呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

当サイトからのお知らせ

「見てる媒体」から「見たい媒体」へ脱皮宣言!はじ三公孫瓚特集

はじめての三国志編集長 kawauso




 

全国42万人のはじめての三国志の読者の皆様、こんばんは

はじめての三国志編集長kawausoです。

7月より、はじめての三国志は変わります。

見てる媒体(ばいたい)から見たい媒体へ、その大いなる挑戦の第一弾は

6日連続でお送りする公孫瓚(こうそんさん)特集です。

 

【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック

 

 

はじめての三国志は見たいメディアに脱皮します

 

はじめての三国志は、立ち上げより4年間、

三国志やもろもろの歴史を配信し続けてきました。

その総記事数は、3000を越えています。

おそらく、全ての記事を読んだという人はkawauso位でしょう。

私はチェックしている立場なので当たり前ですが・・

 

 

はじ三は考える我々は読者を沸かせているのか?

立ち上げより4年間、はじめての三国志は三国志が詳しい人にも

そうでない人にも多くの三国志情報を届けてきた自負があります。

しかし、最近は自問自答する事が多くなりました。

 

我々は読者を()かせるような熱い三国志を届けているだろうか?

ただ、漫然と三国志情報を発信して惰性(だせい)で満足していないか?

 

kawausoは少年時代典型的なジャンプっ子でした。

本屋でジャンプを買い家で扉を開くまでが、楽しくて待ちきれなかったものです。

はじめての三国志はkawausoの少年時代のジャンプと同じように

読者にわくわくを与えているのだろうか?

 

kawausoの考えでは、まだまだ足りないと思っています。

毎日の日課で、はじ三を開いている読者の皆さんの方が多いと思うのです。

そんな皆さんに5分でいい、ワクワクする記事を配信できないだろうか?

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

毎月特集を組み、他サイトが真似できない濃い三国志を提供

 

そこで、kawausoは記事の配信スケジュールを一新する事にしました。

これまでは、毎日の記事を三国志、幕末、キングダム、編集長のぼやき等

偏らないようにバランスさせていましたが、それを止め

 

毎月、三国志の特集を2つ、それ以外の特集を1つ、

計3つの特集を毎月配信し、単発ではない深い三国志体験を

実現できるようにしました。

 

7月は北方の雄、公孫瓚特集、8月は五丈原特集

 

その第一弾は、7月23日から7月28日まで続く公孫瓚特集です。

公孫瓚が白馬義従を結成したのはいつ?

易京城はどんな城?

公孫瓚は本当に異民族に厳しかった?

遼東の公孫氏と公孫瓚は関係ないの?

公孫瓚軍の強さの秘密は?

界橋の戦いで白馬義従を破った麴義とは?

 

このように知っているようで知らない公孫瓚の人生の謎を

6日間を掛けてじっくりと特集します。

 

8月は孔明の死の前後を徹底特集五丈原スペシャル

 

旧8月23日は諸葛孔明(しょかつこうめい)の命日と言われています。

そこではじ三では、8月17日から8月29日まで13日間

はじめての三国志五丈原特集を行います。

 

はじ三で随一、三国志演義にとても詳しいよかミカンが、

孔明の病気や倒れた場所、五丈原は本当に寒かったのか?

孔明死後の五丈原スタッフの権力争いなどを集中的に書いています。

 

よかミカンならではの、色々穿(うが)ちまくった裏三国志をお楽しみに

よかミカンって、何者?

 

サブスペシャルは、日本古代史と夏侯淵特集

 

また、8月の1日、2日は、日本古代史をロマンたっぷりに

書き上げて定評があるコーノ・ヒロの出雲王国(いずもおうこく)邪馬台国(やまたいこく)

深い繋がりについてを大胆な推測を交えて書いています。

卑弥呼(ひみこ)が来た意外な土地や、卑弥呼大国主(おおくにぬし)の因縁

それが邪馬台国の滅亡に繋がる所までを鮮やかに描きだします。

 

もう一つの特集では曹魏政権に仕えた夏侯淵(かこうえん)にスポットを当てます。

 

夏侯淵が定軍山で負けたのは、夏侯淵のせいではなかった?

曹操の罪を被った夏侯淵はどんな刑罰を受けた?

夏侯淵に滅ぼされた○○は韓遂(かんすい)より長く漢に叛いた長生き群雄?

徐州大虐殺袁紹(えんしょう)軍が参加?袁紹の為に父を見殺しにした曹操

 

史書をほじくりかえすkawauso編集長が送る意外な三国志の真実に

目からウロコ状態になる事請け合いです。

 

「みたい媒体」へ脱皮するはじ三をお楽しみに

 

もちろん、8月以降も、毎月特集を組んで皆さんが知らなかった事や

知りたい事をガンガン特集していきます。

よりパワーアップする、はじめての三国志を宜しくお願いします。

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 月刊はじめての三国志2017年12月号 (桃園出版 三国舎)の販…
  2. 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販…
  3. 袁紹(はじめての三国志) 月刊はじめての三国志2019年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版…
  4. 曹操 耳で聞いて覚える三国志 【お知らせ】「耳で聞いて覚える三国志」の朗読を再開しました
  5. 「はじめての三国志」が新しい動画を始めました
  6. 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま はじめての三国志 2018年歳末のご挨拶
  7. はじめての三国志 三国志サミット2015年に、はじさんも出演します
  8. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう)
  2. 敗北する桓騎
  3. 陸遜
  4. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  5. オオクニヌシ(日本神話)

おすすめ記事

  1. 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!? 曹爽と卑弥呼
  2. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  3. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  4. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍 王賁
  5. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 周瑜逝く
  6. 邪馬台国最後の王ニギハヤヒの野望!カムヤマト(神武天皇)は操られた?

三國志雑学

  1. 城 銅雀台
  2. 韓信vs孔明
  3. 張角は歴史の表舞台に登場


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 皇帝に直言する季布とヒヤヒヤする周辺
  2. 袁術と袁紹の喧嘩
  3. 苦肉の策(笑)

おすすめ記事

曹丕 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった kawauso編集長のぼやきVol.6「天敵」 夏侯惇 夏侯惇の性格は正史三国志と三国志演義では全然違う!その理由とは? キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー 孫策 頬 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250 ログイン時の画像認証導入のお知らせ 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱 【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱 はじめての三国志 画像準備中 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP