所へ行って「私は冤罪です」と訴えたそうですが、

誰も彼女の言葉を聞いてあげなかったそうです。

彼女は役所が当てにならないと知ると廷尉(ていい)へ出頭して、

自らの罪は冤罪であると訴えることになります。

 



董盈へ優しく尋問する

 

高柔は董盈がやってくると知ると部下に任せることをしないで、

自らこの話を聞いてやります。

高柔は董盈に「君は旦那が逃亡していないと言っているそうだが、

どうしてそのように断言できるのだ」と述べます。

すると董盈は「旦那は若い頃から身寄りのない生活を強いられてきました。

そのためか自分の子供をしっかりと可愛がっておりました。

そんな旦那が軍の生活がきついという理由だけで逃亡するとは、

どうしても考えられないのです。」と口にします。

高柔は頷きながら再度「君の旦那は人から恨みを買うようなことをしていないか」

と彼女へ尋ねます。

彼女は「恨みを買うようなことはしていません」ときっぱりと断言。

さらに高柔は「旦那は金を他人に貸していたことはないか」と質問します。

すると彼女は「以前同じ軍営にいた蕉(しょう)という人物に金を貸していたそうです。

旦那は蕉へ金を返してくれと何度も請求したのですが、

一向に返してくれなかったそうです。」と述べます。

高柔は彼女の言葉を聞いてピンときます。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

蕉が牢獄されていることを思い出す

 

高柔は蕉が事件に加わって牢獄されていることを思い出します。

すると高柔は蕉が投獄されている牢屋に行き、

事件の事を二、三訪ねた後董礼の事件について尋ねることにします。

 

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

関連記事:死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争

 

蕉を誘導尋問する

 

高柔は蕉へ「そう言えばお前。以前人から金を借りて返していないようだな」と

問いただします。

すると蕉は顔色を変えて「そんなことはありません。

私は身寄りがありませんから人との付き合いを大切にしています」と答えますが、

明らかに表情が変化してしまいます。

高柔は彼に「お前。董礼という人物から金を借りて、返していないんだろう。」と

語気を強めて再度質問。

蕉は高柔が董礼の事を知っていることに驚いて、

しっかりと彼の言葉に対応できなくなってしまいます。

彼はこいつが董礼を殺害したと考え「お前が董礼を殺害したのだろう」と叱責。

蕉は彼の叱責に観念してついに董礼を殺害したことを認め、

董礼を殺害して彼の死体を埋めた場所と董礼殺害の方法を聞き出します。

その後蕉が言った董礼の死体が埋められている場所を掘り返すと彼の遺体を発見。

こうしてこの事件は董礼の逃亡ではなく蕉の殺害事件として処理されることになり、

董盈の身分は平民として復帰し、彼女の名誉は保たれることになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

董礼の事件は今後の戒めとするため、各地へ伝えれられることになります。

その後曹叡が亡くなると彼は曹芳(そうほう)の時代に三公へ登ることになり、

曹髦が皇帝の位に着くと領土を大きく加増されることになり、

魏国の重臣として敬われる存在となるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)

関連記事:禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 許チョ 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…
  2. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  3. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  4. 織田信長 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは…
  5. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人…
  6. 曹操 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?
  7. 孫権に煽られて憤死する陸遜 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍…
  8. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 平野国臣
  2. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  3. 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠
  4. 五虎大将軍の馬超
  5. 董卓の相談に乗る袁紹
  6. 関羽の死
  7. 細川ガラシャ
  8. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

  1. 徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの?? 徐晃
  2. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ
  3. 曹操を主人公にしたオススメ小説3選 赤鎧を身に着けた曹操
  4. 成廉(せいれん)とはどんな人?呂布を支えた八健将
  5. 織田信長を支えた津島神社の門前町・津島とは? 織田信長
  6. キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城? キングダム52巻

三國志雑学

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 蜀の劉備
  3. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  4. 袁術
  5. 七星剣


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魯粛
  2. 鎌倉時代 服装 男女
  3. 美女を集めた曹叡
  4. 韓信vs孔明
  5. 上杉謙信
  6. 近藤勇 新選組

おすすめ記事

【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です! 陸遜 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 曹仁 曹仁伝から読み取る曹仁の生涯不敗漢、もはや伝説・・・ 土いじりをする劉備 劉備は本当に景帝の末裔なの? 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの? 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ! はじめての三国志からのお知らせ バナー コメント欄・不具合発生のお詫びと復旧のお知らせ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP