キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての呉

呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長

賊を討伐する呂岱(りょたい)




呂岱

 

三国志で老将のイメージと言えば黄忠(こうちゅう)が出てくると思いますが、彼より長生きをした武将が孫呉の将軍の中にいました。

その名は呂岱(りょたい)です。彼は96歳まで生きた長寿武将です。

孫権(そんけん)から南方に存在する異民族討伐ミッションを受け取り、こなしていきます。

彼はなんと80歳を超えてなお異民族討伐や反乱分子討伐戦に参加していた老将です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍

関連記事:【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い

孫権に仕える

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

呂岱は161年生まれです。

実は蜀漢を起こした劉備(りゅうび)と同い年なんです。

そんな彼は戦乱を避けて家族と共に揚州に移り住みます。

呂岱が移り住んだ時は孫策(そんさく)が亡くなって孫権に代替わりした時でした。

呂岱は孫権が有能な人材を集めていると聞き、孫権に仕える事にします。

 

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

 

ミッション1:南方の賊徒を討伐

遅れて来た孫権 英雄

 

孫権は孫策の跡を継ぐと、南方に存在する山越族や賊徒を討伐するため、諸将に軍勢を与えます。

呂岱は孫権から会稽で反乱を起こした賊を討伐せよと命じられます。

呂岱は同僚である蒋欽と共に出陣し速攻で賊の頭領を捕縛し反乱を鎮圧します。

孫権は反乱を起こした賊をすぐに鎮圧した呂岱の戦の巧さを高く評価。昭信中郎将の位を与えます。

ミッション2:荊州最南端の賊を討伐せよ

 

呂岱はその後数々の賊や異民族を討伐し、実績を積んで行きます。

彼は220年に今までの活躍と異民族討伐で実績を残していることから呉の南方に位置する交州の刺史に任命されます。

呂岱は交州刺史に着任した時すでに60歳を超えておりました。

今の60歳で戦に出る事は非常に困難な事だと思いますが、彼は違います。

呂岱は着任するとすぐさま軍勢を率いて、諸郡に居る賊徒を見つけ出して次々に討伐。

この功績から安南将軍に任命されます。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

ミッション3:交趾太守が反乱を起こす前に鎮圧

交趾太守が反乱を起こす前に鎮圧した呂岱

 

呂岱はこうして南方の反乱を次々に平定していきます。

交州の西に位置する交趾には士燮が太守を務めておりました。

彼は名目上孫権に服従する形をとっておりましたが、事実上独立した勢力でした。

独立勢力を保っていた士燮が90歳で亡くなります。

すると士燮の子供達は呉に反乱を起こそうと企みます。

呂岱は士燮の息子達が不穏な動きを事前に察知。

すぐに息子達を捕縛し処刑します。

呂岱は交州全域で孫呉に逆らう反乱分子を一掃すると、次なるミッションを孫権から受け取ります。

 

ミッション4:ベトナム南部を制圧せよ

 

呂岱は孫権から次なるミッションを与えられます。

その内容は「越南(現在のベトナム南部)を制圧しなさい」との事です。

呂岱はすぐに出陣し、越南に侵攻します。

越南には多数の異民族が存在しておりましたが、すぐに討伐を開始。

呂岱は率いてきた軍勢をいくつかに分けて諸民族を討伐し、越南平定に成功します。

この時捕虜にした者や斬首した者を合わせると数万人に及んだそうです。

彼はさらに越南を平定した後、部下を越南より南に派遣。

呂岱の軍勢が来ると南方の王たちは討伐されることを恐れて、呉に対して貢物を送ってくるようになりました。

孫権は呂岱が南方平定ミッションを完了したことを喜び、彼を鎮南将軍に任命します。

呂岱は老齢の身でありながら孫権から与えられたミッションの数々をこなしてきました。

そろそろ引退かなと孫呉の群臣達は囁きますが、彼の戦いはまだまだ続きます。

 

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

関連記事:悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

75歳でも戦場の最前線で活躍

 

呂岱は呉に反乱を起こしてきた南方の反乱分子をことごとく討伐し、南方の平穏を手に入れました。

孫権は南方が安定した事を知ると南方から荊州の長沙へ異動を命じられます。

数年間荊州各地の都市を巡察しておりましたが、呉の南方の都市である会稽など三都市が連動して反乱を起こします。

呂岱は孫権から「反乱を鎮圧せよ」とのミッションを受けすぐさま出陣。

ついでに彼の年齢はこの反乱が発生した時75歳です。

呂岱はとても75歳とは思われない超人的な働きをして三都市の反乱を鎮圧します。

 

生涯反乱を鎮圧し続けた老将

 

会稽の反乱から4年後、荊州南部から交州にかけて反乱が勃発します。

呂岱はこの時79歳~80歳でありましたが、寝ないで軍勢を進めて現地に到着。

一年間に及ぶ反乱軍との戦いを制して反乱を鎮圧させる活躍を見せます。

その後も反乱がおきると戦場に出陣し、戦い続けます。彼は孫亮が皇帝になると大司馬に任命されます。

しかしその4年後彼の長い生涯は終わりを告げます。

享年96歳でした。呂岱の葬式は質素に行われたそうです。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

三国志の時代に96歳まで生きていることにも驚きですが、80歳を超えてなお戦場で駆け回れるその元気に驚きを隠せません。

黄忠もかなり長生きをしていたと思うのですが、80歳を超えてなお戦場で戦っていた呂岱は三国志一の現役老将の代表格だと私は思います。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?

関連記事:石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 魏を破る朱然 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生
  2. 士匡 士匡とはどんな人?従兄弟を守るためも悲惨な最期を迎える南海の覇者…
  3. 呉の周瑜、孫策、程普 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  4. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の…
  5. 呉の孫権は皇帝 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝…
  6. かぼちゃと孫権 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  7. 孫権に初代丞相として任命される孫卲(そんしょう) 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていない…
  8. 華歆(華キン) 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 邪馬台国と卑弥呼軍
  2. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 徳川家康
  5. アンティキティラ島の機械
  6. 張遼・楽進・李典
  7. 程昱(ていいく)

おすすめ記事

  1. 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座? 孔明
  2. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  3. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1 尹夫人と曹操
  4. なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している? 京劇の格好をした関羽
  5. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?
  6. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何? 項羽

三國志雑学

  1. 曹洪と曹操
  2. 司馬懿と公孫淵
  3. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  4. 袁紹と曹操
  5. 降参する姜維
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 病気がちな孔明
  2. 朶思大王
  3. 白馬寺(城)
  4. 司馬遷(しばせん)

おすすめ記事

爽やかな荀彧 第17話:袁術くん「メタ認知」を荀彧から学ぶ 桂小五郎(木戸孝允) 桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は?? ミニチュアで遊ぶ董卓 ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した! 空箱を受け取る荀彧 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!? 織田信長 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機 甘寧 裏切る ゆるキャラ 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧 キングダム53巻 キングダム588話ネタバレ雑学「王賁の槍術って本当に存在するの?」 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP