架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物

この記事の所要時間: 245

孫尚香

 

孫尚香(そん・しょうこう)と言えば、

三国無双をプレイしている人にはお馴染みの女傑です。

 

彼女は、呉の孫権(そんけん)の妹(異母妹)であり、

また、呉が劉備(りゅうび)との同盟を強固なものとする為に

政略結婚で劉備の夫人になり蜀に入った事でも知られています。

 

さて、三国志演義では、30歳位年の差がある劉備と仲の睦まじいかった事

そして、腰弓(きょうきゅう)姫と呼ばれた男勝りの武芸の達人だった事になっている

この孫尚香ですが、実際はどうだったのでしょうか?

 

 

 

孫尚香はどんな人だったの?

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

 

不思議な事に、孫尚香は、孫権の妹という重要なポジションにいるにも

関わらず、呉書には一切の記述がなく、蜀書法正伝にまとまった記述が

存在しています。

 

それによると、彼女は、才気豪勇の点で兄の面影があったとされています。

 

そして、演義と同様に、彼女は侍女達を武装させて周辺に置いており、

劉備は、寝室に通うのを非常に恐れたともあるようです。

 

曹操(そうそう)とさえ、対等に張り合う度胸の持ち主の劉備が

怖がる程の侍女ってどんな侍女でしょうか?

見たいような見たくないような、、アマゾネスという言葉が、

頭に浮かんでしまいますね。

 

さて、このような正史の記録から見ると、孫尚香が、

男勝りで武勇に優れていたというのは、事実であるようです。

 

 

孫尚香と劉備は本当に仲が良かったの?

三国志 夢

 

では、劉備との仲が睦まじかった、、というのはどうなのでしょう?

 

これについては、孔明(こうめい)の衝撃的な発言が残っています。

 

「北に曹操、南に孫権、更に内にあっては孫夫人の脅威があって、

それでも我が君が大業を遂げたのはひとえに法孝直の功績である」

 

ここで、孔明は、法正(ほうせい)を褒めているのですが、

劉備の夫人、孫尚香を曹操、孫権に匹敵する脅威としています。

 

この記述を見る限り、蜀に入ってからは、それまでのじゃじゃ馬を

卒業して夫劉備に尽くす孫尚香のイメージは出てきません。

 

おそらく、蜀でもワガママ放題であったか、、

或いは呉の孫権と連携して、様々な策謀を弄していたか、、

真実は、いずれであれ、劉備やその家臣にとっては、

扱いづらい人物であったようです。

 

 

劉備が益州を平定後、呉との友好関係は必要なくなる

三国志 蜀

 

劉備が益州を平定すると、劉備は、根拠地を得て、

呉との関係をそこまで友好的にする必要が無くなります。

 

そこで、孫尚香は、呉に帰るのですがこの時に劉備の皇太子だった

劉禅も一緒に連れ帰ろうとします。

もちろん、劉禅は徐夫人と劉備の間の子供で、孫夫人とは、血縁がない赤の他人です。

緊急事態発生、人さらいです(笑)

 

それを察知した孔明は急いで、趙雲を派遣して、長江を封鎖しました。

 

孫夫人は、これでは帰れないのでやむなく劉禅を解放して、一人だけで呉に帰ってしまいます。

 

 

演義と正史の孫尚香の役目

三国志 歴史 老いには勝てず

 

ちなみに演義でも、このシーンはあり、孫夫人の母が危篤だという

手紙を携えた呉の周善という武将が、蜀にやってきて、夫人に帰国を促し

その次いでに劉禅も連れ去ろうとして、趙雲と張飛に察知され、

周善は斬り殺されてしまうというものです。

 

ここでは、孫尚香は、人さらいとは無関係となっています。

 

正史にしても演義にしても、劉備が益州を領有した段階で、

孫尚香の役目は終わり、彼女は呉に帰国しています。

その後の彼女がどうなったのか?歴史は何も伝えていません。

 

しかし、劉備の妻となってもしおらしい良妻になる事なく、

どこまでも呉の利益を考えて動いた男勝りの孫尚香は、

今の世の中でも輝きを失わない自由な女性のイメージを感じますね。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

劉備 婿

 

よく読まれてる記事:劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1

 

甘露寺 十字紋石

 

 

よく読まれてる記事:甘露寺の十字紋石|劉備の石占い

 

 

呉夫人

 

よく読まれてる記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  2. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭を…
  3. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  4. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  5. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  6. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できた…
  7. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの…
  8. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】
  3. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!
  4. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介
  6. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの? 【告白】私はこうして三国志にハマりました! 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ! 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由! 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な一族

おすすめ記事

  1. 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる
  2. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  3. 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!
  4. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  5. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選
  6. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  7. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?
  8. 【お知らせ】はじめての三国志の運営スタッフの裏側

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP