キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた

魯粛




魯粛

 

周瑜(しゅうゆ)の親友で孫呉の二代目大都督(だいととく)魯粛(ろしゅく)

そして魯粛周瑜の君主として孫呉をまとめていた孫権(そんけん)

そして魯粛孫権(あおら)らなければ三国志の時代に起きた戦いの中でも一番重要な

戦い赤壁の戦いは起きなかったでしょう。

どうして魯粛が孫権を煽らなけらば赤壁の戦いが起きなかったのか紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?

関連記事:レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話

 

 

どうして魯粛が孫権を煽らなければ、赤壁の戦いは起きなかったのか。

曹操

 

赤壁の戦いが起きた理由は魯粛が孫権を煽ったからと上記で紹介しましたが、

どうして魯粛が孫権を煽らなければならなかったのでしょうか。

そもそも赤壁の戦いは周瑜が孫呉の反戦論を抑えて、

曹操と戦う主戦派を会議の主流にしたことがきっかけで

孫権が曹操と戦う決意をしたのも赤壁の戦いが起きた理由の一つと言えるでしょう。。

 

しかし周瑜が反戦論を抑え主戦派を主流にして孫権を決断させたのは

赤壁の戦いが起きた理由の一つに過ぎません。

では孫権が赤壁の戦いをしようとした理由は他に何かあるのでしょうか。

 

それは今回のテーマである魯粛が孫権を煽ったことで

孫権が曹操と戦う決意をすることになったきっかけと言えると考えられます。

でもその前に孫権が決断することになった経緯を紹介していきましょう。

 

 

曹操の大軍が荊州をやって来た!!

劉備を追う曹操

 

曹操は袁紹(えんしょう)を倒し、河北全域を手に入れることに成功すると大軍を率いて荊州へ。

魯粛は曹操が大軍を率いて荊州へやってきたことを知ると孫権へ

劉表(りゅうひょう)の息子達と同盟を結べるのかどうか探ってきたいと思いますので、

弔問(ちょうもん)の使者として私を荊州へ行かせてください」と進言。

孫権は魯粛の進言を採用して荊州へ行かせることにします。

 

こうして魯粛は荊州へ急いで向かいますが、

彼が荊州に入った所で荊州はすでに曹操に降伏している事を知ります。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

目標を変更

孫権と劉備を引き合わせる魯粛

 

魯粛はすでに荊州が曹操に降伏している事を知ると、どうすればいいか考えます。

その結果、魯粛は劉表の元に身を寄せていながら、荊州の降伏に反対した劉備(りゅうび)を思い出します。

そして魯粛は劉備がどこにいるのかを調べさせた結果、当陽にいるとの知らせが入ります。

魯粛は直ぐに当陽へ向かい劉備と会見することに決めます。

 

劉備と同盟することに決めた魯粛

劉備と同盟することに決めた魯粛

 

魯粛は当陽で劉備率いる軍勢を発見すると直ぐに劉備へ会見を申込みます。

劉備は快諾し魯粛と会見することに。

魯粛は劉備と会見すると

「孫権と一緒に力を合わせて曹操と戦おうではありませんか。」と孫呉と同盟するように提案。

劉備は魯粛の提案を快諾し、夏口に到着すると孫呉の使者として

諸葛孔明を魯粛につけて送り出すのでした。

 

迷う孫権を煽る魯粛!!

孫権

 

孫権は魯粛が連れてきた諸葛孔明(しょかつこうめい)と会見し色々とアドバイスを受けることに。

孫権は孔明との会見を終えると武将や文官を呼んで会議を開き、

曹操と対決するのか否かの話し合いを行います。

この時武将や文官は「曹操に降伏するのが良い」との意見を出します。

 

孫権はこれらの意見を聞いて迷ってしまい決断できずに

便所に行って少し気分転換をすることに。

魯粛は孫権の跡をついて行って、孫権が便所から出てくるところを見計らって一言述べます。

魯粛は孫権へ

「曹操は強敵と言えるでしょう。袁紹の勢力を吸収したばかりで兵は精鋭であり、

士気も高くそのままの勢いで来れば孫呉など一撃で敗北してしまうかもしれません。

そこで殿にはご家族を鄴へ家族を送れば今後の生活は安泰となるでしょう。」と意見を述べます。

 

すると孫権は激怒し魯粛をぶった斬ろうと剣を抜くと魯粛が

「曹操に降伏したくないと考えるのであれば、

私を斬り殺すよりも先に劉備へ兵力を送ってあげるべきではないのでしょうか」と反論。

 

孫権は魯粛の意見を聞いて納得し、

会議の席で曹操に抵抗することを発表することになるのでした。

こうして魯粛が孫権を煽ったおかげで赤壁の戦いが勃発することになるのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もし魯粛が孫権を煽らなければどうなっていたのでしょうか。

ちょっと妄想してみましょう。

孫権は武将や文官の意見が「曹操に降伏すること」を進言。

しかし周瑜や魯粛、諸葛孔明は曹操と戦うべしと進言してきます。

 

孫権は魯粛達の意見を採用したいと思っているでしょうが、

反戦論が圧倒的であり、この大多数の意見を採用してしまうかもしれません。

または迷いに迷い戦をすることに最終的は決めますが作戦を練っている時間が少なく

曹操軍に蹴散らされてしまうかもしれません。

 

ここまではレンの妄想ですが、どちらにしても孫権が迷って

いるままではいい事は何一つとしてありません。

レンのように妄想を膨らませるのであれば、魯粛が孫権に発破をかけた事で

曹操と戦うことの決意をズバット決断することなった要因の一つと

考えることができるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志呉書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

関連記事:【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黒田官兵衛 諸葛亮は黒田官兵衛より内政が優れている!異論は認めないよ?
  2. 張翼 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の…
  3. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  4. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  5. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  6. 魯粛と関羽の一騎打ちの行方は?
  7. 関羽が好きすぎる曹操 関羽がもらった爵位「漢寿亭侯」の深イイ話
  8. 孔子と儒教 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黒船(ミシシッピ号)
  2. 陸遜
  3. 北伐する孔明
  4. 合肥の戦いの満寵
  5. 公孫サン(公孫瓚)
  6. 司馬懿と魏延
  7. 孫晧(孫皓)

おすすめ記事

  1. 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?
  2. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 空を飛ぶスーパーマン袁術
  3. 井上馨の汚職事件から考える日本の政治とカネ! まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は… 孫晧(孫皓)
  5. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操 一人で逃げる曹操
  6. 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道) 赤壁の戦いで敗北する曹操

三國志雑学

  1. 魏延の謀反を察する孫権
  2. 曹丕を生む卞夫人と曹操
  3. 黄月英
  4. 城 銅雀台
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志大学を目指す曹操
  2. 貂蝉を奪い合う董卓と呂布
  3. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  4. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  5. 韓信vs孔明
  6. 曹仁
  7. はじめての三国志 画像準備中
  8. 司馬懿

おすすめ記事

苦肉の策(笑) 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何? 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう) 漢女って何?身体は女、心は漢?たまにネットの海で見かける漢女 kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」 三国テンカトリガーとはどんなアプリゲーム? 曹操は関羽をGET 39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250 ログイン時の画像認証導入のお知らせ はじめての三国志編集長 kawauso 【10月の見どころ】10/12公開予定:【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP