袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ

この記事の所要時間: 235




 

蒼天すでに死す黄天正に立つべし、三国志のハイライトは

こちらのスローガンと共に黄巾の乱から開始します。

それは、誰でも知っていますが、挙兵半年程で張角(ちょうかく)が病死。

黄巾賊は、求心力を失い尻すぼみに鎮圧されましたから、

その軍隊としての内情などは、ほとんど記録に残りませんでした。

 

例えるなら、ダッダーン、ボヨヨン、ボヨヨンのCМが強烈すぎて、

どんな商品を紹介したものだったのか記憶にないようなものです。

そもそも、黄巾賊の首領である張角には列伝もなく、その記述は後漢書の

皇甫嵩(こうほすう)伝、霊帝(れいてい)紀、そして、陳寿(ちんじゅ)

正史三国志、孫堅(そんけん)伝にある記述を纏めたものです。

 

そこで、今回のはじめての三国志では、三国志への道を開いた黄巾賊が、

どんな軍団だったかを解説してみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】




黄巾党を分かりやすくミエル化してみた

 

では、早速、張角の苦心の力作である黄巾軍をミエル化してみましょう。

それは上図のような組織になります。

 

※この図は後漢書の皇甫嵩伝の記述を参考に作成してあります。

 

まず、組織の首脳は、張角、張梁(ちょうりょう)、張宝(ちょうほう)の

3人であったようです。

それぞれ、張角が天公将軍、張宝が地公将軍、張梁が人公将軍と名乗りましたが

TOPである張角は、乱のときには、すでに死の病に冒されており、

実質的な指揮は張宝が行っていたようです。




三十六に分かれた渠師と呼ばれる将軍達

 

そして、三人の首脳の下には、三十六人の渠師(きょし)と呼ばれる将軍がいました。

この渠師は、方(或いは坊)と呼ばれる7000~1万人の信徒を率いています。

黄巾賊に関しては、馬元義(ばげんき)や唐州(とうしゅう)、張曼成(ちょうまんせい)

波才(はさい)のような関連人物が出ますが、或いは、このような渠師という

ランクにあった黄巾賊の武将かも知れません。

 

実際の反乱では、三十六人の渠師以外にも、部外者の山賊も乱に盟約で

或いは火事場泥棒的に参戦しているので、実際の総数は三十六万以上に

なったであろうと考えられます。

 

もちろん、これは黄巾賊の総数ではなく戦闘員ではない

女子ども、老人は別であったと思われます。

曹操は青州黄巾賊を吸収した時に、百万人という非戦闘員も得ていますが、

この人たちが黄巾賊の非戦闘員だったのでしょう。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

共同生活を営んだ黄巾賊の鉄の兵士

 

三十六人の渠師の下には「方」に属している、七千人から一万人の信徒がいます。

黄巾賊の教義は、当時の一般的な人々の生活からかけ離れていたので、

同居する事は出来ず、迫害された黄巾賊の信徒は自分達だけで共同生活を行い、

閉鎖的なコミュニティを築いていきました。

その中で、自然に組織が生まれ、方の原型が成立していったと考えられます。

 

 

やがて、黄巾賊の中で結婚する男女が現れ、生まれた子どもは、

黄巾賊の教義だけを教え込まれて、コミュニティを守る兵士と化していきます。

曹操(そうそう)は、魏武註孫子の中で、黄巾賊を野良犬のようなものと形容し、

ただ、乱暴なだけで何も考えがなく、幾らでも湧いてくると書いています。

 

固体では、大して強くはないのでしょうが、味方だけを庇い、

命令通りに何でもやるという態度は、宗教に起因する兵士の特性を持っています。

実際に、青州黄巾賊は曹操軍に併合されても、しばしば軍律を破り、

負けた自軍からも略奪をしている事が于禁(うきん)の伝に出ているのです。

 

関連記事:【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

有名だけど、イマイチ、内情が分からない黄巾賊についてミエル化しました。

黄巾賊の野望は、直ぐに頓挫しますが、それを受け継いで暴れる、

黒山賊や白波賊が頻発し、後漢王朝の権威は失墜していきます。

そして、官軍の質の低下を補う為に、後漢が呼び寄せた義勇軍が、

やがては、自前の勢力を持つようになり、群雄割拠の時代が始まるのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉
  2. 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像
  3. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  4. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第4部
  6. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  7. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  8. 【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生
  2. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】
  4. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)
  5. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る
  6. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何? 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介! 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計 おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

おすすめ記事

  1. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』
  2. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  4. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!
  5. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  6. 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった!
  7. 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!
  8. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“西遊記"
PAGE TOP