曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじさん書評倶楽部

曹操を主人公にしたオススメ小説3選

この記事の所要時間: 232

 

 

 

三国志の魏を作り歴史に名を残した英雄・曹操(そうそう)

三国志のファンの皆様なら曹操が好きな方も多いと思います。

黒田レンも曹操ファンの一人です。

 

しかし曹操三国志演義(さんごくしえんぎ)が普及したため、

小説やゲームでも悪役として描かれる事が多くて可愛そうな英雄です。

そこで今回は黒田レンが一生懸命書店や図書館を巡って曹操を主人公にした本が無いか調査。

そして黒田レンが曹操を主人公にした小説を読んでおすすめできる小説を

三つご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二

関連記事:『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている?

 

 

曹操を主人公にした小説はどのくらいあるの!?

 

webや書店・図書館などを探して曹操が主人公となっている本を調査した結果・・・・

曹操を主人公にしている本があると判明しました。さてどのくらいあるのか。

レンが調査しただけでも六冊ほどありました。

そこで今回はこの六冊の中から黒田レンが気になる本や読んだ本の中で、

おすすめの本をご紹介しましょう。

 

 

曹操が主人公になっているオススメ小説その1:曹操・魏の曹一族(上・下)

 

曹操が主人公になっている本その1は、曹操・魏の曹一族(上・下)です。

こちらの小説の作者は司馬遼太郎の友人として知られる陳舜臣(ちんしゅんしん)氏。

タイトルの通り曹操が主人公なっている歴史小説です。

上巻は曹操の若かりし頃が描かれ、有能な人材を登用して

自分の勢力を磐石にしていく姿が描かれています。

 

下巻は曹操の父親としての姿が強調され、

大勢力を築いた曹操が曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)どちらを後継者にするか、

迷い葛藤している姿が描かれ、人間味のある曹操が描かれています。

 

新しい曹操の一面を垣間見ることができる一冊と言えるでしょう。

またこの小説は正史三国志や資治通鑑 (しじつうかん)を資料としており、

史実の曹操の姿と陳舜臣さんの独自のフィクションを織り交ぜて構成されています。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

曹操が主人公になっているオススメ小説その2:曹操-乱世をいかに生きるか

 

曹操が主人公になっている小説その2は曹操-乱世をいかに生きるかです。

この本ほ作者は長年ビジネス書を執筆していた酒井穣氏。

ビジネス書を手がけていた酒井氏が曹操が生きた三国時代を参考にして、

現代の課題について記されている新しいビジネス書となっています。

 

曹操が生きた時代を参考にし、

現代の時代のビジネスにどのように反映することができるのか。

黒田レンはまだこの本を読んでいないのですが、

ざっくりと最後のページを読んで購入しましたが、

まだ読み終わっていないので読み終わりましたら結果をお伝えしたいと思っています。

ビジネス書としても読めるし、三国志が好きな方でも読める一冊です。

 

曹操が主人公になっているオススメ小説その3:曹操-三国志の真の主人公

 

曹操が主人公になっている小説その3は曹操-三国志の真の主人公です。

こちらの作品は古代中国史を中心に執筆している堀敏一氏。

この作品は従来三国志の歴史小説ではあまり取り上げられていなかった

曹操が行ってきた政策や制度、曹操が活躍した社会背景などを取り上げています。

また堀氏が曹操が行ってきた政策などについて、

自分の見解を盛り込んでいる点も特徴と言えるでしょう。

曹操が生きた三国時代を深く知りたい方にはオススメの一冊と言えます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は黒田レンが曹操を主人公として取り上げられている本をご紹介しました。

三国志演義の曹操はダークヒーローとして描かれています。

しかし上記でご紹介した本の曹操はどれも魅力的に描かれ、

今までの曹操のイメージを崩す本ばかりです。

 

三国志演義の曹操しか知らない方はぜひこちらの本を見て、

新しい曹操の一面を覗いてみてはいかがでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」

関連記事:【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二

 

北伐の真実に迫る

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  2. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改…
  3. 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る
  4. 何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意…
  5. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文…
  6. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  7. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  2. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  3. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏
  4. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  5. もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去
  6. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【告知】朝まで三国志2017年 秋 本日22時開始 まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった? 董卓は実は名将軍であるという根拠 あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの? 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】
  2. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  3. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  4. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2
  5. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】
  6. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?
  7. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻
  8. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP