孫策と陸家との深い関係とは?陸家と孫家はその後どうなったの?

2021年3月15日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

結婚を喜ぶ孫策

 

後の呉の発展に大いに貢献したのが孫権(そんけん)の兄、孫策(そんさく)です。

 

陸遜

 

そして孫権の元で活躍したのが陸遜(りくそん)。彼は「陸家」という名門の出身なのですが、実は孫策とその陸家とは浅からぬ因縁があるのです。今回は孫策と陸遜等を輩出した「陸家」との関係について探ってみようと思います。

 

陸家とは?

京都御所

 

陸家とは揚州(ようしゅう)の呉地方で「呉の四姓(しせい)」と言われる名門の一つです。他の四姓は「顧家」「朱家」「張家」であり、いずれも呉では絶大な影響力を誇っていました。

 

後漢の時代、陸家では「陸康(りくこう)」という人物を輩出しました。かれは廬江(ろこう)太守として周囲の尊敬を集め、父親を亡くしてしまったのちの呉の武将「陸遜」も彼の元に身を寄せていました。

 

陸遜

 

陸遜は陸家の傍系(ぼうけい)の出身です。

 

関連記事:孫権没後の呉の政界は彼に振り回された!親を悩ませた諸葛恪とは何者だ?

関連記事:陸遜はどんな最期を迎えたの?悲劇の英雄、その全貌を解説!

 

孫策と陸康の因縁

キレる孫策

 

あるとき、孫策の父孫堅(そんけん)が陸康の親類を何かで助けたことがありました。その為、孫策は陸康と謁見する機会に恵まれたのですが、陸康は直接孫策と会う事はせず、部下に対応をさせたそうです。孫策はそれを「無礼だ」と感じ、陸康を快く思わなかったといいます。

 

関連記事:すばらしきかな袁術!袁術のグッドな逸話を一挙公開

関連記事:孫策が生きていたら三国志はどうなったの?

 

呉の武将

 

陸家、袁術と対立する

袁術目隠し

 

のちに勢力の拡大を目指す「袁術(えんじゅつ)」が揚州に進出を企てました。袁術は陸康に兵糧の供出を求めました。しかし、袁術は行く先々で無理やり兵糧を供出させたり、領民を飢えさせたりするなどきわめて評判の悪い人物でした。

 

その為、陸康は兵糧の供出を拒否。袁術と陸康は戦争状態に突入してしまいます。

 

関連記事:【意外な事実】袁術は本当に伝国の玉璽を持っていた!

関連記事:袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント?

 

袁術軍の一員として孫策は陸康を攻める

イケメン孫策と袁術

 

当時孫策は袁術軍の一員でした。これは父孫堅亡きあと、その軍を引き継いだ孫策のいとこが主家筋にあたる袁術軍に吸収されたからです。

 

こうして孫策は袁術軍として陸康のこもる城を攻めることになります。2年にわたる包囲の末に城は陥落。陸康は病死してしまいます。そして陸家は四散してしまいます。こうして陸家と孫策の間には遺恨が生まれたのです。

 

その時陸遜は陸康の手配で他の場所に避難することが出来ていました。しかし、孫策は陸遜にとって仇といってもいい存在になったのです。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:袁術は悪政なのか微妙なところ?袁術は名門主義をとったので失敗した

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-孫策, 陸遜
-,