ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた

朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

 

 

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)で、劉備(りゅうび)がはじめて迎えた軍師(ぐんし)徐庶(じょしょ)

劉備の敵役の曹操(そうそう)に母親の身柄をおさえられ、しかたなく劉備と別れ

曹操陣営におもむきました。

徐庶の母は息子が主君を捨てて来たことに怒り自害しましたが、

その後も徐庶は劉備のもとへ戻らず曹操に仕えました。

 

戻らなかったわけとして、別の記事で三つの理由を挙げましたが、その他に、

中国語のたくさんのウェブサイトで指摘されているちょっとびっくりするような理由があります。

それはなんと、鬼畜(きちく)すぎる劉備に徐庶が幻滅(げんめつ)したためだというのです!

劉備といえば涙もろい仁の人じゃないんですか? Why, Chinese people!?

 

※鬼畜:鬼のような仕打ち、血も涙もないむごい行い

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

 

 

徐庶が劉備に仕えた理由

 

三国志演義に、徐庶のこんなせりふがあります。

劉景升(りょうけいしょう)劉表(りゅうしょう)のこと)が賢者を招いていると聞き、わざわざ会いに行きましたが、

いろいろ議論してみたところ役に立たない者であることが分ったため、

置き手紙をして出て参りました」

徐庶は劉備に仕える前に劉表に仕えようとしていたのです。

「いろいろ議論してみた」「置き手紙をして出て参りました」ということは、

劉表は徐庶をちゃんと相手にして、それなりの待遇も与えていたことが分ります。

 

劉表といえば、荊州のトップで、豊かな土地と人脈と多くの軍勢を持っていた

堂々たる群雄の一人です。そんな結構な人物から認められていたのに満足せず、

流れ者で地盤も軍勢もなかった劉備に徐庶がひかれたのは何故なのか。

徐庶が劉備を選んだ理由はただ一つ、劉備の仁徳に()かれたためであると、

冒頭に述べたようなウェブサイトでは言われています。

 

 

劉備の仁徳のメッキが剥がれた!

 

徐庶が劉備のもとを去ると、劉備は徐庶が後継者として推薦した諸葛亮(しょかつりょう)

新たな軍師に迎えました。

程なく曹操が南征を開始し、劉備の駐屯している新野(しんや)に接近してきました。

劉備は新野城を捨てて南の樊城(はんじょう)に逃れることとしましたが、その際、新野の住民に

「曹操軍が来れば必ず不仁(ふじん)(きょ)に及び、市民を傷つけ害するであろう」

と触れ回って(おど)かして、住民たちにも新野を捨てて自分に同行するよう勧告しました。

 

こうして城の住民を連れ出した劉備は、諸葛亮の計略に従って、

曹操軍の先鋒が新野に入城したところを焼き討ちしました。

住民を無理やり移動させたのは、自分が街を焼いてしまうためだったのです。

冒頭に述べたようなウェブサイトの論者たちは、徐庶がこの一件によって

劉備の仁の仮面の下にある本当の顔、覇業(はぎょう)のためには手段を選ばない本性(ほんしょう)

気付いてしまったのだと指摘しています。

 

  はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

市民を盾にして逃げる劉備、幻滅する徐庶

 

劉備は新野から自分についてきた住民と、立ち寄った襄陽(じょうよう)から脱出してきた住民とを

連れて、南の江陵(こうりょう)を目指して進みました。北からは曹操の追っ手が迫っており、

家財を持ち老人や子供をたずさえた市民を連れながらのノロノロ行軍では

すぐに追いつかれることが目に見えていました。しかし劉備は市民を捨てずに

連れ歩きました。

 

これについて、劉備は「大事をなすには必ず人を以て本と為す」と言っており、

いつでも民を見捨てない仁君のようなポーズをとっていますが、

いざ曹操軍に追いつかれた時には、民にはかまわず自分だけスタコラサッサと

逃げています。足手まといになる市民をわざわざ連れ歩いていたのは、

追撃を受けたときに民を煙幕(えんまく)がわりにして自分が逃げるためだったのです。

 

冒頭に述べたようなウェブサイトの論者たちは、ここに至って徐庶の劉備に対する幻想が

完全に崩れ去り、徐庶は劉備を捨てる決意をしたのだと指摘しています。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

要約すると、こういうことですね。

 

◎徐庶が劉備に仕えた理由はたった一つ、その仁徳に惹かれたためである

◎新野の焼き討ちとその後の逃避行で劉備の仁徳が偽りであることが露見した

◎唯一の魅力である仁徳が失われたため、徐庶は劉備を捨てる決意をした

 

三国志演義の劉備は偽善者(ぎぜんしゃ)っぽく見えるなぁとは私も常々思っていたのですが、

中国でも大勢の方が同じように感じておられるらしいと分かって面白かったです。

 

徐庶についてのこの解釈の面白いところは、劉備を偽善者認定することで、

徐庶の一途(いちず)さや高潔(こうけつ)さが際立っていることです。

三国志演義の劉備といえば、他の登場人物を引き立て役にすることで

いつも自分ばっかりいい子ちゃんになっている人というイメージがあったのですが、

たまには自分が汚れて他の人物を引き立てる時もあるんですね。新しい発見でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由

関連記事:【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 袁術と呂布 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!
  2. 廖化 四龍将 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将…
  3. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果が…
  4. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?知るともっと三国志が理解でき…
  5. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3 黒山賊の首領張燕が独立しなかった理由は?
  6. 劉備を警戒する陳羣 若い時の陳羣は何をしていたの?劉備・呂布に仕えていた若き頃の陳羣…
  7. 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  8. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 諸葛恪の栄光と破滅
  2. 高杉晋作
  3. 孔明の罠
  4. 劉備主役
  5. 五斗米道の教祖・張魯
  6. 若い頃の曹操について語る袁準
  7. 趙雲子龍
  8. 鄧艾
  9. 魯粛

おすすめ記事

  1. 姜維の評判はどうなの?正史注釈者や魏志春秋著者や正史著者から見た姜維 姜維の地位を落とす文官
  2. 戦国時代最初の天下人は織田信長ではなかった? 織田信長
  3. タウンゼントハリスはどんな人?善意の仮面をかぶった食わせ者外交官
  4. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌 龐統
  5. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK) 司馬昭と司馬師
  6. 【水滸伝】史進の活躍は最初だけ?108星最初の豪傑の最期も呆気なかった 史進(水滸伝)

三國志雑学

  1. 辮髪(べんぱつ)
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 後継者を決めた劉表
  4. 二刀流の劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操 健康
  2. 黄月英
  3. 九品官人法を作った陳羣
  4. 呂布
  5. 宦官

おすすめ記事

朱儁(しゅしゅん)の名声を利用しようと近づいてくる董卓 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物 司馬遷(しばせん) なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!? キングダム54巻amazon キングダム最新604話ネタバレ予想「リミットは2日李牧は間に合うか?」 関羽に惚れる曹操 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか? 袁紹と曹操 千数百年経っても面白い!?三国時代笑い話 華佗 【笑林】人命度外視の治療と儒学をまなんだ不孝者 おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介 劉禅と孔明 暗君・劉禅も名君になれた?桓公と景公を教育した宰相・晏嬰と管仲のトップ教育法を用いれば三国一のダメ君主も覇者になれた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP