【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国時代漫画、キングダムで、現在、蒙恬や信と激闘しているのが、

離眼勢の紀彗(きすい)と馬呈(ばてい)です。

前回の黒羊丘の戦いから引き続きの登場であり、壮絶な過去を背負ってる点から

なかなか人気の高いキャラですが、注意深く見ていると、噂程には、

大した事がないキャラである事が分かりました。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?


紀彗(きすい)は実在しない架空の武将

 

紀彗の父である、離眼城の前城主、紀昌が、紀彗や劉冬(りゅうとう)や馬呈のような

次世代の武将と民衆の命と引き換えに、敵により大人達と共に火炙りにされた

壮絶な過去がある紀彗ですが、黒羊丘も離眼城のエピソードも史実ではありません。

 

もちろん、これだけエピソードを造りこんだ理由は、紀彗が父である城主から

受け継いだ離眼の民を何としても守る性格である事に桓騎(かんき)がつけこんで、

離眼城を狙うブラフを掛ける事で、要塞化された黒羊丘から、離眼勢を

下山させる伏線にする為でした。

 

信によって、慶舎(けいしゃ)が討たれ、事実上の趙軍の大将になっていた紀彗ですが、

桓騎が離眼を伺うと聞くと、民を救うべきか、黒羊丘を死守すべきかで迷い

結局、金毛(きんもう)の反対を押し切り、黒羊丘を下山してしまいます。

 

これにより、主力を失った趙軍は、退却を余儀なくされました。

紀彗は趙軍の勝利より、故郷の城民を守るという痛い選択をしたのです。


朱海会戦では、蒙恬の引き立て役の痛キャラに

 

朱海会戦では、趙軍の右翼を担当していますが、

序盤から蒙恬に翻弄され、まだ、決定的な勝利を得ていません。

馬呈が陽動作戦で欺かれ、紀彗も、楽華隊の挑発に乗り陣を動かし、

麻紘軍に側面を突かれて窮地に陥りました。

ヒットマン李牧(りぼく)が、正面の麻紘を殺していなければ、今頃は、

信に首を獲られていたのは間違いないでしょう。

 

信にやられたわけではありませんが、現状では蒙恬の咬ませ犬の扱いです。

 

関連記事:【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?

関連記事:【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?

 

紀彗の最後とは、どういうものなのか?

 

戦いを敗北に導いた紀彗は、今回の秦軍の鄴攻めにおいて李牧に召集されます。

その前後の説明はありませんが、戦よりも離眼の民を優先させた負い目があり

李牧の召集を断れなかったのでしょう。

 

普通に考えると、太行山脈の向うの離眼に勢力がある紀彗が今回の戦に

参加する義理はないからです、別に秦に降伏して、離眼が守れるなら紀彗は

降伏する事も躊躇しないでしょうし、黒羊丘でも趙の勢力下にあっても、

直属の配下ではなく同盟勢力のような扱いでした。

 

岳嬰(がくえい)が丘から下山しようとする紀彗を殺しても止めようとすると、

馬呈が主君を守るように、岳嬰に斧を向けていましたから、

全くの趙王の家来ではないようです。

 

そんな紀彗ですが、今回はどのような最期を迎えるのでしょうか?


紀彗にとって、飽くまでも恨みがあるのは飛信隊

 

離眼勢の様子を見ていると、黒羊丘で劉冬が羌瘣に斬られた事が、

もっとも強い恨みとして残っています。

紀彗と馬呈と劉冬は、幼馴染として生きてきたので、

それを羌瘣(きょうかい)に殺されたのを非常に恨んでいるのです。

 

キングダム534話でも、馬呈軍は、蒙恬の本陣はそっちのけで

羌瘣がいる飛信隊をぶっつぶそうと、追いかけまわす程です。

また、紀彗も、飛信隊の動きは把握して、二度と遅れは取らないと

言っている位なので、前回の屈辱に関しての、何らかの決着をつける考えは

持っているという事でしょう。

 

つまり、紀彗と馬呈は、前回は桓騎の引き立て役として登場しましたが、

今回は、信に敗れて、何らかの熱いドラマを残すのでしょう。

途中で離眼に帰ってしまう事はもう無いと思います。

 

関連記事:キングダム ネタバレ予想534話 日没まで

関連記事:飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察


  

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

非常に濃いバックストーリーを持ったフィクションの人物として、登場した

離眼の紀彗と馬呈、俯瞰して見ると、桓騎、信、蒙恬の踏み台という

痛キャラなのですが、最後にはどんな熱い散り方を見せるのでしょうか?

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生


 

関連記事

  1. キングダム
  2. 細川勝元
  3. 船冒険する諸葛直 船
  4. 周瑜逝く

    デザイン担当:よりぶりん

    82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る

    曹操(そうそう)は、赤壁の戦いに敗れたもの…

  5. キングダム
  6. 幕末64-14_衣替えする民間人 文明開化

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • ゲンポウ
    • 2020年 6月 05日

    キスイは裏切らせることが容易な存在。
    彼は趙に忠義がある訳ではない。リガン守備に役立つから趙と組んでいるだけだ。
    その趙は撤退戦術をとっており、これではリガン回復は永久にあり得ない。
    その代償に李牧はリガン難民を厚遇しているはずだが、李牧失脚後は趙領民のリガン難民への風当たりは強くなる。
    秦からキスイを城主にするからみんなで帰ってこいといわれれば断る理由がない。
    キスイだけでなく、一般のリガン民にも工作員を送り込めばなお効果的。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP