曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

まるでクリントイーストウッド?三国志は西部劇だった?

この記事の所要時間: 35





 

カウボーイ、保安官、悪代官。似たようなものは、三国時代にもあります!

本日は三国志の一風変わった味わい方のご紹介。

アメリカの西部劇になぞらえて読んでみる!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官

関連記事:田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ

 




 

三国時代の呉(ご)は、未開の荒野が広がり先住民が闊歩するフロンティア

 

アメリカの西部開拓時代と言えば、未開の広大な大地に移住し

開墾や鉱物資源の採掘を行う人々が、ちょくちょく先住民族との

遭遇や衝突を経ながら自分たちの生活域を広げていった時代です。

このシチュエーション、三国志の呉とそっくりです。

三国志の時代、呉は漢族による開発が進んでいない後進地域とみなされていました。

ぼちぼち北方からの漢族の移民が入っているのですが、

洛陽(らくよう)のような中華そのものの気分でいられる範囲はごく限られていました。

呉が魏(ぎ)や蜀(しょく)などの政権に対して積極的な軍事行動を

起こさなかった背景には、国内の異民族対策が大変すぎて

そっちまで手が回らなかったという事情がありました。

 




 

馬の行商はまるでカウボーイ

 

西部劇に出てくるカウボーイは、野生化した牛を何千頭も集めて

数千キロも追い立てて、牛を出荷できる鉄道駅まで運ぶお仕事の人たちです。

三国時代の人たちは野生の牛を何千頭も集めて追ったりはしていませんが、

「馬の行商」という人物が三国志に登場していますので、カウボーイさながらに

馬を誘導して運ぶ人たちがいたのは確かです。道中、馬泥棒もいたでしょうから、

カウボーイみたいに武器を携行した野性的な男たちだったことでしょう。

ちなみに、三国志に出てくる「馬の行商」と言えば、蜀(しょく)の初代皇帝

劉備(りゅうび)が勉強に身を入れず音楽やファッションに凝って遊んでいた若い頃に、

劉備の人物を見込んで資金援助をした張世平(ちょうせいへい)と蘇双(そそう)。

馬を運ぶ仕事なら治安がいいほうが有り難いので、街をブイブイいわせていた

劉備アニキに資金援助をして安心して馬を運べる世の中にしてもらおうと

思ったのでしょう。

 

―熱き『キングダム』の原点がココに―

 

劉備(りゅうび)も孫堅(そんけん)も保安官

 

劉備も孫堅(そんけん。呉の初代皇帝孫権(そんけん)の父)も、無官の頃に

悪いやつらを退治した功によってお上から武装警察の役職に任じられました。

腕の立つ人物をスカウトして街の治安を守ってもらうという発想は、

保安官そのものですね。

西部劇にしても三国志にしても、保安官とゴロツキの出自は似たようなものです。

 

 

悪代官に泣かされる善良な市民


西部劇の鉄板シナリオというと、こんな感じでしょうか↓

毎日せっせと働いて実直に暮らしている善良な市民。彼らにお金を貸して、

返しきれないほどの金利を付け、借金のカタに土地を取り上げるという悪質な

土地接収を進める悪いやつ。役所の偉い人を金で抱き込みぐるになっていて、

誰も助けてくれない。このままではパパの農場が取られちゃう、と涙にくれる娘。

いきがかり上、悪いやつの一味と戦うことになるガンマン。

バンバンバン。

 

こういう感じ、三国時代にもあったと思いますよ。三国志の時代には、

役職をお金で買った官僚がもとを取るために搾取したので、

搾取に耐えきれなくなった農民が土地を捨てて流民になったり、

豪族の農奴になったりしています。

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

三国志演義は宋(そう)の時代の謹厳な儒教(じゅきょう)観に塗り込められているので、

物語のはじまりは頭でっかちな政治家さんたちがしっかり治めていたところに

急に黄巾の乱が起こったかのように見えてしまいます。

しかし実際は、黄巾の乱が起こる以前から天下は魑魅魍魎(ちみもうりょう)が

跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)するワイルドな様相をていしていました。

西部劇になぞらえて考えると、三国志のイメージが変わりますよ!

おすすめの西部劇小説

『アパルーサの決闘』 ロバート・B・パーカー 著

あのラストシーンはよかった……! 三部作の第一作目ですが、

ラストシーンがよすぎて残りの二作も読んでしまいました。

どれもよかったです。第一作目だけでも独立して楽しめる内容になっています。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】

関連記事:呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!
  2. 呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ
  3. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  4. 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑…
  5. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…
  6. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…
  7. 陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相…
  8. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝より…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  2. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた
  3. 興収10億円突破!映画『関ヶ原』岡田准一の見どころと辛口批評するよ!
  4. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  5. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  6. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜 橋本左内には写真が存在するの? 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い 張飛の身長は何センチ?2mを超える大柄な武将だったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/28】 【キングダム ネタバレ予想 529話】遼陽城に巣くう連中の正体とは? 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった!

おすすめ記事

  1. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  2. 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした
  3. 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた
  4. 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」
  5. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに
  6. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  7. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  8. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP