呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢

王莽




堯帝Wikipedia

(画像:堯帝Wikipedia)

 

遠い遠い昔、

中国には(ぎょう)という名の天子がありました。

 

彼には息子がありましたが、

思うところがあって、

臣下に次期君主にふさわしい人を推薦させました。

 

そこで挙げられたのが(しゅん)

 

舜は生まれこそ良くないものの、

生まれ持った性質の良さで

家族を悪の道に堕落させないように導いている

徳の高い人でした。

 

彼に興味を持った堯は、

自分の娘2人を彼に嫁がせた上、

数年政を任せます。

 

舜は民を慈しみ、

見事な政を行いました。

 

これに満足した堯は

舜を後継者に選んだのでした。

 

これが、世に言う「禅譲(ぜんじょう)」というものです。

 

四書にも数えられる『孟子(もうし)』では、

その堯舜の禅譲の素晴らしさが説かれています。

 

ところが、それを好き勝手に解釈する輩が現れたのです…。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?

 

 

外戚でありながら貧乏だった王莽

王莽

 

前漢第11代皇帝・成帝(せいてい)には、

王莽(おうもう)という従弟がいました。

 

王莽は成帝の母方の親族。

すなわち、成帝の外戚(がいせき)に当たりました。

 

しかし、王莽は外戚ではありましたが、

貧しい生活を送る少年でした。

 

彼が他の外戚のように

豪華絢爛(ごうかけんらん)な暮らしを送ることができなかったのは、

彼の父親や兄が諸侯に封じられることなく

早くに亡くなってしまったためと言われています。

 

そんな不幸な外戚・王莽少年は、

自分の身の上を嘆いてグレるようなこともなく、

むしろ夫に先立たれた哀れな母と兄嫁を大切にし、

質素倹約につとめながら勉学にも励む苦学生でした。

 

 

長年の努力が実を結ぶ

 

良い年になっても

うだつが上がらない王莽でしたが、

人に尽くす恭しさは相変わらずでした。

 

伯父である王鳳(おうほう)が病に()した際にも、

王莽は熱心に看病を続けました。

 

王鳳は王莽の看病に大変感激し、

また、これほど恭倹(きょうけん)でありながら

見出されない不遇さを憐れみ、

成帝に王莽に便宜を図るよう口添えします。

 

これにより、

王莽はとんとん拍子に出世していったのでした。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

天にも復帰を求められた!?

 

そんな王莽にもライバルと言える人物がありました。

王莽と同じように王鳳を熱心に見舞ったことによって

王鳳の信頼を得た淳于長(じゅんうちょう)という男でした。

 

彼は王莽と同じく皇帝の外戚でしたが、

倹約家である王莽とは正反対とも言える性格の持ち主で、

妻や妾を数多くはべらせ、

贅沢三昧の暮らしをしていました。

 

そんな淳于長は成帝に廃されていた許皇后から賄賂を受け取り、

許皇后を再び後宮に返り咲かせるよう画策します。

 

ちょうどその頃、

淳于長は大司馬・王根(おうこん)にも一目置かれており、

次期大司馬(だいしば)は淳于長だと人々に囁かれていました。

 

ところが、王莽が2人の企みを嗅ぎ付けます。

 

王莽はこれをすぐさま王根と皇太后・王政君に報告。

2人は激しく怒り、淳于長は官位を剥奪(はくだつ)されてしまいます。

うまくライバルを蹴落とした王莽は、

見事大司馬の位に収まったのでした。

 

しかし、その喜びもつかの間、

今度は哀帝(あいてい)の祖母及び母と対立。

王莽は大司馬の位を剥奪されてしまいます。

 

ところが、王莽を中央に呼び戻すべきだとの声が上がります。

 

王莽復帰のラブコールが宮中で響く中、

なんと今度は日食で太陽までもが隠れる騒ぎに。

 

これに驚いた朝廷は王莽を中央に呼び戻したのでした。

 

仮皇帝を名乗る

董賢

 

哀帝は美青年・董賢(とうけん)に愛を傾けていました。

その溺愛ぶりは弱冠の董賢に大司馬の位まで授けてしまうほど。

そんな哀帝は董賢に禅譲すると言って

璽綬(じじゅ)を董賢に託して崩御(ほうぎょ)

 

ところが、そんなことが許されるはずもなく、

璽綬はあっけなく王莽の従兄弟である王閎(おうこう)に奪還されます。

 

王莽はこれに乗じて平帝(へいてい)を擁立し、

自らも再び大司馬の位につきます。

 

彼はその頃、儒家の経書と

経書をスピリチュアルに解釈した緯書を駆使して

人々の心を鷲掴みにしていました。

 

邪魔者は何だかんだと理由をつけて

自殺させたり遠ざけたりして

さらに力を蓄えた王莽は、

自分の娘を平帝の皇后に立てます。

 

その後、病弱な平帝が夭逝したことを好機とし

摂政として皇帝の政を代行。

自ら仮皇帝を名乗ったのでした。

 

ついに天命を授かる!?

ジャイアン風王莽

 

王莽は「仮」ではなく「真」の皇帝になりたいと考えます。

 

そして、自分の正統性を裏付けるために

経典に都合のいい解釈をつけ始めたのです。

 

ところが、そんな無茶苦茶な彼を後押しするかのように、

王莽が皇帝になることを予言する符讖が現れます。

 

これ幸いと王莽は

自らが天命によって禅譲を受けたとし、

皇帝を名乗って新を建国したのでした。

 

三日天下とは言わないまでも…

失脚する王莽

 

儒学の祖・孔子は周王朝の善政を理想としていました。

王莽はそれにならって周代の政を行おうと息巻きます。

 

ところが、経書を都合良く解釈していた王莽には

儒教の真髄を見出すことはできておらず、

時代錯誤な政策を打ち立ててはことごとく失敗。

 

結局、「漢が良かった!」と

眉毛を漢王朝のトレードカラーである赤に染めた民衆たちが蜂起。

赤眉軍

 

都・長安に反乱軍が攻め入り、

王莽は無惨に殺されてしまいます。

 

新王朝はわずか1代、

15年でその幕を降ろしたのでした。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物

関連記事:呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 孔明 耳で聞いて覚える三国志 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  2. 関興と張苞 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集
  3. 楊奉 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた…
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  5. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)…
  6. 曹操 健康 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  7. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…
  8. 【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  2. キングダムの政

おすすめ記事

  1. 孫権はどうして同盟者・関羽を攻撃したの? 関羽に無視される孫権
  2. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  3. 【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!! 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  4. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3 曹操女性の敵3
  5. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫 はじめての三国志 画像準備中
  6. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック

三國志雑学

  1. 蜀の劉備
  2. 曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末刀剣マニアの坂本龍馬
  2. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

おすすめ記事

上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 玉磁と孫堅 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽 【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP