キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!

この記事の所要時間: 216




 

呉を代表する司令官・陸遜(りくそん)

あまりでしゃばったり、威勢を誇示するようなイメージはありませんが、

どのような漢(おとこ)だったのでしょうか。

今回は陸遜の逸話についてお伝えしていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由

関連記事:趙雲が最強イケメンだった3つの理由

陸遜の逸話とは?その1:若くして県の産業を盛んにする

 

21歳で孫権の配下となった陸遜は、海昌県の屯田都尉、ならびに県政を任されることになります。

民衆は長年続く干ばつに疲弊していましたが、

陸遜は国の倉を開放し、食糧を与えて民衆を元気づけます。

そして農耕と養蚕の技術を高めて県の生産性を向上させ、経済を活性化させます。

 

陸遜は若くして、その卓越した政治の手腕で、まず才能の一端を発揮したのです。

陸遜が赴任してきたおかげで県は復興することができました。

これが政治家としての陸遜の一面です。

陸遜の逸話とは?その2:逃散した住民を兵士として募集し、反乱分子を討伐する

 

呉郡・会稽郡・丹陽郡では、疲弊していく村を捨てて山に逃げ込む住民が続出しました。

同時に会稽郡では山越族の頭目・潘臨が官軍を撃退して一帯を支配しています。

 

陸遜は山に隠れ住んでいる人々を私兵として雇い、

それらを率いて山奥に拠点を持つ潘臨たちを討ち果たします。

賊も陸遜に降伏し、陸遜の部隊に所属する兵の数が2,000人以上となりました。

 

若くして陸遜は、知略を駆使して戦場でも活躍するほどの器であり、

兵力の増強という問題も同時に克服しようとしていました。

 

関連記事:陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析

関連記事:石兵八陣は実在したの?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった陣形に迫る

 

陸遜の逸話とは?その3:曹操と結んだ費桟を討って定威校尉となる

 

曹操は江東で一大勢力を築いた孫権の動きを警戒していました。

そしてその後方をかく乱するために丹陽の費桟と結び、山越族の一部を扇動して反乱を起こしています。

陸遜は寡兵でしたが、果敢に夜襲を仕掛けて費桟の反乱を平定しました。

敵兵であってもむやみに処刑することなく、

戦闘に優れた者は配下として加え、それ以外の者は民戸として国の生産性の向上に貢献させています。

 

人口が少ないという呉の弱点を、

陸遜は機会があるたびに少しでもカバーしたかったのでしょう。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1  

陸遜の性格はどうだったの?能力がある偉人だったの?

 

若い頃から民を重んじる政治を行い、軍事面では知略も駆使しながら敵を圧倒して武功をあげています。

孫権は陸遜の意見や戦略にかなり信頼を寄せていたようです。

 

若くしてどんどん出世していく陸遜ですが、

経験も年齢も上の武将たちに対して臆することなくきっぱりとした姿勢で接し、

ダメなものダメだとはっきり伝えています。

一方で、抜け駆けなどをした部下に対して、国の功労者であるということで戦後、

その命令違反を責めることはしていません。

 

また陸遜は、勝つための戦略を遂行する統率力と強い意志を持っています。

夷陵の戦いの際には、王族の孫桓が敵軍に囲まれた際も、

自らの計略が成功するまで救援を出していません。

私欲を捨て、勝つためにすべてを徹底できる点が陸遜のもっとも優れた能力なのではないでしょうか。

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

陸遜は孫権の後継者問題に首を突っ込み、

そのことで孫権に邪魔者扱いされて憤慨し亡くなっています。

自宅には財産らしきものは何も残っていなかったといいます。

 

陸遜の能力や性格を示す言葉は数多くあります。

「深謀」「忍耐」「忠義」「誠実」「戦上手」「民を思う政治」などなどですね。

なかには「イケメン」なんていうのもあるかもしれません。

 

戦場での武功、政治手腕だけでなく、孫権は蜀との外交交渉でも陸遜を柱に据えていました。

劉禅諸葛孔明の書面が孫権のもとに届くと、

必ず陸遜にも確認させ助言をもとめていたようです。

そのために孫権は自分の印璽を陸遜に預けていたそうです。

それだけ絶大な信頼を得ていたことは確かですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

関連記事:【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?
  2. 王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか
  3. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期…
  4. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  5. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…
  6. 三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義
  7. 魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!?
  8. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をし…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【12/25〜12/31】
  2. 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る!
  3. 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ!
  4. 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万
  5. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  6. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選

三國志雑学

  1. 結婚を喜ぶ孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将 天皇とは何?そもそも何で偉いの? 王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将 キングダムの時代に開花した法家の思想 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  2. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!
  3. 【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画
  4. 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?
  5. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  6. 井伊直弼の家系図は豪華絢爛!
  7. 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬
  8. 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP