キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった?



司馬懿と墓

 

南京市にある孫権(そんけん)の墓。

そこを訪れると孫権にまつわるエピソードを描いたレリーフが展示されています。

赤壁の戦いにまつわる名場面、覇王・孫権の姿にそこを訪れた人の誰もが息をのむでしょう。

 

しかし、その中に1つ、異彩を放つレリーフが。

いかにもな農民ルックで片手を挙げて人懐こくほほ笑むおじちゃん。

周りにはたくさんの南瓜(かぼちゃ)

そしてそれに「あいや!」と驚く人物…どう見ても張飛(ちょうひ)です。

 

そのレリーフの下の説明文を読むと、

どうやらこのおじちゃん、孫権らしい…!

なんで孫権が南瓜畑に!?

実は、孫権にはこんな逸話が残されているのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

 

孫権、南瓜に出会う

孫権

 

戦争をすると、大抵の国は経済状況が悪くなります

赤壁の戦い以後、例にもれず経済状況が悪化した呉。

そんな呉の財政を立て直すため、孫権はまず農地改革を進めようと考えます。

 

そんな折、孫権は武昌の外れにある水軍の野営地に視察に行きます。

農地改革が念頭にあった孫権の目は自然と畑の方へ。

眼前に広がる緑色の麦の苗、黄色の菜の花、…しかし農民たちが一生懸命育てているのは南瓜

 

何で南瓜!?

孫権が疑問に思うのも当然。この一帯は水に恵まれた土地。

麦や稲を育てるのに苦労することはありません。

それなのに、枯れた土地でも育つ南瓜をわざわざ育てているなんて…。

kawausoと老人

 

その疑問に、農夫は答えます。

「このあたりの土地は南瓜の育成にとても適していて、

南瓜は育てやすいしたくさん実をつけるし、蓄えておくのにもいいのです。

もし飢饉が起こっても、南瓜さえあれば食うに事欠きません。

南瓜は半年で育ちますから。」

「たった半年で!」

これを聞いた孫権は目を輝かせます。

 

 

軍営地から抜け出して畑に走る孫権

孫権

 

孫権は南瓜の育てやすさ、保存性の良さ、生産性の高さを聞いて、

一瞬で戦と結びつけたのでしょう。

南瓜さえ育てられれば、食べ物に困って戦に敗れることはなくなる

 

孫権はすぐに馬から降りて農民に歩み寄り、

どのようにすれば上手に南瓜が育てられるのかを尋ねました。

孫権は帰って兵たちに荒れた土地の開墾をすることを奨励し、

自らも南瓜の栽培に取り組みました。

 

孫権は公務の合間を縫って南瓜の世話をしに行きました。

密かに軍営地から抜け出した孫権は、馬に鞭を打ち南瓜畑へ。

 

先のとがった麦わら帽子をかぶった農民ルックの孫権が、

つやつやとした緑色の南瓜の苗に水や肥料をまいてほほ笑む姿…。

想像するだけでなんだか笑いがこみ上げてきますよね。

 

孫権がたくさんの愛情を注いで作った南瓜は、

すべて皮が薄くて肉厚でおいしく、たくさんの実をつけたのだそうです。

そんなわけで、孫権の南瓜畑があったところは

「瓜圻」と呼ばれるようになったのだとか。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

張飛が孫権を訪ねると…

張飛

 

ある日、蜀の劉備(りゅうび)の義弟・張飛が孫権を訪ねてきます。

しかし、孫権はいませんでした。

どこにいるかを訪ねると、「孫権様は南瓜の世話をしに行っています」との返答。

 

はぁ?あの孫権が南瓜の世話ぁ?

さては俺を門前払いするための口実だな?

何としてでも孫権に会ってやる!

 

そう思った張飛が馬に乗って一条の用水路を下っていくと、南瓜畑が。

張飛が来る人来る人全てに問うても、皆孫権が作っていると答えます

張飛もいよいよ混乱してきました。

 

もうしばらく進むと、南瓜畑の中にたたずむ一人の老農夫を発見。

わらのとがった帽子をかぶり、泥まみれになっています。

孫権

 

はぁ。

きっとあの老農夫が南瓜を作っていたのだろう。

国家の大事も終えていないのに孫権がカボチャなど育てるものか。

それにしても国中の人間を使って俺をたばかるとは…。

怒り狂った張飛ですが、大声を上げるわけにもいかず、

矛でそこらの南瓜を突き刺して八つ当たり。

 

「おーい、そこの三将軍、手を止めてくれ!私の育てた南瓜を傷つけるのをやめてくれ!」

その声にふと顔を上げるとびっくり!

その老農夫こそ、孫権だったのでした

 

この南瓜は私たちのよく知っている南瓜じゃない!?

 

南瓜を愛した孫権。

孫権の墓に展示されているレリーフにも南瓜が刻まれていますが、

実は私たちが今食べている南瓜の原産地は南米。

 

えぇ!南京瓜、略して南瓜でしょ!?

南京といえば孫呉だし!

と思う方も多いと思いますが、

 

私たちがよく知る南瓜が日本に持ち込まれたのは16世紀。

ポルトガル人がカンボジアから持ち込んだものです。

南米大陸が発見されたのはその少し前ですから、

中国で日本よりも早く南瓜が出回っていたとしても、

数十年くらいしかタイムラグがないでしょう。

 

そのように考えると、孫権が育てていた時代の南瓜は、

私たちの知っている南瓜とは違うみたいです。

孫権の育てた南瓜について調べてみるのも面白いかもしれませんね。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?

関連記事:孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介
  2. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  3. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  4. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今…
  5. 黄金ジェット、黄金スペースシャトル 【黄金ジェットの謎】南アメリカ最大の謎・黄金スペースシャトルに迫…
  6. 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?
  7. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  8. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 阿部正弘には子孫がいるの?子孫もイケメン?
  2. 篤姫の髪型について徹底紹介!少女期から晩年まで
  3. 橋本左内ゆかりの福井県をナビゲート
  4. 中国人の質問!三国志で好きな人物を聞かれた時に気をつける事 三国志ライター よかミカンさん
  5. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル
  6. 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何? 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい) 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官 はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの? キングダム584話最新ネタバレ「数十騎」レビュー記事 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話

おすすめ記事

  1. 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長?
  2. よかミカンって、何者?
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介
  4. 月刊はじめての三国志2019年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家
  5. 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯
  6. 【10月の見どころ】10/19〜27 公開予定:三顧の礼特集
  7. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州(よしゅう)編
  8. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP