はじめての三国志

menu

はじめての変

夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!?

この記事の所要時間: 224




 

曹操軍の中で一番早い部隊を率いた夏侯淵(かこうえん)

三国志を知っている方なら一度は耳にしたことのある武将だと思います。

夏侯淵といえば定軍山(ていぐんざん)の戦いで、

蜀(しょく)の五虎将軍(ごこしょうぐん)の一人・黄忠(こうちゅう)に、

討ち取られたイメージが強いと思いますが、

曹操(そうそう)の初期から仕えた曹操軍団の重鎮です。

今回は曹操軍団の重鎮・夏侯淵にまつわる衝撃の事実をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?




衝撃の事実:夏侯淵実は曹操と一緒に戦っている回数よりも賊徒討伐の方が多かった!!

 

魏の重鎮・夏侯淵にまつわる衝撃の事実。

それは曹操と一緒に戦っている回数よりも、

単独で賊徒討伐している回数の方が多いのです。

正史三国志(せいしさんごくし)・魏書(ぎしょ)によると、

夏侯淵が曹操と一緒に戦った回数は、

曹操が挙兵した当時と曹操のライバルで、

当時最大兵力を保有していた袁紹(えんしょう)と戦った官渡(かんと)の戦い

関中(かんちゅう)の豪族達の連合軍を率いた馬超韓遂の残党討伐戦などあまり多くありません。

夏侯淵は曹操と一緒に戦った回数が少ないのに対して、

単独で賊徒討伐や残党討伐戦の回数の圧倒的に多いのです。

さて夏侯淵が討伐した賊徒の討伐履歴をご紹介しましょう。




夏侯淵の討伐履歴

 

夏侯淵の討伐履歴は昌豨(しょうき)討伐戦から始まります。

夏侯淵は昌豨討伐戦では五将軍の一人・于禁(うきん)とタッグを組んで、

降伏させる事に成功。

その後夏侯淵は曹操の領土内で反乱を起こした黄巾賊(こうきんぞく)討伐も

難なくこなすのでした。

更に夏侯淵は揚州(ようしゅう)の盧江(ろこう)で反乱を起こした

賊徒・雷緖(らいしょ)討伐を果たした後、北へ向かい太原(たいげん)郡で、

反乱を起こした賊徒の討伐を行います。

夏侯淵はこのように中国各地で反乱を起こした賊徒を討伐しているのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

他にも多くの賊徒を討伐!!

 

夏侯淵は上記で上げた賊徒達の他にも、

馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)が結成した関中十部の残党討伐戦。

涼州近辺を居住地にしていた異民族・氐族(ていぞく)や羌族(きょうぞく)

討伐。

更に涼州(りょうしゅう)が混乱している最中、王国を立ち上げて、

国家を作り上げていた宗建(そうけん)の討伐も行っています。

夏侯淵はここで取り上げた反乱軍の他にも、

曹操の領土内で反旗を翻した他の賊徒などを討伐したりしています。

このように夏侯淵は曹操と一緒に戦った戦歴よりも、

賊徒を多く討伐しているのでした。

曹操と一緒に戦って功績をバシバシ挙げているイメージの強い、

夏侯淵の衝撃の事実をお伝えしました。

 

関連記事:夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

関連記事:【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

 

夏侯淵はなぜ曹操と一緒に戦った回数よりも賊徒討伐の方が多いのでしょう。

レンの推測ですが、曹操は夏侯淵を自分で考えて戦を進める将軍として、

成長させたかったのではないのでしょうか。

曹操は袁紹を討伐したあと各地の群雄を倒して、

天下統一を目指していました。

曹操は中国各地に散らばっている群雄と戦うためには、

曹操一人では体がいくらあっても足りません。

そこで曹操は自ら戦いに出て将軍へ指示を与えて戦わせるよりも、

将軍自ら自分で考えて曹操の指示が無くても、

戦いに勝利できる優秀な人材が必要になります。

そのため曹操は自分で考えて戦いに勝利することのできる将軍として、

曹操の挙兵した頃から仕えてきた夏侯淵を育成するため、

賊徒討伐に夏侯淵を出陣させたのではないのでしょうか。

あくまでレンの憶測ですがこのように考えると

曹操と一緒に戦わなかった理由として考える事が出来るのと思いますが、

果たしてどうでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志・魏書 井波律子・今鷹真訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  2. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せくだ…
  3. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  4. 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将…
  5. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  6. 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?
  7. お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジ…
  8. 【禁断の比較】最強は誰だ?世界の神々ランキングベスト9

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱
  2. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  3. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  4. 【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?
  5. なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの?
  6. 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主? 三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽 藤田東湖が「せごどん」を生み出した?水戸学のカリスマの生涯 陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士

おすすめ記事

  1. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  2. 左思(さし)ってどんな人?洛陽の紙価を高騰させたブサメン詩人
  3. 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?
  4. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  5. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  6. 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説
  7. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた
  8. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP