キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?

この記事の所要時間: 458




 

三国志は後漢王朝・霊帝(れいてい)時代に起きた黄巾の乱がきっかけで、

中華全国が内乱状態になってしまい各地で群雄が割拠。

しかし霊帝(れいてい)よりも前に後漢王朝は腐敗しており、

いつ黄巾の乱のような大規模な反乱が起きてもおかしくない状態でした。

その原因を作ったのは梁冀(りょうき)と言う人物です。

この梁冀という人物は後漢王朝の最高権力者である皇帝を差し置いて、

やりたい放題やっておりました。

梁冀のやりたい放題は董卓(とうたく)を超えるほどだったそうです。

この梁冀のやりたい放題に激怒した皇帝と宦官は、

力を合わして梁冀と対立することに。

この対立のせいで後漢王朝は腐敗していくことになり、

三国志の原因となった黄巾の乱へとつながっていくことになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実




史上最高の指導者・劉秀:大豪族連合・後漢王朝を成立させる

 

前漢王朝が王莽(おうもう)のせいで滅亡してしまった後、

各地で農民達が反乱を起こしていきます。

チートリーダー劉秀(りゅうしゅう)は各地の豪族達を集めた後、

100万の王莽軍を撃破後農民達の最大反乱勢力であった赤眉の乱(せきびのらん)も鎮圧。

更に赤眉の乱の混乱に乗じて、

独立勢力を気づいていた益州の公孫述(こうそんじゅつ)らを討伐して、

天下統一を達成します。

こうして中国を統一したチートリーダー劉秀は前漢王朝を再興させて、

後漢王朝を成立させます。

後漢王朝は劉秀が集めた各地の豪族達を基盤としていたため、

豪族連合体政権でした。

豪族達は娘を皇室関係者へ奥さんと嫁がせ後漢王朝の皇室と婚姻関係を結んで、

権力を強化したり高級官僚を輩出した事で貴族化しておりました。

このように豪族達が非常に力を持っていたのが後漢王朝の初期でした。

しかし劉秀や二代目皇帝明帝・三代目皇帝章帝など初期の後漢王朝では皇帝が、

しっかりと豪族の手綱を握っていたこともあり、豪族達も従順な姿勢で皇帝の権力に従っておりました。

だが後漢王朝中期になると豪族達が牙を皇帝に向けてくることになります。

 

関連記事:【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯

関連記事:あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え

 

豪族・梁冀(りょうき)が権力を握る

 

※註:梁冀のイラストはパイプを加えていますが、喫煙の習慣は南米で生まれ

中国に入ってきたのは大航海時代の16世紀の事です。

飽くまでも演出ですので、混同しないようにね by kawauso編集長

 

梁冀は光武帝・劉秀の天下統一事業に協力をした梁統(りょうとう)を先祖とし、

父は大将軍の位にありました。

そんな梁冀ですが妹が、

順帝(じゅんてい)の奥さんとなり皇后へ取り立てられることになります。

その結果、梁冀や梁冀の父親で大将軍であった梁商(りょうしょう)は、

皇室と婚姻関係を持つことになり外戚となります。

しかし父・梁商は権力を持つことに不安を感じて、

外戚となって権力を振るうことができたにも関わらず辞退して身の保身を図ります。

だが息子の梁冀は外戚となるとトントン拍子に出世していき、

父・梁商が亡くなると大将軍の位を継ぐことになります。

こうして梁冀は父の位を引き継いで権力を握ることになるのです。




董卓を超える暴虐性

 

三国時代の董卓(とうたく)はかなりの暴虐な行動を起こして金持ちを殺害したり、

一族を後漢王朝の要職に就けたりと権力を振りかざしてやりたい放題やっておりました。

しかし梁冀は董卓を超える暴虐性を民衆や後漢王朝の皇帝・皇族、

文官達に見せつけるのです。

梁冀は権力を握ると罪を犯していない富裕商人の罪を仕立て上げて処刑し、

金品や土地を没収してしまいます。

更に梁冀は質帝(しつてい)が皇帝になると少し賢そうという理由で、

殺害してしまいます。

董卓も暴虐な人物でしたが皇帝を殺すようなことをしませんでした。

しかし梁冀は自分の権力が脅かされそうな危険性を感じると皇帝だろうが殺害し、

自分が操りやすい皇族を見つけて新しい皇帝として君臨させてしまいます。

こうして梁冀が就任させた新しい皇帝は桓帝と言われる人物です。

この桓帝が皇帝となる時、文官が猛反対しておりました。

だが梁冀は猛反対している人物の意見を封殺して皇帝に就任させてしまいます。

また桓帝即位には曹操の祖父で宦官であった曹騰(そうとう)が協力したことで、

すんなりと皇帝へ即位することができたそうです。

こうして新しい皇帝が君臨することになった後漢王朝。

梁冀はまだまだ強大な権力を振りかざして思うがままに振舞っておりました。

だが栄枯盛衰栄える者もいつかは衰退することになるのです・・・・。

 

関連記事:羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説

関連記事:呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?

 

梁冀が亡くなると梁氏が一掃されるが・・・・

 

桓帝は成人になっても梁冀の操り人形に成り果てており、

梁冀のやりたい放題の政治が改まることはありませんでした。

しかし梁冀を支持していた梁皇后が亡くなると桓帝は反撃に出ます。

桓帝は宦官達を使って梁冀の屋敷を囲んで梁冀を時代に追い込むと

梁冀によって要職についていた梁冀一派をすべて殺害。

こうして梁冀や梁氏一族は朝廷から居なくなることになります。

だが梁冀一派に関係した人数は多く、梁冀一派を一掃したせいで朝廷に在籍していた

文官達が全ていなくなってしまうほどの多さだったそうです。

こうして外戚・梁氏を打倒して後漢王朝はクリーンになるわけではありませんでした。

外戚討伐に功績を上げた宦官達は皇帝の側近だったこともあり、

梁氏の代わりに権力を握ることになるのです。

宦官は皇帝の側近である事を利用して権力を乱用。

更に宦官は民衆へ重い税をかけて税金を回収したり、宦官の一族を要職へ付けていくことになり、

梁冀とあまり変わらない傍若無人な態度を取っていくことになります。

 

宦官のやりたい放題に激怒した知識人達

 

宦官は権力を振りかざしてやりたい放題やりますが外戚も黙っていませんでした。

外戚は宦官へ反撃をして権力を取り戻そうと必死になっておりました。

こうして後漢王朝は宦官vs外戚の戦いが繰り広げられていくことになりますが、

この両勢力の争いに激怒した人々がおりました。

その人々は後漢王朝を支えていた中小の豪族出身の知識人層達でした。

中小出身の知識人層達は宦官や外戚のように一族出身者ではなく、

しっかりとした学問を積んで官僚になった人々で宦官と外戚の争いを批判。

こうして中小豪族から官僚になった知識人層の人々を「清流」と呼ばれることになり、

宦官や外戚を「濁流」と呼ばれることになります。

清流派の人々は宦官や外戚を批判運動をして、

朝廷から「濁流派」の宦官や外戚を追い出そうとします。

しかしこの運動は宦官が「『清流派』知識人層が徒党を組んでいて危険だ」という罪から、

片っ端から清流派知識人層を逮捕していきます。

こうして宦官は自らの権力を脅かす勢力を一層したことによって、

再びやりたい放題権力を振るっていくことになります。

ついでにこの上記の大弾圧を党錮の禁と言われる歴史的な事件として、

刻まれることになります。

 

関連記事:【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点

関連記事:【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

この宦官と外戚、そして清流派知識人層達の争いは、

後漢王朝の末期まで続くことになります。

後漢王朝の霊帝が即位すると外戚で清流派だった董氏は

宦官を一掃して政治をクリーンな時代に戻そうと考えます。

そして董氏は清流派の有名人であった陳蕃(ちんぱん)と手を組んで宦官一掃作戦を開始。

しかしこの作戦は宦官達にバレており、

清流派が行動を起こす前に宦官達が行動を開始することに。

その結果、清流派の外戚・董氏や陳蕃は処刑されてしまいます。

更に宦官一掃作戦に関与した可能性のある清流派知識人層達も処罰対象となってしまい、

自宅に謹慎させられたり処刑されてしまいます。

宦官達は清流派が考えた宦官一掃作戦を失敗に終わらせたことにより、

再び権力を乱用していくことになります。

そのため民衆達は重い税に耐え切れなくなり、

霊帝の末期に黄巾の乱として反乱を起こすことになるのです。

もし梁冀が調子に乗って権力を乱用して蓄財などをせず、

しっかりとした政治を行っていれば後漢王朝末期にあれほど国内が荒れることもなく、

三国志が発生することもなかったと思われます。

このように考えると梁冀がいたからこそ三国志の群雄たちが

活躍する場所が与えられたと考えることが出来るのではないのでしょうか。

後世の私達が勝手に考えている事で、

当時の民衆達からしたらたまったものではないのでしょうけど・・・・。

 

参考文献 三省堂 三国志ハンドブック 陳舜臣・竹内良雄著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!

関連記事:【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  2. 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの?
  3. 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?
  4. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  5. 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!
  6. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  7. ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略
  8. 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備も茶を求めた?中国茶の種類
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】
  3. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?
  4. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  5. ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る
  6. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略4】君も今日から曹操!?はじめての三国志演義曹操編の序盤の攻略ポイント

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダムのナキ(那貴)は史実どおり実在したの? 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる! ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの? もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ

おすすめ記事

  1. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  2. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  3. 曹丕のグルメエピソードがまたひとつ鍾繇が送った五熟鍋とは?
  4. もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?
  5. 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ
  6. 【告知】はじめての三国志が本格三国志巨編に挑むよ!
  7. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  8. 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP