よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー

この記事の所要時間: 36

 




 

大人気春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごく)漫画キングダム、前回は舞台を橑陽(りょうよう)に移し

壁&メラ族の連合軍が犬戎族(けんじゅうぞく)の三首領の一人、ブネンの精鋭部隊の前に足止めされ

さらに、味方もろとも強弓でメラ族を殲滅(せんめつ)しようとするブネンの卑劣な姦計(かんけい)

大ピンチに陥る所で終りました。

さて、ここからどうなるのか?ネタバレレビューを開始しましょう。

 

※この記事はキングダム563話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:【キングダム562話】壁ブネンと激突!「恐将」ネタバレ&レビュー

関連記事:【犬戎族編は迷走?】キングダムファンが言えない黒歴史を解説

 

 

キングダム563話ネタバレ&レビュー 恐怖による支配

 

メラ族の副族長のキタリは、ブネンの一斉射撃から逃れようとします。

ところがジリ兵団は、そんなキタリに(すが)りつくように群がり邪魔をしました。

しかし、それはジリ兵団が精強だからではないようです。

 

彼らも死が恐ろしいらしく、歯をガチガチ鳴らしているのです。

一体どうして、そうまでして犬戎族はブネンに服従するのでしょうか?

 

その戦場の様子を、舜水樹(しゅんすいじゅ)が少し離れた場所から見ていました。

趙兵は、味方もろともメラ族を殲滅しようとする犬戎族の勇猛さを讃えますが

舜水樹は、それは犬戎族が勇猛だからではないと切り捨てます。

 

舜水樹「あれは、勇猛ではない

犬戎の兵達は皆、家族を人質にとられて戦っている

手柄を挙げれば報奨(ほうしょう)をもらえるが、上の命令に逆らえば

そいつの一族は皆殺しにされる

犬戎族の世界は未だに恐怖政治の世界が続いているのだ」

 

「だから、こんな理不尽がまかり通る」

 

特に、ブネンの軍では、その傾向が顕著(けんちょ)で逆らわないまでも、

少しでも不満気な顔をするだけで人質の子供は殺されると言います。

実は、犬戎族の勇猛さは、家族を人質に取られて一切逆らう事が出来ない

絶対服従の中で生み出された悲しい勇猛さでした。

 

だから、ブネンの戦場で万が一の事態は起こらない

そう促されて、舜水樹は本陣に帰っていきます。

 

 

キングダム563話ネタバレ&レビュー 壁がキタリを救う

 

斬られても、斬られても、キタリに縋りつき逃がすまいとする犬戎兵に

気が短いキタリも「しつこいぞ犬っコロども」と弱音を吐きます。

 

「この矢の嵐は貴様たちが一人残らず動かなくなるまで止まぬし

今に騎馬隊も投入される・・・」

 

死にかけの犬戎兵が言った直後、キタリの眼前に犬戎族の騎馬隊が突撃します。

観念して目を閉じるキタリ、しかし、そこに(へき)が馬で体当たりしました。

 

キタリ「バカ、何デキタ!オマエラは逃ゲロ」

 

壁「キタリ殿達を置いて逃げられるわけがないだろうが

先に助けてくれたのはキタリ殿達だ

何度も何度も、我々は助けてもらってばかりで

今度は我々が体を張ってキタリ殿達だけでも!!」

 

しかし、その瞬間、壁も弓矢に倒れます。

 

メラ族「ダメだキタリ、この敵と矢の中から脱出できん

壁将軍が助けにきてくれたが、それ以上に敵が入ってきて意味が無かった

弓兵も増えてる」

 

メラ族兵も諦めたように言いますが、キタリは顔を上げました。

 

キタリ「いや、意味がない筈がない、、これだけこの場に敵の意識が集中した今を

不意にする筈がない、我らが族王、メラ族王カタリが」

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

キングダム563話ネタバレ&レビュー 族王カタリ戦死・・

 

その時、ブネンと犬戎族の意識がキタリの戦場に集中した一瞬をついて

メラ族王、カタリが敵陣を突破してきました。

目前には、ブネンの姿があります。

 

最初にジリ兵団のボス、ジリが挑みかかりますが、

山界でも楊端和(ようたんわ)かバジオウしか互角に戦えないというカタリの剣に

一撃で倒されます。

 

ところが、負けたジリは最後の力を振り絞り、カタリにしがみつきます。

そこに、ブネンの二騎兵が襲いかかります。

カタリは、この二人も瞬殺しますが、二人はまたしてもカタリにしがみつきます。

 

身動きが取れなくなった所でブネンの大剣が部下の背中ごとカタリを刺し貫きました。

見る限り、剣はカタリの体を貫いているようですが、

もしや、ここでカタリは戦死するのでしょうか? 以下次号・・

 

キングダム564話ネタバレ

 

キングダム564話では、残念ながらカタリの死が確定しました。

肉親の死に逆上したキタリは単騎でブネンを斬ろうとしますが犬戎族の攻撃に阻まれて倒れ

それを壁が救い、コーディン(退却)を命じて意気消沈するメラ族を退却させます。

その頃、犬戎三将軍の末弟のトアクはフィゴ王によって殺害されますが、

それは、味方を半分殺してしまう程の強引な勝利でした。

詳しい情報は↓で読めます。

 

キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー

 

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

しかし気になるのは、カタリの事です。

見る限りは、ジリ、犬戎騎兵2人に抑え込まれ、

腹部に大剣を貫かれたように見えました。

ここで死ぬとすれば、妹のカタリの怒りはすさまじいでしょうね。

それだと、ブネンの死も間もないと思います。

 

次回記事:キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム予想】龐煖久しぶりの登場はレクイエムの序章?

関連記事:キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー

 

キングダム563話のYoutube ネタバレレビュー動画

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【キングダムネタバレ予想】フィゴ王ダントがロゾを瞬殺する?!
  2. キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ…
  3. キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される!
  4. キングダム578話最新ネタバレ予想vol2朱海平原の戦いはフェイ…
  5. キングダム580話最新ネタバレ予想vol2鄴攻めは尻切れトンボ?…
  6. キングダム最新566話「楊端和無双」ネタバレ&レビュー…
  7. キングダム583話ネタバレ予想登場した王翦はホンモノではない?
  8. キングダム ネタバレ予想534話 日没まで

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗む」の見どころ紹介
  2. 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王 呉の小覇王・孫策
  3. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介
  4. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 馬超と羊
  5. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  6. 魯粛と関羽の一騎打ちの行方は?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕? あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの? 超爽快シミュレーションRPG「三国志CROSS」の後半イベント『帝ちんの宝貝ザクザク祭』がスタート 孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた! 三国天武とはどんなアプリゲーム? 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い

おすすめ記事

  1. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生
  2. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?
  3. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?
  4. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  5. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  6. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話 呉の孫堅
  7. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  8. 島津斉彬はルイヴィトンを愛用した最初の日本人?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP