三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!?

この記事の所要時間: 224




 

曹操軍の中で一番早い部隊を率いた夏侯淵(かこうえん)

三国志を知っている方なら一度は耳にしたことのある武将だと思います。

夏侯淵といえば定軍山(ていぐんざん)の戦いで、

蜀(しょく)の五虎将軍(ごこしょうぐん)の一人・黄忠(こうちゅう)に、

討ち取られたイメージが強いと思いますが、

曹操(そうそう)の初期から仕えた曹操軍団の重鎮です。

今回は曹操軍団の重鎮・夏侯淵にまつわる衝撃の事実をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?




衝撃の事実:夏侯淵実は曹操と一緒に戦っている回数よりも賊徒討伐の方が多かった!!

 

魏の重鎮・夏侯淵にまつわる衝撃の事実。

それは曹操と一緒に戦っている回数よりも、

単独で賊徒討伐している回数の方が多いのです。

正史三国志(せいしさんごくし)・魏書(ぎしょ)によると、

夏侯淵が曹操と一緒に戦った回数は、

曹操が挙兵した当時と曹操のライバルで、

当時最大兵力を保有していた袁紹(えんしょう)と戦った官渡(かんと)の戦い

関中(かんちゅう)の豪族達の連合軍を率いた馬超韓遂の残党討伐戦などあまり多くありません。

夏侯淵は曹操と一緒に戦った回数が少ないのに対して、

単独で賊徒討伐や残党討伐戦の回数の圧倒的に多いのです。

さて夏侯淵が討伐した賊徒の討伐履歴をご紹介しましょう。




夏侯淵の討伐履歴

 

夏侯淵の討伐履歴は昌豨(しょうき)討伐戦から始まります。

夏侯淵は昌豨討伐戦では五将軍の一人・于禁(うきん)とタッグを組んで、

降伏させる事に成功。

その後夏侯淵は曹操の領土内で反乱を起こした黄巾賊(こうきんぞく)討伐も

難なくこなすのでした。

更に夏侯淵は揚州(ようしゅう)の盧江(ろこう)で反乱を起こした

賊徒・雷緖(らいしょ)討伐を果たした後、北へ向かい太原(たいげん)郡で、

反乱を起こした賊徒の討伐を行います。

夏侯淵はこのように中国各地で反乱を起こした賊徒を討伐しているのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

他にも多くの賊徒を討伐!!

 

夏侯淵は上記で上げた賊徒達の他にも、

馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)が結成した関中十部の残党討伐戦。

涼州近辺を居住地にしていた異民族・氐族(ていぞく)や羌族(きょうぞく)

討伐。

更に涼州(りょうしゅう)が混乱している最中、王国を立ち上げて、

国家を作り上げていた宗建(そうけん)の討伐も行っています。

夏侯淵はここで取り上げた反乱軍の他にも、

曹操の領土内で反旗を翻した他の賊徒などを討伐したりしています。

このように夏侯淵は曹操と一緒に戦った戦歴よりも、

賊徒を多く討伐しているのでした。

曹操と一緒に戦って功績をバシバシ挙げているイメージの強い、

夏侯淵の衝撃の事実をお伝えしました。

 

関連記事:夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

関連記事:【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

 

夏侯淵はなぜ曹操と一緒に戦った回数よりも賊徒討伐の方が多いのでしょう。

レンの推測ですが、曹操は夏侯淵を自分で考えて戦を進める将軍として、

成長させたかったのではないのでしょうか。

曹操は袁紹を討伐したあと各地の群雄を倒して、

天下統一を目指していました。

曹操は中国各地に散らばっている群雄と戦うためには、

曹操一人では体がいくらあっても足りません。

そこで曹操は自ら戦いに出て将軍へ指示を与えて戦わせるよりも、

将軍自ら自分で考えて曹操の指示が無くても、

戦いに勝利できる優秀な人材が必要になります。

そのため曹操は自分で考えて戦いに勝利することのできる将軍として、

曹操の挙兵した頃から仕えてきた夏侯淵を育成するため、

賊徒討伐に夏侯淵を出陣させたのではないのでしょうか。

あくまでレンの憶測ですがこのように考えると

曹操と一緒に戦わなかった理由として考える事が出来るのと思いますが、

果たしてどうでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志・魏書 井波律子・今鷹真訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた…
  2. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  3. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  4. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  5. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  6. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?…
  7. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  8. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】
  2. kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」
  3. 曹洪の手紙が美文のお手本『文選』に載っていた!しかしその実態は…!
  4. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた
  5. 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった?
  6. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由は始皇帝がブサメンだったから? え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い! 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介! 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか? お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」
  2. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  3. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣
  4. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます
  5. 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  6. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  7. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  8. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP