キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介

魏の夏侯淵




夏侯淵

 

曹操(そうそう)の挙兵からずっと付き従っていた夏侯淵(かこうえん)

夏侯淵曹操軍の中でとっても早い行軍速度を誇っていた軍を率いて、各地の戦場に参加。

でも正史三国志ではちょっと地味であまり華々しい活躍をしていません。

しかし夏侯淵曹操を主人公にしたマンガ・蒼天航路(そうてんこうろ)では、

正史三国志とは違いかなり活躍しています。

今回は正史三国志での夏侯淵の活躍を紹介しながら、

蒼天航路での夏侯淵のカッチョいい活躍をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

関連記事:夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

 

正史三国志での夏侯淵は地味!?

夏侯淵と黄忠

 

正史三国志での夏侯淵はどのような活躍をしていたのでしょう。

夏侯淵は曹操の挙兵時代から従い古株の武将です。

夏侯淵は曹操と一緒に戦場で活躍します。

しかし夏侯淵は曹操が拡大した領土内で反乱を起こした賊徒討伐で主な武功を挙げていきます。

夏侯淵は涼州(りょうしゅう)で反乱を起こした

馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)の残党軍討伐で涼州一帯を鎮圧。

 

その後曹操が漢中(かんちゅう)を攻略するとこの地の守備軍総司令官として着任します。

夏侯淵は劉備軍が漢中攻略へ動き出すと張郃(ちょうこう)

歴代の将軍達を率いて漢中を守って戦います。

 

このように夏侯淵は華々しい戦いで活躍したのは、

漢中の守備戦(しかもこの戦いで夏侯淵は戦死してしまいますが・・・・)くらいしかなく、

ほとんどを賊徒討伐を主な任務として行動していました。

 

曹操軍の古参武将でありながらかなり地味な活躍しかしていない夏侯淵。

しかし蒼天航路の夏侯淵は正史三国志での活躍よりも100倍活躍しているのです。

 

蒼天航路の夏侯淵が正史三国志よりも100倍活躍している

夏侯淵と徐晃

 

蒼天航路の夏侯淵は正史三国志と同じように曹操の挙兵時代から登場している古参の武将です。

しかし蒼天航路の夏侯淵は賊徒討伐ばかりしているわけではなく、

かなり活躍しています。

 

例えば揚州(ようしゅう)盧江(ろこう)で反乱を起こした雷緒(らいしょ)討伐戦です。

この時夏侯淵は雷緒討伐を急がずゆっくりと行っていました。

しかし夏侯淵は前線視察に来ていた曹操と戦況を話し合いアドバイスをもらいます。

夏侯淵は曹操からのアドバイスを聞いて、

軍司令官としての才能を目覚めさせ兵の犠牲を問わず一気に雷緒討伐を完了。

こうして成長した夏侯淵は各地の賊徒討伐戦の

次の展開を考える司令官として期待されることになります。

 

ただの賊徒討伐戦として描くのではなく、

夏侯淵の中に眠っていた才能を呼び起こすシーンはかなりかっこいいです。

 

また漢中防衛戦では司令官として成長した夏侯淵は、

自らを王と仮定して劉備と対峙し、張飛(ちょうひ)の渾身の一撃をかいくぐり、

魏延(ぎえん)を打ち払い、黄忠(こうちゅう)に重傷を負わせるほどの活躍を見せ、

劉備軍の本陣へ突撃していきます。

 

正史三国志の夏侯淵は漢中防衛戦で、あまり活躍している描写がありませんが、

蒼天航路ではかなりの奮戦ぶりを見せています。

このように正史三国志ではかなり地味な活躍しかしていない夏侯淵。

しかし蒼天航路の夏侯淵は正史と比べて100倍活躍し、

まさに歴戦の将軍として描かれています。

 

北伐の真実に迫る

孔明と北伐  

蒼天航路の夏侯淵のかっこいい名言集

夏侯淵

 

蒼天航路の夏侯淵はめちゃくちゃ活躍してかっこいい武将です。

そのため数々の名言を残しています。

例えば雷緒討伐戦で夏侯淵は自らの才能を曹操に目覚めさせられ、

「将帥・夏侯淵は自律する」と自らの決意を込めた一撃を雷緒へ放っています。

 

この時のシーンはめちゃくちゃ遠く離れた所から

雷緒の四肢を弓矢で打ち抜いており、しびれるかっこよさです。

夏侯淵はこの言葉に今まで曹操の挙兵時代から従っていた

過去を改めて司令官としての決意をします。

 

また漢中防衛線での夏侯淵は劉備を倒すために

渾身の思いを込めて弓矢を引くシーンがあります。

この時夏侯淵は「この一戦に夏侯妙才のすべてをかける!!」と名言を残しています。

もう少しで劉備を撃ち抜く事が出来ましたが、

陽平関に逃亡されて惜しくも討ち漏らしてしまうのでした。

 

このように蒼天航路ではかっこいい活躍をしながら、

数々の名言を残している夏侯淵をご紹介しました。

 

結局蒼天航路の夏侯淵と正史三国志の夏侯淵どっちが活躍してたの!?

信と曹操

 

結局の所夏侯淵は蒼天航路と正史三国志どちらの方が活躍していたのでしょう。

それは断然蒼天航路です。

曹操は夏侯淵を曹操軍の中での王のような立ち位置になってほしいと願っていました。

そのため夏侯淵に雷緒の処遇を任せたり、漢中防衛での戦を一任しています。

また正史三国志では名前しか出ていない戦でもちゃんと活躍していますし、

蒼天航路の方が活躍していると言えると思います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

蒼天航路の夏侯淵の方が正史三国志よりも活躍ししています。

曹操は夏侯淵をただの司令官としてではなく、

王として必要な戦略や政治等も行い王としての振る舞いを期待していました。

しかし正史三国志でも夏侯淵は活躍こそ地味ですが、

彼の役割を考えると非常に大切な武将だと思います。

 

夏侯淵は賊徒討伐が主な戦場でしたが、

領内の統治をしっかりさせるため賊徒討伐であり、

半端な武将では務まらない大任と言えるでしょう。

もし賊徒に一回でも敗北すれば、他の地方での賊徒蜂起につながりますし、

領土内の統治が上手くいかなくなる可能性もあります。

 

このような事を考えると正史三国志では地味な夏侯淵ですが、

いないと困る縁の下の力持ちと言える立ち位置だったのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志 魏書 井波律子・今鷹真訳など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?

関連記事:夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!?

 

転職活動に役立つ特集記事

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蒼天航路 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描…
  2. 呂蒙 【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙
  3. 亡くなる袁紹 三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」
  4. 真田丸 武田信玄 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  5. 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情
  6. 徳川家康 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  7. 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長…
  8. 三国志 武器 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 甘寧に殺されかける料理人
  2. 黒田官兵衛
  3. 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕
  4. 范増
  5. キングダム
  6. 劉邦と張良と陳平
  7. 猛暑に苦戦している観客達 いだてん
  8. 孔子と儒教

おすすめ記事

  1. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった? 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  2. 赤兎馬はどうして名馬?呂布の相棒の嘘のようなホントの話 赤兎馬
  3. 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」 于禁
  4. 【社会人必見】『論語』が仕事にも役立つ理由
  5. 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る
  6. 勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々!

三國志雑学

  1. 丁奉(ていほう)
  2. 法正と劉備
  3. 孟獲
  4. はじめての三国志 画像準備中
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. kataru
  2. 魯粛
  3. 羌瘣
  4. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  5. 天下三分の計

おすすめ記事

漢の顔良(がんりょう) 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 アンゴルモア元寇合戦記 29話の7 最新話ネタバレ 「高麗が高麗である為に」 おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介 はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」 曹操 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した 合戦シーン 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った? 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP