キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介

この記事の所要時間: 327




曹操

 

覇王・曹操(そうそう)も寄る年の波には勝てませんでした。

曹操の死がちらつくころになると、子どもたちの脳裏にふと浮かび上がるのは、

誰が後継者になるのか?という疑問。

 

特に、魏の初代皇帝となった曹丕(そうひ)の周りには、どす黒い暗雲が立ち込めていました。

三国志演義』では、病で曹操の葬儀に参列できなかった曹熊(そうゆう)曹丕が咎め、

曹丕によって罰せられることを恐れた曹熊が自殺したことが記されています。

 

また、『世説新語』には次のような有名な逸話が残されています。

ある時、曹丕は文才ある弟・曹植(そうしょく)に「私が七歩進む間に詩を詠めなければ殺す」と迫った。

すると、曹植は兄弟の不仲を嘆く見事な詩を詠み上げた。

この詩を聴いて曹丕は心を痛めた。

 

このように、血のつながった兄弟にも容赦が無かったことで有名な曹丕ですが、

そんな彼にも親しくしていた兄弟がありました。

その人物こそが、曹操が多くの息子たちの中でも特に愛情を注いでいた曹沖(そうちゅう)でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

関連記事:曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた

心優しい少年・曹沖

曹沖

 

曹沖は優しい心の持ち主で、多くの臣下に心を寄せられていました。

曹操も、その人となりを愛し、自分の後継ぎにはぜひ曹沖を立てたいと考えるほどでした。

そんな曹沖に関する有名なエピソードを紹介しましょう。

 

ある日、曹操が倉に保管していた大切な乗り鞍が鼠に食い破られてしまうという事件が起こります。

鼠に食い破られることは凶兆であるとされていたことも相俟って、曹操は怒髪天。

曹操のただならぬ形相を見た倉番は顔面蒼白。死を覚悟するほどでした。

 

そんな倉番の前に現れたのが心優しい曹沖少年。曹沖は倉番に3日身を潜めるように告げます。

その後、曹沖は身に着けていた服に自ら穴を開け、曹操の前でひどく怯えた様子を見せます。

 

曹操が曹沖の様子を心配してそのわけを尋ねると、

曹沖は

「世間では鼠に衣服を食い破られると良くないことが起こってしまうと言われているとか…」

と泣かんばかり。

 

曹操は「そんなものはくだらない出鱈目だから大丈夫だ」と慰めました。

その後、倉番が曹操の元に現れて自らの罪を打ち明けます。

 

先日曹沖に気にするなと言っていた曹操は、怒り狂っていた自分が馬鹿らしくなり、

「子どもが身に着けているものでさえ鼠に食われるのだから、

ずっと置きっぱなしの乗り鞍が食い破られても仕方がない」と言って許します。

 

心優しい曹沖は、理不尽なことで処罰を受けそうになっていた倉番を何とか助けたいと考えたのですね。

父・曹操の性格をよく知っていた曹沖だからこそできた計略。

また、曹操の曹沖への溺愛ぶりもうかがえ、なんだか微笑ましいですよね。

5歳でアルキメデスの原理を理解

曹操と象

 

また、曹沖に関してはこんなエピソードも残されています。

 

ある日、呉の孫権(そんけん)から象が贈られてきます。

曹操は象の巨体を見て「重さはいかほどのものなのか」と周囲に尋ねました。

しかし、その場にいた者たちは皆閉口してしまいました。

 

その時、曹沖が口を開きます。

「簡単なことです。船を水に浮かべ、象を船に乗せてください。

象が乗ると、船が少し沈むでしょう。

そうして沈んだ船が水面に接しているところに印をつけます。

その後、象を降ろしてやって、先ほどつけた印が水面につくまで船に重しを載せていきます。

その重しの重さをはかって合計すれば、象の重さがわかりますよ。」

と答えました。

 

たった5歳の曹沖が、現代貨物船の重量を図る際にも用いられている

「ドラフトサーベイ」という喫水検査の方法を進言するとは…!

 

曹沖は、物理学でいうところのアルキメデスの原理をわきまえていたのですね。

大人が誰も答えられなかったことを、わずか5歳の曹沖がすらすらと答えたのですから、

曹操の曹沖への期待はますます高まったことでしょう。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

若くして天に召された神童

曹沖が亡くなり悲しむ曹操

 

仁徳がある上に、その聡明さも抜きんでていた曹沖でしたが、

才子多病の言葉通りの少年でした。

曹沖はわずか13歳で病死。

 

 

あまりの才能に、天が愛しすぎて連れて行ってしまったのかもしれませんね。

また、典医であった華佗(かだ)が曹操によって拷問の末に殺されたことを知り、

嘆きのあまり死んでしまったとも言われています。

 

聡明であるあまり、華佗の死が父・曹操の寿命を縮め、

更には世の人々の寿命をも縮めてしまうということを瞬時に悟ってしまったのでしょう。

 

最愛の曹沖を失った曹操は嘆きのあまり、

曹沖と仲が良かった曹丕に「心の中では、ほくそ笑んでいるのだろう」

などと痛烈な言葉を投げつけます。

この言葉に曹丕は何を思ったのか、察するに余りあります。

 

曹丕は後に

もし曹沖が生きていたら、私は魏の皇帝として天下を治められなかった

と述懐しています。

 

もし、曹沖が皇帝になっていたら、『三国志』の結末はどうなっていたのか。

杜牧ではありませんが、『三国志』の「if」を吟じてみるのも、また一興。

曹沖皇帝の幻を追ってみるのも悪くないでしょう。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

関連記事:曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 趙雲ってどんな人?投票ランキング1位の理由
  2. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行…
  3. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  4. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  5. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  6. 【丞相ランキング】三国志で一番すごい丞相はいったい誰なの?
  7. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  8. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介
  3. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった
  4. 中国古典によく出てくる「鼎」って何?
  5. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌
  6. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった! 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう) 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから? 三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい? 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは?

おすすめ記事

  1. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  2. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  3. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  4. 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑馬、短豆を恋う」
  5. 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説
  6. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁
  7. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  8. はじめての三国志 4コマ劇場 その1

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP