法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー




 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、前回の547話では王騎(おうき)の矛を

受け継いだ信が堯雲(ぎょううん)に幸運な素人呼ばわりされブチキレて

痛烈な一撃を加えた所で終りました。

何とも気になる次の展開ですが、今週は順調にキングダムは掲載されています。

それでは、行ってみましょう、キングダム548話ネタバレ&レビューの開始です。

 

※この記事はキングダム548話のネタバレ記事です。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る!

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

 

 

キングダム548話ネタバレ 信の会心の一撃 しかし堯雲倍返し

 

信の渾身の一撃は、堯雲の態勢を大きく崩しました。

戦慄する趙兵と意気上がる飛信隊、しかし、次のコマでは巻き返した

堯雲の強烈な一撃が信を叩き潰します。

 

一瞬、白目をむきかける信、強烈な一撃信の倍の力はありそうです。

ちょっと期待しましたが、単純に王騎の矛が重すぎる以外に、

腕力や耐久力でも信は、一歩も二歩も引けを取る感じです。

こいつなら、龐煖(ほうけん)にも勝てるんじゃあないでしょうか?

 

 

キングダム548話ネタバレ 大炎の地がかなりヤバし

 

その頃、渕副長がふんばる大炎の地では、

堯雲の部隊により飛信隊が激しく押し込められていました。

河了貂(かりょうてん)は、このままだと飛信隊は総崩れになり

仮に信が堯雲を討ち取っても巻き返す事は出来ないと推測します。

 

割合に良い勝負をしているように見えた堯雲軍vs飛信隊ですが、

どうやら、堯雲軍はこれまでの戦闘がお遊びに見える程の強敵であるようです。

大将同士の戦いも不利、部隊の激突も不利では希望がありません。

 

しかし、ここで最近出番少なめの羌瘣(きょうかい)が立ち上がります。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

 

キングダム548話ネタバレ 乱戦下の策

 

羌瘣は、この乱戦を何とか勝利に導くプランを立てます。

それは戦場の左右に留め石部隊を置いて、そこで堯雲軍をブロックして

最終的に戦場の中央に堯雲軍を流そうというものです。

しかし、その後について我呂が反論しました。

 

我呂「だが、その流れをどうするんだ?中央をブチ抜かれて、

隊が分断されれば一瞬でやられるぞ」

 

羌瘣「それは分かっている、、でも何かやらないと、このままじゃ必ず負ける

とにかく中央は何とかするから、要の役割を頼んだぞ」

 

羌瘣は、中央に流れてくる堯雲の大軍を自分で食い止めるつもりのようです。

しかし、幾ら強くてもスタミナの無さに定評がある羌瘣で大丈夫でしょうか?

 

我呂は「まじかよ、あの女」と吐き捨てますが、それ以外に方法はなく

岳雷(がくらい)を呼んで堯雲軍を堰き止める拠点づくりに入ります。

 

キングダム548話ネタバレ 下馬した羌瘣が歩兵隊を鼓舞する

 

羌瘣は下馬して松左の歩兵隊に合流します。

元々、暗殺者なので身動きが取れる徒歩の方が戦いやすいようです。

同じく歩兵の崇原(すうげん)が、堯雲軍を迎え撃つ歩兵隊に激を飛ばします。

 

「正念場だ!これまでの戦いが遊びに感じる程の大乱戦になる

だが、この死闘を制した側が戦に勝つと心得よ」

 

さらに松左(しょうざ)が「羌瘣、若手達にもう一檄」と促すと羌瘣は、

はいはいと小さく息を吐いてから、愛剣緑穂(りょくすい)を高々と掲げます。

 

羌瘣「共に戦って勝利を掴むぞ!」

 

血走った形相で飛信隊を引き千切ろうとする堯雲軍に自ら馬を降りて

死地を切り開こうとする羌瘣、この後、どうなるのか?以下次号です。

 

キングダム549話レビュー予想

 

いよいよキングダムの黄金パターンに入ってきましたね。

物語の核が二つになり、一方は信が、もう一方は羌瘣が主軸になる。

このような場合、驚異的なスタミナを持つ信は比較的に平気なんですが

問題は羌瘣の毎度に渡り改善されないスタミナ不足がネックです。

 

恐らく、最初は通常の剣技で堯雲軍を斬り伏せるのでしょうが、

羌瘣の性格上、味方が殺されだすと、必殺の神下ろしトーンタンタンを

やるしかなくなるので、急激に体力を消耗します。

 

そうなると立っているのが精いっぱいのお荷物要員になるので、

それまでに信が堯雲を片付けて戻れるのか?

とまあ、このような展開ではないでしょうか。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

ここまで大がかりになった以上、飛信隊と堯雲軍が痛み分けはないでしょう。

もしかするとお馴染みのキャラが一人か二人死ぬかもしれませんが、

相当程度の犠牲を払い、飛信隊が勝利すると思います。

それも向こう、1~2回の短期決戦になるのではなると思います。

 

キングダム548話のYoutubeネタバレ動画レビュー


次回記事:【キングダム549話】「3つの誤算」ネタバレ&レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【羌瘣や摎の先輩】處女(しょじょ)とはどんな人?実在した越の軍事教官【キングダム外伝】

関連記事:【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの?

 

転職活動に役立つ特集記事

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム53巻 キングダム592話ネタバレ予想「信、羌瘣、王賁、亜花錦を大胆予測…
  2. キングダムネタバレ予想 バジオウは本当に死んだのか?
  3. キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっ…
  4. キングダムネタバレ最新575話「総大将の不在」レビュー記事
  5. キングダム577話最新ネタバレ予想王賁は王翦の子じゃないの?
  6. キングダム53巻 キングダム591話ネタバレ雑学「秦の家庭は核家族だった」
  7. キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城?…
  8. 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 近藤勇と関羽
  2. 西遊記 孫悟空
  3. 成廉、魏越、呂布

おすすめ記事

  1. はじめての三国志Kindle Unlimited読み放題サービスを紹介するよ!
  2. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  3. 月刊はじめての三国志2018年10月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る
  5. 関羽千里行が可能だったのはカバだから?カバは身体能力的に赤兎馬たりうるか?【HMR】
  6. 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

三國志雑学

  1. 曹操から逃げ回る劉備
  2. 五虎大将軍の馬超
  3. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 張コウ 張郃
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 寧宗
  2. 高句麗まで攻めるカン丘倹
  3. はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  5. 楽毅

おすすめ記事

空城も計 孔明 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え? 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の年齢は信長より若かった! 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】 【祝】月間150万PV達成!はじめての三国志より感謝の言葉 孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす 魏曹操と魏軍と呉軍 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!? 五虎大将軍の馬超 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP