よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!?

この記事の所要時間: 224




 

曹操軍の中で一番早い部隊を率いた夏侯淵(かこうえん)

三国志を知っている方なら一度は耳にしたことのある武将だと思います。

夏侯淵といえば定軍山(ていぐんざん)の戦いで、

蜀(しょく)の五虎将軍(ごこしょうぐん)の一人・黄忠(こうちゅう)に、

討ち取られたイメージが強いと思いますが、

曹操(そうそう)の初期から仕えた曹操軍団の重鎮です。

今回は曹操軍団の重鎮・夏侯淵にまつわる衝撃の事実をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?




衝撃の事実:夏侯淵実は曹操と一緒に戦っている回数よりも賊徒討伐の方が多かった!!

 

魏の重鎮・夏侯淵にまつわる衝撃の事実。

それは曹操と一緒に戦っている回数よりも、

単独で賊徒討伐している回数の方が多いのです。

正史三国志(せいしさんごくし)・魏書(ぎしょ)によると、

夏侯淵が曹操と一緒に戦った回数は、

曹操が挙兵した当時と曹操のライバルで、

当時最大兵力を保有していた袁紹(えんしょう)と戦った官渡(かんと)の戦い

関中(かんちゅう)の豪族達の連合軍を率いた馬超韓遂の残党討伐戦などあまり多くありません。

夏侯淵は曹操と一緒に戦った回数が少ないのに対して、

単独で賊徒討伐や残党討伐戦の回数の圧倒的に多いのです。

さて夏侯淵が討伐した賊徒の討伐履歴をご紹介しましょう。




夏侯淵の討伐履歴

 

夏侯淵の討伐履歴は昌豨(しょうき)討伐戦から始まります。

夏侯淵は昌豨討伐戦では五将軍の一人・于禁(うきん)とタッグを組んで、

降伏させる事に成功。

その後夏侯淵は曹操の領土内で反乱を起こした黄巾賊(こうきんぞく)討伐も

難なくこなすのでした。

更に夏侯淵は揚州(ようしゅう)の盧江(ろこう)で反乱を起こした

賊徒・雷緖(らいしょ)討伐を果たした後、北へ向かい太原(たいげん)郡で、

反乱を起こした賊徒の討伐を行います。

夏侯淵はこのように中国各地で反乱を起こした賊徒を討伐しているのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

他にも多くの賊徒を討伐!!

 

夏侯淵は上記で上げた賊徒達の他にも、

馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)が結成した関中十部の残党討伐戦。

涼州近辺を居住地にしていた異民族・氐族(ていぞく)や羌族(きょうぞく)

討伐。

更に涼州(りょうしゅう)が混乱している最中、王国を立ち上げて、

国家を作り上げていた宗建(そうけん)の討伐も行っています。

夏侯淵はここで取り上げた反乱軍の他にも、

曹操の領土内で反旗を翻した他の賊徒などを討伐したりしています。

このように夏侯淵は曹操と一緒に戦った戦歴よりも、

賊徒を多く討伐しているのでした。

曹操と一緒に戦って功績をバシバシ挙げているイメージの強い、

夏侯淵の衝撃の事実をお伝えしました。

 

関連記事:夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

関連記事:【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

 

夏侯淵はなぜ曹操と一緒に戦った回数よりも賊徒討伐の方が多いのでしょう。

レンの推測ですが、曹操は夏侯淵を自分で考えて戦を進める将軍として、

成長させたかったのではないのでしょうか。

曹操は袁紹を討伐したあと各地の群雄を倒して、

天下統一を目指していました。

曹操は中国各地に散らばっている群雄と戦うためには、

曹操一人では体がいくらあっても足りません。

そこで曹操は自ら戦いに出て将軍へ指示を与えて戦わせるよりも、

将軍自ら自分で考えて曹操の指示が無くても、

戦いに勝利できる優秀な人材が必要になります。

そのため曹操は自分で考えて戦いに勝利することのできる将軍として、

曹操の挙兵した頃から仕えてきた夏侯淵を育成するため、

賊徒討伐に夏侯淵を出陣させたのではないのでしょうか。

あくまでレンの憶測ですがこのように考えると

曹操と一緒に戦わなかった理由として考える事が出来るのと思いますが、

果たしてどうでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志・魏書 井波律子・今鷹真訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  2. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  3. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  4. 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?
  5. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?
  6. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  7. 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人
  8. 袁紹が得意とした坑道戦とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  2. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?
  3. 劉備は本当に景帝の末裔なの?
  4. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  5. 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】
  6. 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主? 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将 どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理 キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力

おすすめ記事

  1. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)
  2. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  3. これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?
  4. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  5. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第26話「誰がために城はある」の見どころ紹介
  7. 【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街!
  8. 三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP