キングダム
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備は三国志で最も残酷な英雄だった?人肉を食べた真相

劉備 呂布 肉取り合い



 

残虐といえば三国志で真っ先に名前があがるのは董卓(とうたく)でしょう。

それに相反するのが義に生きる劉備(りゅうび)です。暴君の董卓、仁君の劉備といった構図ですね。

そんな劉備ですが、実は人肉を食べていたという噂があります。

そんな残酷なことをあの劉備が本当にしていたのでしょうか?その真相を追ってみます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ

関連記事:もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの?

 

 

三国志に記された董卓の残虐ぶり

 

少帝を廃し、献帝を擁立し、洛陽の都を焼き払って長安へ強行遷都した董卓。

酒宴の席では、董卓に逆らう者の手足を切り、眼玉をくり抜き、

舌を引っこ抜いてから大釜で煮たと記されています。

そんな光景を見せられ、多くの官吏が、食事が喉を通らない中で董卓は平然と食事をしていたそうです。

 

「三国志正史」にも「三国志演義」にも同じような描写があることから、

董卓の残虐ぶりは間違いない話です。これで充分ホラー映画を一本作成できる内容です。

 

 

劉備が人肉を食べたのは噂なのか

 

劉備が人肉を食べたという話は三国志ファンには有名です。

ただし、こちらは三国志演義に記されているのであって、三国志正史には記されていません。

つまり脚色の可能性が大だということになります。

 

しかし三国志演義は劉備を主役にした話で、

劉備や諸葛孔明(しょかつこうめい)の義を際立たせる設定になっているはずです。

それなのになぜ三国志演義ではこのようなエピソードが記載されているのでしょうか?

 

吉川英治(よしかわえいじ)先生の小説「三国志」でも作者のコメントとして不快感を表しているほどです。

到底受け入れられるはずのない出来事なのです。これこそが本当の劉備の暗黒面なのでしょうか?

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

妻の肉を狼の肉として提供した劉安

 

この話は、徐州にいた劉備が呂布(りょふ)に追い立てられ、曹操(そうそう)のもとに落ち延びていく最中の出来事です。

劉備は劉安(りゅうあん)という猟師の家に泊まらせてもらうことになりました。

しかし劉備に食べさせる獲物を捕らえることができなかった劉安は、

妻を殺してその肉を狼の肉だと偽って劉備に食べさせます。

劉備は翌日になってその事実に気づき、涙を流して感動するのです。

 

ここでのポイントは2つあります。

ひとつは、「劉備が自ら食べようとして人肉を食べたわけではない」ということ。

もうひとつは「その事実を知って感動し、家臣に加えようとした」ということです。

人肉を食べさせられて感動するとはいったいどういうことなのでしょうか?

 

割股という最高の孝行

 

実は三国志演義が書かれた頃の明の時代には、「割股(かつこ)」という文化がありました。

病気の親に自分の肉を削いで食べさせるというもので、最高の孝行とされていたのです。

この場合、劉安は自分の肉ではなく、妻の肉を提供していますが、

心の痛みは自分の肉を削ぐ以上のことだったことでしょう。

その苦痛を乗り越え、劉安は劉備に誠意を示しました。

 

この行為に対し涙を流して感動し、評価できる劉備こそやはり「義の象徴」なわけです。

劉安は高齢の母の介護があるからと劉備への仕官を断りました。

価値観とすれば、「妻への愛情 < 仁君への忠義 < 親への孝行」という不等式が成り立ちます。

 

明や清の時代にあって、三国志演義は模範とすべき理想の「孝行」や、

「忠義」を民衆に伝える教科書的な役割も果たしていたといえます。

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

つまり劉安のエピソードは、「劉備が残酷な人物である」ということを伝えたかったわけではなく、

逆に「劉備は義を尊ぶ人物である」ということをアピールするねらいがあったことになります。

三国志演義ならではのフィクションです。

 

ちなみにこの風習は日本には定着することはありませんでした。

ですから日本人には理解できない話なのです。それはそれでちょっとホッとしますね。

余談ですが、劉安のもとには後日、金100両が届けられています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察

関連記事:劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?
  2. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世し…
  3. 宦官 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  4. キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる
  5. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当な…
  6. 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  7. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  8. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  2. 胡亥
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 後継者を決めるのに困っている劉表
  5. 真田丸 武田信玄
  6. 三国志 まんがで読破

おすすめ記事

  1. 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!
  2. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介
  3. 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望
  4. 土方歳三最期の日、一体何が起きたの? 新選組の土方歳三
  5. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに曹休を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー
  6. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】

三國志雑学

  1. 関羽に惚れる曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操軍
  2. 親バカな諸葛孔明
  3. 関羽 関索
  4. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  5. 部下をいじめる曹丕

おすすめ記事

皇帝に就任した曹丕 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦 iOS向けゲームアプリ『みんなの三国志@ボーシム研』が配信開始! 簡単操作の本格シミュレーション 曹操の曽祖父曹萌が気前良すぎて逆に怪しすぎる! 文帝(前漢) 前漢の文帝ってどんな人?文景の治と称された皇帝の政治手腕とは? 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10】 張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!? 宋姫 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP