蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

夏侯淵

 

曹操(そうそう)の挙兵からずっと付き従っていた夏侯淵(かこうえん)

夏侯淵は曹操軍の中でとっても早い行軍速度を誇っていた軍を率いて、各地の戦場に参加。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

でも正史三国志ではちょっと地味であまり華々しい活躍をしていません。

しかし夏侯淵は曹操を主人公にしたマンガ・蒼天航路(そうてんこうろ)では、

正史三国志とは違いかなり活躍しています。

今回は正史三国志での夏侯淵の活躍を紹介しながら、

蒼天航路での夏侯淵のカッチョいい活躍をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

関連記事:夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?


正史三国志での夏侯淵は地味!?

夏侯淵と黄忠

 

正史三国志での夏侯淵はどのような活躍をしていたのでしょう。

夏侯淵は曹操の挙兵時代から従い古株の武将です。

夏侯淵は曹操と一緒に戦場で活躍します。

しかし夏侯淵は曹操が拡大した領土内で反乱を起こした賊徒討伐で主な武功を挙げていきます。

 

出世した韓遂

 

夏侯淵は涼州(りょうしゅう)で反乱を起こした

馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)の残党軍討伐で涼州一帯を鎮圧。

 

張コウ 張郃

 

その後曹操が漢中(かんちゅう)を攻略するとこの地の守備軍総司令官として着任します。

夏侯淵は劉備軍が漢中攻略へ動き出すと張郃(ちょうこう)

歴代の将軍達を率いて漢中を守って戦います。

 

魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

このように夏侯淵は華々しい戦いで活躍したのは、

漢中の守備戦(しかもこの戦いで夏侯淵は戦死してしまいますが・・・・)くらいしかなく、

ほとんどを賊徒討伐を主な任務として行動していました。

 

曹操軍の古参武将でありながらかなり地味な活躍しかしていない夏侯淵。

しかし蒼天航路の夏侯淵は正史三国志での活躍よりも100倍活躍しているのです。


蒼天航路の夏侯淵が正史三国志よりも100倍活躍している

夏侯淵と徐晃

 

蒼天航路の夏侯淵は正史三国志と同じように曹操の挙兵時代から登場している古参の武将です。

しかし蒼天航路の夏侯淵は賊徒討伐ばかりしているわけではなく、

かなり活躍しています。

 

例えば揚州(ようしゅう)盧江(ろこう)で反乱を起こした雷緒(らいしょ)討伐戦です。

この時夏侯淵は雷緒討伐を急がずゆっくりと行っていました。

 

曹操

 

しかし夏侯淵は前線視察に来ていた曹操と戦況を話し合いアドバイスをもらいます。

夏侯淵は曹操からのアドバイスを聞いて、

軍司令官としての才能を目覚めさせ兵の犠牲を問わず一気に雷緒討伐を完了。

こうして成長した夏侯淵は各地の賊徒討伐戦の

次の展開を考える司令官として期待されることになります。

 

曹操

 

ただの賊徒討伐戦として描くのではなく、

夏侯淵の中に眠っていた才能を呼び起こすシーンはかなりかっこいいです。

 

殿を務める張飛

 

また漢中防衛戦では司令官として成長した夏侯淵は、

自らを王と仮定して劉備と対峙し、張飛(ちょうひ)の渾身の一撃をかいくぐり、

魏延(ぎえん)を打ち払い、黄忠(こうちゅう)に重傷を負わせるほどの活躍を見せ、

劉備軍の本陣へ突撃していきます。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

正史三国志の夏侯淵は漢中防衛戦で、あまり活躍している描写がありませんが、

蒼天航路ではかなりの奮戦ぶりを見せています。

このように正史三国志ではかなり地味な活躍しかしていない夏侯淵。

しかし蒼天航路の夏侯淵は正史と比べて100倍活躍し、

まさに歴戦の将軍として描かれています。


蒼天航路の夏侯淵のかっこいい名言集

夏侯淵

 

蒼天航路の夏侯淵はめちゃくちゃ活躍してかっこいい武将です。

そのため数々の名言を残しています。

例えば雷緒討伐戦で夏侯淵は自らの才能を曹操に目覚めさせられ、

「将帥・夏侯淵は自律する」と自らの決意を込めた一撃を雷緒へ放っています。

 

この時のシーンはめちゃくちゃ遠く離れた所から

雷緒の四肢を弓矢で打ち抜いており、しびれるかっこよさです。

夏侯淵はこの言葉に今まで曹操の挙兵時代から従っていた

過去を改めて司令官としての決意をします。

 

また漢中防衛線での夏侯淵は劉備を倒すために

渾身の思いを込めて弓矢を引くシーンがあります。

この時夏侯淵は「この一戦に夏侯妙才のすべてをかける!!」と名言を残しています。

もう少しで劉備を撃ち抜く事が出来ましたが、

陽平関に逃亡されて惜しくも討ち漏らしてしまうのでした。

 

このように蒼天航路ではかっこいい活躍をしながら、

数々の名言を残している夏侯淵をご紹介しました。


  

 

結局蒼天航路の夏侯淵と正史三国志の夏侯淵どっちが活躍してたの!?

信と曹操

 

結局の所夏侯淵は蒼天航路と正史三国志どちらの方が活躍していたのでしょう。

それは断然蒼天航路です。

曹操は夏侯淵を曹操軍の中での王のような立ち位置になってほしいと願っていました。

 

そのため夏侯淵に雷緒の処遇を任せたり、漢中防衛での戦を一任しています。

また正史三国志では名前しか出ていない戦でもちゃんと活躍していますし、

蒼天航路の方が活躍していると言えると思います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

蒼天航路の夏侯淵の方が正史三国志よりも活躍ししています。

曹操は夏侯淵をただの司令官としてではなく、

王として必要な戦略や政治等も行い王としての振る舞いを期待していました。

しかし正史三国志でも夏侯淵は活躍こそ地味ですが、

彼の役割を考えると非常に大切な武将だと思います。

 

夏侯淵は賊徒討伐が主な戦場でしたが、

領内の統治をしっかりさせるため賊徒討伐であり、

半端な武将では務まらない大任と言えるでしょう。

もし賊徒に一回でも敗北すれば、他の地方での賊徒蜂起につながりますし、

領土内の統治が上手くいかなくなる可能性もあります。

 

このような事を考えると正史三国志では地味な夏侯淵ですが、

いないと困る縁の下の力持ちと言える立ち位置だったのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志 魏書 井波律子・今鷹真訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?

関連記事:夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!?

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

関連記事

  1. 姜維
  2. 赤壁の戦い 曹操

    デザイン担当:よりぶりん

    曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」

    208年11月、赤壁(せきへき)の戦いで孫権(そんけん…

  3. 許チョ(許褚)
  4. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  5. 痛い目にあう孫権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP