ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介

曹操&袁紹花嫁泥棒


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁紹と曹操

 

中国の覇権を巡って争った袁紹(えんしょう)曹操(そうそう)

実は袁紹曹操の二人は青年期親友といってもいい存在でした。

本当に袁紹曹操の仲は親友と呼べるほど仲が良かったのでしょうか。

今回はふたりの関係性についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた!

関連記事:袁紹の評価が残念な6つの理由


名門袁紹と宦官の家に生まれた曹操

袁紹

 

袁紹は多くの優秀な部下と大軍を率いて官渡(かんと)で曹操と一大決戦を行いますが、

大敗北して病死してしまいます。

そんな彼の家系は後漢(ごかん)王朝で四世に渡って三公(さんこう)の位を輩出した家柄で、

袁紹は名門のエリートとして誕生します。

 

袁紹のライバル曹操は父が要職に就いていましたが、

祖父が宦官(かんがん)のチョー偉い人だった事もあり、宦官の家柄と軽蔑されていました。

このように方や名門の家柄、もう一方は卑しい宦官を輩出した家柄。

家柄的には全然違う二人ですが、本当に親友のように仲が良かったのでしょうか。


青年時代は袁紹と曹操の仲は良かった

曹操と袁紹

 

袁紹と曹操の家柄は全然違いましたが、二人の仲は比較的に良くて、

二人で仲良く遊んでいたこともあります。

しかし曹操は超悪ガキだったので、袁紹が曹操にかなり振り回されていたそうです。

例えばある所で結婚式が行われます。

 

結婚式パーティーは大盛り上がりで大盛況でしたが、宴もたけなわになった所で

袁紹が結婚式場へ潜り込んで「花嫁泥棒が入ったぞ!!」と大声で叫びます。

曹操は袁紹が注意を引きつけている間に花嫁を担ぎ出して、

塀を乗り越えて逃亡していきます。

 

袁紹も塀を乗り越えて逃亡しますが、着したところにトゲが落ちていて

運悪く足に突き刺さってしまいます。

袁紹は痛みでうずくまってしまうのでした。

 

そんな所に結婚式場から曹操達を捕らえようと若者達がやって来ます。

曹操は袁紹がうずくまっているので大声で「ここに花嫁泥棒がいるぞ!!」と叫びます。

袁紹は曹操の叫び声にびっくりして痛みを忘れて走りはじめ、何とか逃亡することに成功。

このように二人はとんでもない悪事を働いていますが、

お互いを信頼していないとこんな悪事を働くことなんてできず、

親友同士ならではの悪事と言えるのではないのでしょうか。


同じ官職に就く二人

霊帝

 

その後袁紹と曹操は官職に就き、バラバラになってしまいます。

しかし二人は一緒の官職に就くことになるのです。

二人は大将軍・何進が新設した西園八校尉(せいえんはちこうい)に任命されることに。


  

 

二人の関係はここが転換点となった!?

 

当時朝廷で勢力を持った外戚(がいせき)何進(かしん)()は宦官に殺害されてしまいます。

袁紹は何進と一緒に勧めていた宦官討伐作戦を実行し、宦官を全て殺害していきます。

しかしこの時、宦官と一緒に洛陽から逃亡した皇帝を董卓(とうたく)庇護(ひご)

董卓は皇帝を保護した事で権力を握り、やりたい放題やっていきます。

袁紹と曹操は董卓の政権に協力することを嫌がり、互いに洛陽から逃亡して

自らの故郷へ逃げていくのでした。

曹操

 

この事がきっかけで二人の運命は大きく変化することになるのです。

その後二人は董卓討伐連合軍で再開することになるのですが、

連合軍解散後一緒に協力することをしないで独自の道を突き進んで行くことになります。

そして袁紹と曹操は中国の覇権をかけた戦いを繰り広げる事になるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

董卓政権から逃亡した袁紹と曹操はほとんどその後一緒に協力することなく

別々の道を突き進んでいくことになります。

袁紹は曹操が危機的な状況に陥っても助けること素振りすら見せずに放置プレイしていました。

また曹操もどんなに危機的状況に陥っても袁紹に助けを請わず、

自らの力で苦境を打破してきました。

 

そんな二人ですが、曹操は袁紹に対して優しさを見せています。

曹操は官渡の戦いで袁紹軍を撃破した後、袁紹の領土へ攻撃を仕掛けなかったそうです。

曹操らしい友達を大切にするエピソードをご紹介しました。

 

■参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?

関連記事:曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは?

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

はじめての三国志編集長kawauso日記  


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう
  2. 泣く子も張遼 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)
  3. 赤壁の戦い 曹操 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  4. 姜維の妻や子供は姜維の死後どうなったの?
  5. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  6. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと
  7. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった?
  8. 蜀の劉備 中国雑技団の前身!?三国時代の大道芸

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 洛陽城
  2. 成廉、魏越、呂布
  3. 王基に感謝する司馬昭
  4. 劉備に降伏する劉璋
  5. 小松帯刀
  6. 敗北する桓騎
  7. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  8. 徳川家康

おすすめ記事

  1. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚! 孔明
  2. 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官
  3. 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」
  4. キングダム595話ネタバレ予想「羌瘣修羅場で信と急接近!」
  5. 我ら十常侍!でも、なぜか12人います!その理由とは? 十常侍(宦官)
  6. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキングダムズを楽しむ3つのポイント

三國志雑学

  1. 袁術に助けを求める呂布
  2. 周瑜の魅力
  3. 親バカな諸葛孔明
  4. 韓綜
  5. 呂布


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台
  2. 水時計
  3. 関羽
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 呂不韋
  6. 孔明 東南の風

おすすめ記事

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん) 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】 夏侯淵 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介 五虎大将軍の馬超 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 キングダム キングダム584話ネタバレ予想vol2鄴攻めは覚醒者を集める実験場だった! 呉の孫堅 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親 呂範 呂範とはどんな人?周瑜や呂蒙に匹敵する名将の逸話も紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP