キングダム
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての呉

孫尚香ってどんな人?孔明に曹操、孫権と並び評された人物

この記事の所要時間: 210




孫尚香

 

孫尚香(そん・しょうこう)と言えば、

三国無双をプレイしている人にはお馴染みの女傑です。

 

彼女は、呉の孫権(そんけん)の妹(異母妹)であり、

また、呉が劉備(りゅうび)との同盟を強固なものとする為に

政略結婚で劉備の夫人になり蜀に入った事でも知られています。

 

さて、三国志演義では、30歳位年の差がある劉備と仲の睦まじいかった事

そして、腰弓(きょうきゅう)姫と呼ばれた男勝りの武芸の達人だった事になっている

この孫尚香ですが、実際はどうだったのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆

関連記事:陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る





 

孫尚香はどんな人だったの?

孫尚香はどんな人だったの?

 

不思議な事に、孫尚香は、孫権の妹という重要なポジションにいるにも

関わらず、呉書には一切の記述がなく、蜀書法正伝にまとまった記述が

存在しています。

 

それによると、彼女は、才気豪勇の点で兄の面影があったとされています。

 

そして、演義と同様に、彼女は侍女達を武装させて周辺に置いており、

劉備は、寝室に通うのを非常に恐れたともあるようです。

 

曹操(そうそう)とさえ、対等に張り合う度胸の持ち主の劉備が

怖がる程の侍女ってどんな侍女でしょうか?

見たいような見たくないような、、アマゾネスという言葉が、

頭に浮かんでしまいますね。

 

さて、このような正史の記録から見ると、孫尚香が、

男勝りで武勇に優れていたというのは、事実であるようです。




孫尚香と劉備は本当に仲が良かったの?

孫尚香と劉備は本当に仲が良かったの?

 

では、劉備との仲が睦まじかった、、というのはどうなのでしょう?

 

これについては、孔明(こうめい)の衝撃的な発言が残っています。

 

「北に曹操、南に孫権、更に内にあっては孫夫人の脅威があって、

それでも我が君が大業を遂げたのはひとえに法孝直の功績である」

 

ここで、孔明は、法正(ほうせい)を褒めているのですが、

劉備の夫人、孫尚香を曹操、孫権に匹敵する脅威としています。

 

 

この記述を見る限り、蜀に入ってからは、それまでのじゃじゃ馬を

卒業して夫劉備に尽くす孫尚香のイメージは出てきません。

 

おそらく、蜀でもワガママ放題であったか、、

或いは呉の孫権と連携して、様々な策謀を弄していたか、、

真実は、いずれであれ、劉備やその家臣にとっては、

扱いづらい人物であったようです。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

劉備が益州を平定後、呉との友好関係は必要なくなる

劉備が益州を平定後、呉との友好関係は必要なくなる

 

劉備が益州を平定すると、劉備は、根拠地を得て、

呉との関係をそこまで友好的にする必要が無くなります。

 

そこで、孫尚香は、呉に帰るのですがこの時に劉備の皇太子だった

劉禅も一緒に連れ帰ろうとします。

もちろん、劉禅は徐夫人と劉備の間の子供で、孫夫人とは、血縁がない赤の他人です。

緊急事態発生、人さらいです(笑)

 

それを察知した孔明は急いで、趙雲を派遣して、長江を封鎖しました。

孫夫人は、これでは帰れないのでやむなく劉禅を解放して、一人だけで呉に帰ってしまいます。

 

 

演義と正史の孫尚香の役目

演義と正史の孫尚香の役目

 

ちなみに演義でも、このシーンはあり、孫夫人の母が危篤だという

手紙を携えた呉の周善という武将が、蜀にやってきて、夫人に帰国を促し

その次いでに劉禅も連れ去ろうとして、趙雲張飛に察知され、

周善は斬り殺されてしまうというものです。

 

ここでは、孫尚香は、人さらいとは無関係となっています。

 

正史にしても演義にしても、劉備が益州を領有した段階で、

孫尚香の役目は終わり、彼女は呉に帰国しています。

その後の彼女がどうなったのか?歴史は何も伝えていません。

 

しかし、劉備の妻となってもしおらしい良妻になる事なく、

どこまでも呉の利益を考えて動いた男勝りの孫尚香は、

今の世の中でも輝きを失わない自由な女性のイメージを感じますね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】

関連記事:陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行もので…
  2. 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹…
  3. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  4. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  5. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み…
  6. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽…
  7. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せくだ…
  8. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは?
  2. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ
  3. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  4. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  5. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  6. 近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!! マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・ 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【8/28〜9/3】 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!

おすすめ記事

  1. 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!?
  2. 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】
  3. 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る
  4. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  5. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  6. 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者
  7. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP