魏延
馬超




はじめての三国志

menu

はじさん書評倶楽部

曹操を主人公にしたオススメ小説3選

赤鎧を身に着けた曹操

 

 

 

三国志の魏を作り歴史に名を残した英雄・曹操(そうそう)

三国志のファンの皆様なら曹操が好きな方も多いと思います。

黒田レンも曹操ファンの一人です。

 

しかし曹操三国志演義(さんごくしえんぎ)が普及したため、

小説やゲームでも悪役として描かれる事が多くて可愛そうな英雄です。

そこで今回は黒田レンが一生懸命書店や図書館を巡って曹操を主人公にした本が無いか調査。

そして黒田レンが曹操を主人公にした小説を読んでおすすめできる小説を

三つご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二

関連記事:『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている?

 

 

曹操を主人公にした小説はどのくらいあるの!?

 

webや書店・図書館などを探して曹操が主人公となっている本を調査した結果・・・・

曹操を主人公にしている本があると判明しました。さてどのくらいあるのか。

レンが調査しただけでも六冊ほどありました。

そこで今回はこの六冊の中から黒田レンが気になる本や読んだ本の中で、

おすすめの本をご紹介しましょう。

 

 

曹操が主人公になっているオススメ小説その1:曹操・魏の曹一族(上・下)

 

曹操が主人公になっている本その1は、曹操・魏の曹一族(上・下)です。

こちらの小説の作者は司馬遼太郎の友人として知られる陳舜臣(ちんしゅんしん)氏。

タイトルの通り曹操が主人公なっている歴史小説です。

上巻は曹操の若かりし頃が描かれ、有能な人材を登用して

自分の勢力を磐石にしていく姿が描かれています。

 

下巻は曹操の父親としての姿が強調され、

大勢力を築いた曹操が曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)どちらを後継者にするか、

迷い葛藤している姿が描かれ、人間味のある曹操が描かれています。

 

新しい曹操の一面を垣間見ることができる一冊と言えるでしょう。

またこの小説は正史三国志や資治通鑑 (しじつうかん)を資料としており、

史実の曹操の姿と陳舜臣さんの独自のフィクションを織り交ぜて構成されています。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

曹操が主人公になっているオススメ小説その2:曹操-乱世をいかに生きるか

 

曹操が主人公になっている小説その2は曹操-乱世をいかに生きるかです。

この本ほ作者は長年ビジネス書を執筆していた酒井穣氏。

ビジネス書を手がけていた酒井氏が曹操が生きた三国時代を参考にして、

現代の課題について記されている新しいビジネス書となっています。

 

曹操が生きた時代を参考にし、

現代の時代のビジネスにどのように反映することができるのか。

黒田レンはまだこの本を読んでいないのですが、

ざっくりと最後のページを読んで購入しましたが、

まだ読み終わっていないので読み終わりましたら結果をお伝えしたいと思っています。

ビジネス書としても読めるし、三国志が好きな方でも読める一冊です。

 

曹操が主人公になっているオススメ小説その3:曹操-三国志の真の主人公

 

曹操が主人公になっている小説その3は曹操-三国志の真の主人公です。

こちらの作品は古代中国史を中心に執筆している堀敏一氏。

この作品は従来三国志の歴史小説ではあまり取り上げられていなかった

曹操が行ってきた政策や制度、曹操が活躍した社会背景などを取り上げています。

また堀氏が曹操が行ってきた政策などについて、

自分の見解を盛り込んでいる点も特徴と言えるでしょう。

曹操が生きた三国時代を深く知りたい方にはオススメの一冊と言えます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は黒田レンが曹操を主人公として取り上げられている本をご紹介しました。

三国志演義の曹操はダークヒーローとして描かれています。

しかし上記でご紹介した本の曹操はどれも魅力的に描かれ、

今までの曹操のイメージを崩す本ばかりです。

 

三国志演義の曹操しか知らない方はぜひこちらの本を見て、

新しい曹操の一面を覗いてみてはいかがでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」

関連記事:【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二

 

北伐の真実に迫る

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 王基に感謝する司馬昭 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  2. 華雄と呂布 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  3. 張飛 え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の…
  4. 劉邦と張良と陳平 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  5. 孫武(ゆるキャラ) 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っ…
  6. 龐統 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  7. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」…
  8. 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 羌瘣
  3. 何皇后(毒蛇) 何進
  4. 張飛
  5. はじめての三国志からのお知らせ バナー

おすすめ記事

  1. 女真族とはどんな人たち?金を建国した女真族を分かりやすく解説 女真族は辮髪
  2. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側 曹操VS孫権 R2
  3. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)
  4. 陳寿が語る孫権像 kataru
  5. 漢代にはこんなにもたくさんの本が生み出されていた!【漢代の本】 郭嘉の本
  6. 【コワいモノ比較】アメリカ人は悪魔、フランス人は狼、中国人は○○! 曹操

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 張燕
  3. 騎射の術に長けた騎馬兵士
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄月英
  2. 曹操
  3. 魏の夏侯淵
  4. 三国志ライター よかミカンさん

おすすめ記事

赤井直正 明智光秀に死を覚悟させた丹波の赤鬼赤井直正 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 【馬超の妻の死から読み取る】馬超の再起を分かりやすく解説 曹丕と曹植 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム? 株式会社三国志で働く劉備と孔明 あの子が欲しい♪三国時代のヘッドハンテング事情 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【4/17〜4/23】 司馬懿と曹叡 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ! 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP