法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう




袁術と劉繇

 

兗州の刺史で、漢王室にゆかりのあるスター劉岱が、

青州を発端とする黄巾の残党に攻め込まれて討ち死にします。

兗州東郡の太守であった曹操は、

鮑信らの勧めに従って劉岱亡き兗州のトップに出世することになります。

官位は黄巾討伐をかねて軍事力を有する兗州牧。

曹操鮑信の協力を得ながら百万(非戦闘員を含む)を超える青州の黄巾の残党を打ち破り、

その勢力を吸収することになります。

「ピンチは最大のチャンス!」まさにこのときの曹操の成長ぶりです。




納得できない袁術のとった方法とは

袁紹VS袁術(犬猿)

 

もともと兗州は袁紹派の劉岱が指揮っていました。

そこにまた袁紹の家臣のように従う曹操が代役となりましたので、

当時、荊州北部に勢力を広げていた後将軍の袁術は納得できません。

中央政府との連携の末、金尚というものを兗州の刺史に据えて、兗州一帯の奪取を謀ります。

袁術直々に本拠地の南陽を出陣したということですから並々ならぬ覚悟であり、

十中八九勝てると踏んでいたのでしょう。




戦の名目

董卓&呂布

 

当時は官軍と逆賊董卓(正規軍)、官軍と賊徒の戦いが繰り広げていました。

群雄割拠とはいえ、官軍と官軍の勢力戦いは漢王室をないがしろにする謀反です。

実際になぜ官徒同士でここまで戦いが広がったのか。

その経緯として朝廷から何枚も出される全く同じ官位や役職がありました。

袁紹側からの訴えで豫州刺史が決まったかと思うと、

同時に袁術側から承認を求められて豫州刺史が決まる。

同時にふたりの刺史が存在することになります。

どちらが正しい刺史なのかを周辺の諸侯を巻き込み戦いが始まるのです。

ですから名目上は私領の拡大ではありません。正統性の証明です。

私は朝廷を握る董卓の関東諸連合への離間の計だったのではないかと考えています。

とりあえず袁術は名前だけの金尚を盾に、傀儡の政治運営の手を兗州に広げようと画策したのです。

徐州牧の陶謙とも結託しています。

陶謙は裏から手を回し青州の黄巾の残党を兗州に攻めこませて弱体化させるねらいでした。

準備は万端です。

 

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

 

袁術の誤算

曹操 匡亭の戦い

 

ここで袁術はその誤算によって戦に敗れます。

それは曹操が逆境に打ち勝ち、黄巾の残党を吸収し、軍事力を大きく高めるということをまったく想像していなかった点です。

 

曹操 黄巾党が仲間に!

 

滅亡寸前まで弱っていると考えていた袁術は、劉詳を先鋒として軍をふたつに分けて兗州の陳留郡に攻め込みます。

対して曹操は陳留郡の匡亭で劉詳を破り、また封丘に布陣する袁術の本陣に対峙します。

袁術は曹操の成長と「青州兵」の強さを知り、決戦か退却かを悩みます。

 

関連記事:まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!

関連記事:曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた!

関連記事:【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?

関連記事:曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!

 

退路を断つもの

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

そのとき、袁紹派の荊州牧、劉表が袁術の退路を断っていたのです。

そのため袁術はまともに兵糧の補給を得ることもできませんでした。

つまり完全に兵站を切られたのです。

本拠地の南陽に戻ることもできません。

そこで自らが推薦し、州刺史に取り立てていた陳瑀を頼ることになるのです。

 

逃亡の先は……

袁術

 

そこが南の揚州でした。

しかし意外にも陳瑀は袁術の南下、受け入れを拒絶します。

実は嫌いだったのでしょう。

袁術は策略をもってへりくだった姿勢をみせて油断させ、寿春を奪ってしまいます。

陳瑀は徐州へ逃亡(従弟の陳珪がいます)、以後、袁術や孫策に敵対する勢力となります。

袁術は揚州刺史を追い出し、州府のある寿春を勝手に自らの本拠地にしてしまうのです。

さすがは自由人、袁術!

 

もしも兗州を袁術が押さえていたら

袁術

 

袁術は荊州北部、兗州から豫州までを抑え、同盟者の徐州の陶謙

幽州の公孫瓚と併せると最大勢力になっていたことは間違いありません。

曹操は活躍の場を失い、袁術の配下になっていた可能性もありますし、

袁紹も袁術の家督相続を認め、関東は河北から江南にいたるまで統一されていたかもしれません。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

曹操

 

やはりなんといっても歴史を変えたのは曹操が黄巾百万を降した奇跡でしょう。

苦心の末の勝利で曹操は大きな勢力となり、運命を切り開いていきます。

戦わずとも相手を威圧できていた袁術は、

その境遇に胡坐をかいていたために関東統一のチャンスを失ってしまうことになるのです。

曹操だからこそなし得た逆転劇だったのでしょう。

 

関連記事:曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

関連記事:字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 逃げる劉備追う曹操 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  2. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!…
  3. 【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?
  4. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  5. 曹操に仕えることを検討する荀彧 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  6. 宴会マナーと酒(古代中国) こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  7. 蒟蒻問答 孔明と張飛 まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ
  8. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇して…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 平野国臣
  2. 水滸伝って何? 書類や本
  3. 三国志時代の牢獄
  4. はじめての三国志編集長 kawauso
  5. 三国志っておいしいの

おすすめ記事

  1. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  2. 【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆?
  3. 【徐晃の逸話】実は三国志最強レベル!逸話からわかる徐晃の強さ 徐晃と夏侯淵
  4. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?
  5. 島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?
  6. 科挙問題文を紹介!あなたには解ける? 宋代の公務員試験である科挙

三國志雑学

  1. 胡亥
  2. 魏延の謀反を察する孫権
  3. 魯粛
  4. 読書する劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 董卓
  2. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  3. 孔明による出師の表
  4. 呂不韋
  5. カムヤマト(日本神話)

おすすめ記事

はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.3 吉田松陰と久坂玄瑞の手紙、「長州白熱教室」君ならどう考える? 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた? 曹丕 三国志演義の曹丕様の初登場シーンが怖すぎる 袁術と呂布 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明 馬謖は諸葛亮にチョー可愛がられていたのは本当?溺愛していた理由とは 甘寧と凌統 よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP