荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

空箱を貰い戸惑う荀彧

 

曹操(そうそう)から「我が子房(しぼう)」と言われるほど頼りにされた荀彧(じゅんいく)

荀彧は曹操の期待通りに軍事や政治などに力を発揮。

更に荀彧が推挙してきた人材は全て一流の人物で、

ほとんどが大臣等の重役になり、魏の国に大きく貢献します。

 

そんな荀彧ですが、曹操から空箱をプレゼントされます。

そして荀彧は曹操から空箱をプレゼントされた後に亡くなってしまいます。

一体荀彧はこの空箱から何を見出したのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!


荀彧の思いとは

光武帝を解説する荀彧

 

そもそも荀彧はどのような思いを持って曹操へ仕えたのか。

正史三国志によると荀彧は後漢王朝を復興させるような言論を多く曹操へ進言しています。

例えば赤壁(せきへき)の戦いの後、董昭(とうしょう)らが曹操を公の位にするべきじゃないかと考え、荀彧へ相談。

 

荀彧は董昭の意見を聞いて

「曹操は朝廷を守るために今まで戦ってきたのだ。

だから公の位に押し上げるような事をするのはよくない」と反対意見を述べます。

荀彧

 

荀彧のこの意見を考えると彼が後漢王朝を復興するため、

もしくは荀彧が曹操の配下となって彼の勢力を育て、

後漢王朝を守護させる思惑があったと言えるのではないでしょうか。

 

もし荀彧が後漢王朝の復興もしくは曹操の勢力を用いて、

後漢王朝の強力な守護者にする思惑がなかったら、このような事を言わないはずです。

また正史三国志の作者・陳寿(ちんじゅ)は荀彧が志を全うできなかったと評価しており、

荀彧の志とはなんぞやと考えると上記で述べた、

後漢王朝を復興させる等が志と言えるのではないのでしょうか。


曹操の考えとは

献帝に提案する曹操

 

荀彧は上記で後漢王朝の復興等を志していた紹介しましたが、

曹操は後漢王朝をどのように考えていたのでしょうか。

曹操自身の気持ちとしては後漢王朝の一家臣であろうと考えていたはずです。

夏侯惇

 

例えば曹操が執筆した述志(じゅつし)の令で

後漢王朝に取って変わろうと考えていない事が述べられています。

また「魏氏春秋(ぎししんじゅう)」では夏侯惇(かこうとん)が曹操へ「帝になればいいじゃん」と意見。

曹操

 

曹操はこの意見に対して

「俺は周の文王(ぶんおう)(殷王朝最大勢力を持っていたにも関わらず、

殷王朝に取って変わることなく忠義を尽くした人)になるんだ」と言っています。

これらのように曹操は後漢王朝に取って代わるつもりはないと推測することができるでしょう。

しかしこれらの事を繋ぎ合わせて、曹操が荀彧と同じ考え方だったと思うのは間違えです。

 

曹操は荀彧と違って後漢王朝を守り続けるつもりはなく、

息子達が後漢王朝を守るよう等と遺言で示していません。

更に曹操が良く言ってる「周の文王」ですが、

周の文王が亡くなった後、息子が殷王朝を倒して新しい王朝を作っています。

曹丕

 

これらの事を考えると曹操は「後漢王朝を自分の代で滅亡させるつもりはないけど、

後漢王朝を今後ずっと守り続ける事もしない」と推測できるのではないのでしょうか。

荀彧と曹操の意見が出揃った所で今回のポイントである荀彧と空箱のお話をしましょう。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

曹操からプレゼントをもらう

荀彧

 

曹操は孫権を討伐するため南方へ向けて出陣します。

この時曹操は軍を慰労するため後漢王朝へ荀彧を派遣してくれるようにお願いします。

後漢王朝は曹操のお願いを受け入れて、皇帝から派遣された証を荀彧に持たせて曹操の元へ派遣。

荀彧は寿春(じゅしゅん)に到着した時、濡須(じゅす)へいる曹操からプレゼントが送られてきます。

 

荀彧毒を飲んで亡くなる

荀彧

 

荀彧は曹操から送られてきた箱の中身を見てみると中は空っぽでした。

荀彧は曹操から空箱が送られてきたのか分かりませんでしたが、

直ぐに何事かを感じて機密文書の処分を済ませると

毒を飲んで亡くなってしまうのでした。


どうして荀彧は空箱を見た後に自殺したのか?それは・・・・

毒

 

荀彧はどうして空箱を見た後に亡くなったのでしょうか。

有力な説は荀彧が曹操から空箱を送られた事で、曹操から用済みだと宣言されたと考え、

自殺をしたのだと言われています。

 

しかし本当にそうなのでしょうか。

曹操は荀彧を褒めちぎっています。

例えば、彼が推挙した人物が全て優秀であった事から

「荀彧や荀攸(じゅんゆう)が推挙した人物は全て信頼に値する。

私は死ぬまでこの事を忘れない」と言っており、

これだけ褒めちぎっている人物に用済みだと言い渡すような事をするでしょうか。

このことからこの空箱には違う意味があるように思えます。

では一体何なのか。

レンの推測は病死説+憂い説です。

 

空箱には特に意味がなかった!?

亡くなった荀彧

 

荀彧は寿春に着いたとき病にかかり、寿春で病を癒すために養生していたそうです。

そこに曹操から荀彧の元へ空箱が送られてきます。

荀彧は空箱を曹操から送られてきたかなり焦ったと思います。

荀彧は曹操の意図を読みまくっても曹操の意図が分からず、

最後は悩み、憂いて亡くなってしまったとレンは考えます。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操はどのような意図を持って荀彧へ空箱を送ったのでしょうか。

レンは曹操が荀彧へ空箱を送った意図として、

仕事がないからゆっくり寿春で病を治せとの考えを伝えたかったのではないのかなと思います。

曹操の初期の頃からの家臣で苦労を共にしている荀彧だからこそ、

いたわってやりたいとの気持ちで送ったのであれば、

曹操の悪役イメージを払拭できるのですが、いかがでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り


 

関連記事

  1. 北伐を結構する孔明
  2. 劉備
  3. 華雄と呂布
  4. 胡車児(暗殺者)
  5. 李儒

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP