キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての魏

辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ

羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜




 

辛憲英(しんけんえい)

辛毗の娘として誕生。

曹芳(そうほう)の時代、司馬仲達が曹爽に対してクーデターを起こします。

弟である辛敞(しんしょう)は自らの取るべき行動に困り、

彼女にアドバイスを求めます。

彼女は弟へ曹爽と司馬仲達の間柄を説明し、現状を把握したアドバイスを行った結果、

彼は身を破滅することなく寿命を全うすることになります。

 

 

さて今回は晋の時代に名将としてその名を轟かした羊祜(ようこ)

ある武将が野心を持っていることを語ります。

彼女は羊祜と話をした野心ある武将と一緒に出陣することになった自らの子供へ

適切なアドバイスを行ったそうです。

さて彼女は羊祜と自らの子供に対してどのような言葉やアドバイスを行ったのでしょうか。

女性として三國志の中でもかなり賢い人に入る辛憲英のアドバイスを

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




羊祜鍾会の話で盛り上がる

 

辛憲英の甥である羊祜が彼女の家へ遊びにやってきます。

彼が辛憲英の家に遊びに来た数日前に司馬昭の参謀役である鍾会(しょうかい)

鎮西将軍(ちんせいしょうぐん)に任命されます。

そこで彼女は羊祜へ「鍾会はなぜ西へ向かうことになったのでしょうか。」と尋ねます。

彼は「蜀を滅亡させるために西へ向かうことになるのではないのでしょうか」と叔母に

自分の予想を語ります。

すると彼女は羊祜へ「鍾会は事件が起きた際、自分の好き勝手に行動していることが多く、

いつまでも司馬昭様の家臣として甘んじている人物ではないでしょう。

私としては彼が蜀を征伐する際、別の目的をもって行動することを恐れます。」と

甥へ語ります。

すると羊祜は「叔母さん。そう言う物騒なことは言わないでください」と言って注意されます。

その後当時の情勢や今後の魏国の展望などを二人して語り合って、

話に花を咲かせていたそうです。

辛憲英は鍾会が鎮西将軍に任命されただけで、

彼に野心があることを見抜いたその観察力は、

名政治家顔に匹敵するものがある思いませんか。




自らの子供が鍾会に従軍するように命じられる

 

その後鍾会は司馬昭から命じられて蜀征伐の総司令官に任命されることになります。

彼は自らの幕僚として辛憲英の息子である羊琇(ようしゅう)へ

蜀討伐戦に参加するよう命令を下します。

羊琇は家に帰ると母親である辛憲英へ「母さん。俺蜀討伐に行くことになったから」と報告。

彼女は息子の報告を聞いて沈鬱そうな表情で「先日甥の羊祜が来た時、

鍾会が野望を持った人物であると述べました。

このままあなたが鍾会の幕僚として蜀討伐戦に参加すれば、

必ず災いがあなたに降りかかってくるでしょう。

無駄かもしれませんが司馬昭様に蜀討伐に参加したくない意見を述べてみなさい」と

アドバイスを与えます。

羊琇は母親のアドバイスを受けて司馬昭へ蜀討伐戦に参加したくないことを述べます。

しかし司馬昭は彼の意見を受け入れることなく蜀討伐戦に加わるよう

再度命令を受けることになるのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

辛憲英から再度アドバイスを受ける

 

羊琇は家に帰ると母親へ「母さん。司馬昭様に反対したけどダメだった。

俺蜀討伐戦に行かなくちゃならなくなった。」とガックシして報告します。

すると彼女は「こうなることはわかっていました。

蜀討伐へ向かうなら魏のためにしっかりと忠誠を尽くし、職務をしっかりとこなしてきなさい。

そして父と母に心配をかけないように心がけなさい。

また鍾会が無謀な事をしでかすかもしれませんから気をつけないさい」と

息子にアドバイスを行います。

その後羊琇は鍾会の軍勢に加わって蜀討伐戦へ出陣することになります。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

羊琇は鍾会が蜀を平定した後、魏に対して反乱を起こそうとします。

鍾会の計画を知った羊琇は彼へ「魏に反乱を起こすのはよくありません」と

強く諌めたそうです。

鍾会は羊琇の言葉を受け入れることなく魏へ反乱を起こしますが、

失敗に終わります。

羊琇は鍾会の反乱に巻き込まれることなく魏に帰還することができ、

司馬昭から侯の位を授かることになります。

辛憲英の予見力・人物観察力は天才の域に入っているような気がしませんか。

三国志の世界に登場した女性の中でもトップクラスに入る辛憲英をご紹介しました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!

関連記事:【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  2. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!07 蔡瑁、劉備 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  3. 鍾会 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  4. 賈詡 ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  5. 武田信玄と徳川家康 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  6. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…
  7. 冒頓単于と劉邦 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  8. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 董卓と呂布
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう)
  4. 蜀の劉琦
  5. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン

おすすめ記事

  1. 陶淵明が描いたユートピア「桃花源記」の世界とは?
  2. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた? 秦の始皇帝
  3. 【素朴な疑問】三顧の礼はどうして凄いのか? 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  4. 【薩摩vs大英帝国】薩英戦争は勘違いから始まったってホント?
  5. ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった 関羽と周倉
  6. 【岳飛故事とは】岳飛の背中の入れ墨や名前の由来を解説 岳飛(南宋の軍人)

三國志雑学

  1. 賈詡
  2. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  3. 戦で活躍する凌統
  4. 孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の夏侯淵
  2. 新選組の土方歳三
  3. 鄒氏
  4. 辮髪(べんぱつ)
  5. 甘寧と凌統と呂蒙

おすすめ記事

キングダム 始皇帝 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編 映画「空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎」レビュー 木戸松子 木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった? 真田丸 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの? 伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最初の妻の悲しい生涯 李逵(水滸伝) 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末 【真・三國無双 Online Z 攻略1】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか 甘寧に殺されかける料理人 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP