ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?

すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

長安を脱出した献帝(けんてい)曹操(そうそう)が保護し、

潁川郡の許昌を都とした建安元年(196年)の頃は、

群雄たちによる熾烈な戦闘が各地で発生しています。

 

特に曹操は四方に敵を抱えており、

連戦に次ぐ連戦と遠征で兵糧不足は慢性化し、将兵は疲弊していました。

今回はそんな危機的状況を救った曹操の知恵をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード

関連記事:曹操と劉備ではどっちの武力が上?究極の個人対決


三国志演義では曹操は梅林があると嘘をついた?

 

水が尽きたら戦闘どころではありません。行軍すらままならないのです。

実際に真夏の遠征中に曹操軍はそのような危機に陥っています。

止まれば自滅、生きるためには進まなければなりません。

 

しかし曹操は兵士を脅して無理やり進ませるようなことはしません。

味方の士気が大きく低下するためです。

 

そこで曹操は一計を案じて「この先に梅林があるぞ」と兵士たちに伝えました。

兵士たちは梅をイメージすることで一時的でも喉の渇きを忘れることができ、

目的地に到達することができました。

 

戦争に勝利するためには、時には嘘も方便だということでしょう。


梅林止渇の意味は?

 

このエピソードが故事となり、「梅林止渇」という四文字熟語が生まれました。

要するに「現状の問題を打開するために他の何かを利用して一時的にしのぐ」という意味になります。

 

宋の時代に編纂された「世説新語」にはこのようなエピソードが多数紹介されています。

孔融(こうゆう)鍾会(しょうかい)の話も登場しますが、曹操の梅林止渇はこの中では、

他人を巧みにあざむいた話として「仮譎篇」に記載されています。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

 

梅を望んで渇きを止むの意味は?

 

梅林止渇と内容は同じです。

ただし、この場合は詭弁を弄して相手をだますというよりも、

人はイメージすることによって多少の困難は克服することが可能であるというポジティブな

意味合いとして後世に伝わっています。

 

「もう水源が近いぞ」でも兵士を元気づけられると思うのですが、

曹操はあえて水という言葉を口に出しませんでした。より渇きを覚えるからでしょう。

「小梅の熟した林があるぞ」と伝えたところにポイントがあります。

 

梅をイメージすることで兵士は唾をわかせたために、

実際に渇きを忘れることができたのです。

イメージの力は凄いですね。

 

現代でも気分や環境で不治の病が快方に向かったという話は耳にします。

ポジティブなイメージはそれだけ人を元気にし、

限界以上の力を発揮させることができるのかもしれません。


曹操の小升

 

同じような話に「曹操の小升」というものがあります。

 

兵糧不足に困っていた曹操は兵糧管理の者に小さな升を使うように指示します。

これにより兵糧の減りはかなり抑えることができました。

しかし配給が減ったために兵士からは当然のように不平不満が出てきます。

命をかけて戦っているのに満足に飯も食べられないのです。

下手をすると暴動に発生するような事態です。

 

ここで曹操は兵糧管理の者に「お前の首がほしい」と言って、

その者を処刑し、兵糧の横領の罪を着せて穏便に事態を鎮めています。

 

まさに梅林止渇と同様で、

現状の問題を打開するために他の何かを利用して一時的にしのいだのです。

敵であっても優秀な人材を配下として

起用する曹操の思考もこの延長戦上にあるのかもしれませんね。

利用するものは徹底的に利用するという冷酷なまでの合理性です。


  

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

ありとあらゆる知恵を活用し、工夫しなければ耐えきることができないほどに

曹操軍は激戦を繰り広げていたわけです。

並みの君主ではとても生き残ることはできなかったでしょう。

呂布(りょふ)袁術(えんじゅつ)袁紹(えんしょう)

劉表(りゅうひょう)にあっさりと滅ぼされていたはずです。

 

曹操だからこそこれだけの勢力を相手にして戦い抜けたのです。

敵味方のメンタル面も巧みに操り、味方の士気を上げたり、

敵の士気を下げるような戦術も多用したことでしょう。

曹操はやはりしたたかですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉

関連記事:曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■


 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜 賈充と羊祜は孫呉討伐の戦略で激闘してた!?
  2. 張燕 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布と…
  3. 道具を輸送する民人 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!
  4. イナゴに畑を荒らされ食料不足 蝗害とは?中国を悩ました災害があまりにも深刻。バッタを飲み込んだ…
  5. 劉備 結婚 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  6. 公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった
  7. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  8. 曹操 孔明をチェック 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 援軍に向かう陳表軍
  2. ハッポウ茶
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 黒船(ミシシッピ号)
  6. 劉虞
  7. 趙の旗

おすすめ記事

  1. 篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある? 篤姫
  2. 【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何? 織田信長
  3. もし劉備が白帝城で死ななかったら三国志はどうなる? 蜀の皇帝に即位した劉備
  4. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)
  5. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】
  6. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 鮮卑大人、育延

三國志雑学

  1. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  2. 三国志の地図(州)
  3. 十常侍(宦官)
  4. 三国志大学を目指す曹操
  5. 龐統


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 小帝(少帝劉弁)と董卓
  2. 賈詡
  3. 反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性
  4. 火縄銃を気に入る織田信長
  5. 皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞
  6. 孔融と禰衡
  7. 霊帝

おすすめ記事

大和朝廷を建国したカムヤマト 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇) 西夏の服飾(女性) 西夏の末裔・チャン族はどんな服飾をしていた?西夏滅亡もざっくり解説 ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった! 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い 敗北する馬岱 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法 馬に乗って戦う若き織田信長 【織田信長の経済政策】織田家がお金持ちになれた経済政策を分かりやすく解説 盤古 中国神話 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話の創世神 王賁 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP