呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

三国ブレイズ

【三国ブレイズ 攻略2】蜀の名将・趙雲と姜維が加入!アイテムの強化と攻略ポイント紹介




 

前回から高速バトルRPGの「三国ブレイズ」をプレイしています。

プレイしやすく、時間もかからず、

さらにビジュアルも好みということで、私のお気に入りゲームのトップになっています。

 

しかも今回は人材面でさらに嬉しい特性がわかりました。

そのあたりをくわしくお伝えしていきます。

 

前回記事:【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム

 

【三国ブレイズの無料ダウンロードはこちら】

 

三国ブレイズ 攻略: 主力メンバーに「趙雲」加入!

 

いきなり結論からお伝えするとこの「三国ブレイズ」、人気武将をゲットしやすくなっているんです!

ここは他のゲームと大きく異なる点ではないでしょうか。

 

 

三国志で大人気の「趙雲」があっという間に手に入りました。

ゲームによっては簡単に手に入っても、実はもっと価値のある別の趙雲が存在したりするわけですが、

この趙雲はレアリティが「SSR」ですからおそらく最高ランクの趙雲でしょう。

 

もちろんここから「Lv」を上げたり、

「進化」したり、「装備」を高めたりと育成には時間も手間もかかります。

問題はこれからですが、それにしてもこの加入は嬉しいですね。

 

さて蜀の五虎大将の一人、趙雲のスキルなどはどのようになっているのでしょうか。

 

 

通常攻撃でも1列の敵にダメージを与えることができます。

「怒気」がMAXになると使用できるスキルは「七探蛇盤Lv1」で1列の敵に221%のダメージを与え、

50%の確率で自身の怒気を2Pt回復するというものです。

コンボのスキルもありますが、こちらはメンバーに黄忠がいないと発動しません

(趙雲・黄忠コンビはあまりイメージが湧かないですが)。

 

スキルにもLvがあり、こちらは「天命」のLvが上がることによって高まります。

天命のLvを上げるには大量の「天命石」を消費するため、こちらをいかに多く集めるかがポイントです。

 

「絆」では「文治武功」:呉子の兵書を装備すると、攻撃力+12%。

「浴火再来」:朱雀の印を装備すると、HP+15%。ということで早速装備しています。

これらの「霊宝」の生成についても後程お伝えしていきます。




三国ブレイズ 攻略: さらに主力メンバーに「姜維」加入!

 

「布陣」として主人公を含めて6人でパーティーを組むわけですが、

ここでなんと「姜維」もゲットしました。

 

姜維といえば蜀の後半期を支えた武将で、あの諸葛亮孔明の後継者です。

文武両道の名将として有名で、知略だけでなく、武勇でも趙雲と一騎打ちを演じて引き分けています。

(あくまでも三国志演義での話ですし、趙雲もこのときは高齢ですが)

 

そんな趙雲と姜維が加わってくれたわけですからかなり強化されましたね。

 

 

そんな姜維ですが、ビジュアル的にはかなりごっつい感じですね。

しかも武将のタイプが「防御型」になっています。このタイプの武将は初めてです。

 

スキルは「破乱襲撃Lv1」。こちらが面白いスキルになっていて、

敵単体に315%のダメージを与えつつ、自身は1ターン無敵状態になるというものです。

確かに出陣させてスキルが発動すると1ターンはまったダメージを受けません。まさに防御型。

 

ここで布陣を見つめ直すことになりました。

6人は「前衛」「後衛」に分かれるわけですが、

実は左上が1番先に行動を起こすと決まっているのです。

つまり配置によって攻撃順がすでにわかっている状態です。

他のゲームでは機敏性などで攻撃順が決まったりしますが、三国志ブレイズはここが違います。

 

これって何気に攻略のポイントですよね。

他のユーザーと戦闘になった際に、

ほとんどの武将が怒気MAXの状態で始まります。

いきなり強力なスキルをぶちこんでくるわけです。

ここを無敵モードでしのげば、相手はしばらく強力スキルを使ってこられません。

そう考えると姜維は左上に布陣してすぐにスキルを発動できる状態にするのが一番良さそうです。

 

趙雲とコンボが発生すると嬉しかったのですが、

姜維が「協力スキル」を発動できる相手は諸葛亮でした。

残念!ちなみにレリティは「SSR」です。

 

この時点の布陣としては、「姜維」「趙雲」

「主人公」「黄月英」「蔡文姫」「孫尚香」となっています。

前回はまだ4人パーティーで女子率が高かったですが、

ちょうど男女半々になりました。攻守のバランスも良さそうです。




三国ブレイズ 攻略: 「進化」には時間がかかりそう

 

メンバーも揃ってきたところで、個々の強化についてお伝えしていきます。

これがなかなか奥が深い。

 

まずは各武将のLvですが、主人公のLvを超えることはできません。

主人公がLv20なのに趙雲だけLv35とは無理なわけです。

装備している武器や防具も主人公のLvに合せて強化できます。

 

武将の育成でポイントになるのが「進化」です。

進化することによって能力値が上がるだけでなく、

「天賦」というボーナスポイントが付加されます。

趙雲を例にとると、進化「+1」で「進撃1」の天賦が開放され、攻撃力+100となります。

進化「+2」で「剛腕2」の天賦が開放され、会心率+10%。

進化「+3」で「激怒」の天賦が開放され、戦闘開始時の怒気+2Ptです。

 

進化が+3になると武将の名称が変わります。

「趙雲」→「真・趙雲」となるのです。

Lv25になると進化+3まで成長できます。

必要なのは「進化石」ですが、こちらはかなり大量に入手できるので序盤は困ることがないでしょう。

 

 

進化+5になるためにはLv45に到達しなければなりません。

主人公はLv45になれば、進化石1000消費するだけで進化+5になるのですが、

他の武将はそう簡単にはいきません。

 

進化+4にするだけでもたいへんなことです。

その条件となる「Lv35、進化石500」は問題なくクリアできるのですが、

「進化素材」として同じ武将がもう一体必要になるのです。

二体目をゲットするのが難しいというわけですね。

 

「武将の心」というアイテムがあり、

これを一定数集めるとその武将を獲得することができます。

例えば趙雲だと、「趙雲の心」が80必要です。「クエスト」を進めて、戦闘で1つ入手できたり、

「神将商店」という場所で「将魂」と引き換えに10や20ほど入手することができますが、

集めきるのはなかなかたいへんです。

 

他のイベントにも積極的に参加しないといけないですね。

こちらは詳しくは次回にお伝えします。

 

ちなみに主人公のレアリティはアップしていきます。

最初は「R」でしたが、現在は「SR」となっています。

Lvアップ、進化をしていくなかで「SSR」「LR」となっていくのでしょう。

 

三国ブレイズ 攻略: アイテムの強化も攻略のポイント

 

装備できるアイテムの種類はあまり多くないようです。

武器にしても鎧にしても種類は数えるほどです。

アイテムにもレアリティがあり「R」のアイテムは能力値に加算される数値が小さいですが、

強化するのに費用はかかりません。

「飛雲セット」や「流星セット」は入手も楽です。

 

「SR」のアイテムはなかなか揃えられません。

「龍翼セット」は多くの武将にボーナスポイントを加えることのできる貴重なアイテムですが、

現状は槍が一つに鎧が一つです。

「装備の心」で武将同様に獲得することができますが、32は集めないといけません。

クエストで入手できるステージが決まっているので、そこに何度もチャレンジする必要があります。

 

「SSR」の装備は「餓狼セット」で槍を一つ手に入れて主人公が装備しています。

 

 

装備できる「霊宝」については「霊宝奪取」のイベントがあるので、

「SSR」であったとしても獲得は武器や防具に比べると容易です。

「太平要術」「太公望兵法」に「朱雀の印」が2つ、

「玄武の印」が3つあります。

各武将が「絆」にしているアイテムなので、ボーナスポイントが加算されてかなり強化できます。

 

 

アイテムは素材を使って単に「強化」するだけではなく、

「精錬石」を消費することで「精錬Lv」を上げることもできます。

精錬Lvが上がると、武器であれば攻撃力の他に会心率がアップしますし、

防具であれば物理防御力の他に会心防御率もアップします。

 

「霊宝」の精錬Lvも上げることができるのですが、

こちらは主人公のLvが40に達しないと開放されません。

 

主人公のLvが上がると、装備の強化の幅もかなり広がるので、

このあたりのやりこみ具合がさらに面白さを引き上げてくれるのでしょう。

 

三国ブレイズ 現状の戦力

 

この記事を書いている時点での私の主人公のLvは37です。

戦力は「248,392」で、「闘技場」での順位は「553位」になっています。

クエストの進行具合は「第16章許都遷都下」です。

董卓討伐後は徐州での戦い(曹操の徐州侵攻時の話ですね)、

そして許都遷都が上中下となっています。

 

かなり戦力がアップしたのですが、

これは今回紹介できていない新しい強力武将が加入したことによるものです。

「LR」の武将が2人追加されています。

1人は布陣のバランスを考慮して活躍できていませんが、

1人は主力メンバーとして出陣しており、凄まじい強さです。

三国志最強を誇る猛将です」と言ったらかなり絞られるのではないでしょうか。

 

次回はこの新しい戦力と「征戦」のさまざまなイベントについてご紹介します。お楽しみに!

 

次回記事:【三国ブレイズ 攻略3】LRの武将が二人加入!メンバー選択に大苦戦

 

【三国ブレイズの無料ダウンロードはこちら】




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 関羽を討ち取る陸遜 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  2. 董卓 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?
  3. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟 劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較
  4. 曹操は関羽をGET ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭を…
  5. 張遼 カカロットーーーー! 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  6. 曹彰 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた
  7. 蒋琬と姜維と王平 もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?…
  8. はじめてのプロ野球 はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホー…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 天下三分の計
  2. 劉禅
  3. 郭嘉スマホケース
  4. 金栗四三 いだてん
  5. キングダム52巻
  6. 孔明VS曹操
  7. 函谷関

おすすめ記事

  1. 【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!? 呉の孫権
  2. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男 田中角栄
  3. 戦国時代の合戦は現地集合!結構アバウトな連絡網、陣触 武田騎馬軍団 馬場信春
  4. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】 韓信と劉邦
  5. キングダムの王翦は史実通りの最強武将だった!その理由とは? キングダム
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』

三國志雑学

  1. 袁術と孫策
  2. 韓信と劉邦
  3. 法正と張松
  4. 蒋琬(しょうえん)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徐庶
  2. 趙の旗
  3. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  4. 鼻をほじりながら無関心な織田信長
  5. 順調に将軍まで出世する陳武
  6. 関羽と張飛と劉備

おすすめ記事

魯粛、孫権、張昭 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた 徐晃 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】 城 銅雀台 まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ 陸遜 剣と刀 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ 孔子と儒教 論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは? 大和朝廷を建国したカムヤマト 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP