ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?

空箱を受け取る荀彧


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

空箱を貰い戸惑う荀彧

 

曹操(そうそう)から「我が子房(しぼう)」と言われるほど頼りにされた荀彧(じゅんいく)

荀彧曹操の期待通りに軍事や政治などに力を発揮。

更に荀彧が推挙してきた人材は全て一流の人物で、

ほとんどが大臣等の重役になり、魏の国に大きく貢献します。

 

そんな荀彧ですが、曹操から空箱をプレゼントされます。

そして荀彧は曹操から空箱をプレゼントされた後に亡くなってしまいます。

一体荀彧はこの空箱から何を見出したのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!


荀彧の思いとは

光武帝を解説する荀彧

 

そもそも荀彧はどのような思いを持って曹操へ仕えたのか。

正史三国志によると荀彧は後漢王朝を復興させるような言論を多く曹操へ進言しています。

例えば赤壁(せきへき)の戦いの後、董昭(とうしょう)らが曹操を公の位にするべきじゃないかと考え、荀彧へ相談。

 

荀彧は董昭の意見を聞いて

「曹操は朝廷を守るために今まで戦ってきたのだ。

だから公の位に押し上げるような事をするのはよくない」と反対意見を述べます。

荀彧

 

荀彧のこの意見を考えると彼が後漢王朝を復興するため、

もしくは荀彧が曹操の配下となって彼の勢力を育て、

漢王朝を守護させる思惑があったと言えるのではないでしょうか。

 

もし荀彧が後漢王朝の復興もしくは曹操の勢力を用いて、

後漢王朝の強力な守護者にする思惑がなかったら、このような事を言わないはずです。

また正史三国志の作者・陳寿(ちんじゅ)は荀彧が志を全うできなかったと評価しており、

荀彧の志とはなんぞやと考えると上記で述べた、

後漢王朝を復興させる等が志と言えるのではないのでしょうか。


曹操の考えとは

献帝に提案する曹操

 

荀彧は上記で後漢王朝の復興等を志していた紹介しましたが、

曹操は後漢王朝をどのように考えていたのでしょうか。

曹操自身の気持ちとしては後漢王朝の一家臣であろうと考えていたはずです。

夏侯惇

 

例えば曹操が執筆した述志(じゅつし)の令で

後漢王朝に取って変わろうと考えていない事が述べられています。

また「魏氏春秋(ぎししんじゅう)」では夏侯惇(かこうとん)が曹操へ「帝になればいいじゃん」と意見。

曹操

 

曹操はこの意見に対して

「俺は周の文王(ぶんおう)(殷王朝最大勢力を持っていたにも関わらず、

殷王朝に取って変わることなく忠義を尽くした人)になるんだ」と言っています。

これらのように曹操は後漢王朝に取って代わるつもりはないと推測することができるでしょう。

しかしこれらの事を繋ぎ合わせて、曹操が荀彧と同じ考え方だったと思うのは間違えです。

 

曹操は荀彧と違って後漢王朝を守り続けるつもりはなく、

息子達が後漢王朝を守るよう等と遺言で示していません。

更に曹操が良く言ってる「周の文王」ですが、

周の文王が亡くなった後、息子が殷王朝を倒して新しい王朝を作っています。

曹丕

 

これらの事を考えると曹操は「後漢王朝を自分の代で滅亡させるつもりはないけど、

後漢王朝を今後ずっと守り続ける事もしない」と推測できるのではないのでしょうか。

荀彧と曹操の意見が出揃った所で今回のポイントである荀彧と空箱のお話をしましょう。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

曹操からプレゼントをもらう

荀彧

 

曹操は孫権を討伐するため南方へ向けて出陣します。

この時曹操は軍を慰労するため後漢王朝へ荀彧を派遣してくれるようにお願いします。

後漢王朝は曹操のお願いを受け入れて、皇帝から派遣された証を荀彧に持たせて曹操の元へ派遣。

荀彧は寿春(じゅしゅん)に到着した時、濡須(じゅす)へいる曹操からプレゼントが送られてきます。

 

荀彧毒を飲んで亡くなる

荀彧

 

荀彧は曹操から送られてきた箱の中身を見てみると中は空っぽでした。

荀彧は曹操から空箱が送られてきたのか分かりませんでしたが、

直ぐに何事かを感じて機密文書の処分を済ませると

毒を飲んで亡くなってしまうのでした。


どうして荀彧は空箱を見た後に自殺したのか?それは・・・・

毒

 

荀彧はどうして空箱を見た後に亡くなったのでしょうか。

有力な説は荀彧が曹操から空箱を送られた事で、曹操から用済みだと宣言されたと考え、

自殺をしたのだと言われています。

 

しかし本当にそうなのでしょうか。

曹操は荀彧を褒めちぎっています。

例えば、彼が推挙した人物が全て優秀であった事から

「荀彧や荀攸(じゅんゆう)が推挙した人物は全て信頼に値する。

私は死ぬまでこの事を忘れない」と言っており、

これだけ褒めちぎっている人物に用済みだと言い渡すような事をするでしょうか。

このことからこの空箱には違う意味があるように思えます。

では一体何なのか。

レンの推測は病死説+憂い説です。

 

空箱には特に意味がなかった!?

亡くなった荀彧

 

荀彧は寿春に着いたとき病にかかり、寿春で病を癒すために養生していたそうです。

そこに曹操から荀彧の元へ空箱が送られてきます。

荀彧は空箱を曹操から送られてきたかなり焦ったと思います。

荀彧は曹操の意図を読みまくっても曹操の意図が分からず、

最後は悩み、憂いて亡くなってしまったとレンは考えます。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操はどのような意図を持って荀彧へ空箱を送ったのでしょうか。

レンは曹操が荀彧へ空箱を送った意図として、

仕事がないからゆっくり寿春で病を治せとの考えを伝えたかったのではないのかなと思います。

曹操の初期の頃からの家臣で苦労を共にしている荀彧だからこそ、

いたわってやりたいとの気持ちで送ったのであれば、

曹操の悪役イメージを払拭できるのですが、いかがでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 騙し合う呂布と袁術 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!
  2. 三国志の計略と孔明 諸葛亮が発明した三国志のミリ飯「博望鍋盔」を実食!
  3. 呂布に暗殺される董卓 これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果?…
  4. 楽進 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~
  5. 李典 魏軍を何度も危機から救った最高のフォロワー李典
  6. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!!
  7. レッドクリフ レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!…
  8. 承諾する曹操 【三国志入門者向け】三国志の魏・呉・蜀を建国した君主っていったい…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と劉備
  2. 合肥の戦いの満寵
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. ヘソにろうそくを刺される董卓
  5. 羅憲
  6. 孔子と儒教
  7. キングダム54巻amazon
  8. 曹仁
  9. リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】
  2. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する  張松
  3. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介 呉の孫堅
  4. 【告知】7月23日から夏の公孫瓚スペシャルを6日ぶち抜きで掲載するよ 公孫サン(公孫瓚)
  5. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん) 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  6. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す

三國志雑学

  1. 関羽が好きすぎる曹操
  2. 夏侯覇
  3. 司馬懿と公孫淵
  4. 曹操と機密保持
  5. 三国志の地図(州)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 諸葛一族
  3. 船冒険する諸葛直 船
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 結婚を喜ぶ孫策

おすすめ記事

奮闘する黄蓋 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 幕末にサソリ固め!来島又兵衛の壮絶なアラフィフ人生 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10】 五虎大将軍の関羽 樊城の戦いから関羽の凄さを知る!史実でも関羽は凄かった 撃剣を使う曹丕 もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった? 幕末 大砲発射 【徳川家康は大砲マニア】難攻不落の大阪城は大砲で落ちたって本当? 松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者 ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP