法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志星座占い】諸葛亮は双子座?

孔明




キング孔明

 

(しょく)の忠臣・諸葛亮(しょかつりょう)は道教の神様になっておりまして、

中国道教法師協会のホームページによれば、

諸葛亮の誕生日は7月23日だそうです。

おめでとうございます!

 

暑さの厳しい季節にお生まれになったんですね。

と思いきや、このお誕生日は陰暦だそうで、

暑さのピークを過ぎた初秋の生まれです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

関連記事:孫権が暴露!蜀は孔明の国だった

 

 

中国では双子座キャラだと思われている諸葛亮

双子の孔明

 

インターネットで諸葛亮の誕生日に関する話題を閲覧していると、

中国語のサイトでよく「諸葛亮が双子座じゃないなんて意外」という趣旨の記述をみかけます。

太陽星座の双子座は5月21日~6月20日だそうですから、諸葛亮が初秋の生れだとするとそこからは外れますね。

双子座はどういう性格なのでしょうか。

図書館で借りてきた『学研ジュニア実用百科 生活⑩ ハッピー星占い』(1980年12月20日初版)を見てみましょう。

 

“スピード”を象徴する支配星マーキュリー「水星」のように、

なにごとにもスピーディーでせわしなく動きまわっているのがこの星座の人の特徴よ!

体だけでなく、弁舌もさわやかなうえ頭の回転の早さも感じさせる人。

 

なるほどー、亮さんは確かにいつもせっせと動き回って働いているイメージがあります。

三国志演義で呉の群臣を説き伏せて赤壁の戦いにかりたてた様子を見ると、

弁舌さわやかで頭の回転も速そうです。

 

 

中国で流行っている(?)画像

三国志モブ

 

中国のサイトの「每日头条」と「壹讀」に「三国星座学|诸葛亮居然是处女座」という記事があり、

中央電視台のテレビドラマ「三国演义(さんごくえんぎ)」の諸葛亮の画像を加工したものがアップされています。

 

画像は二つあり、一つ目は第42話「美人计(びじんけい)」の一場面できりっとした表情をしている諸葛亮

(演:唐国强)の画像で、こんな吹き出しが付いています。

「像我这么机智的人肯定是双子座!(私のような機知のある人間は必ずや双子座であろう)」

孔明

 

二つ目の画像は、第何話のどの場面だか見つけられなかったのですが、

涙を浮かべている諸葛亮にこんな吹き出しが付いています。

「我居然是处女座 我好难过!(なんと私が乙女座であったとは。じつに耐えがたいことだ)」

諸葛亮が双子座じゃないというのは泣くほど意外なことだと思われているんでしょうかね……。

 

※諸葛亮の誕生日は現在の暦で獅子座になるか乙女座になるか微妙なあたりのようですが、

上記のサイトでは乙女座説をとって面白画像を作っているようです。

真相はさておき、ネタとして面白いので乙女座の星占いを見てみましょう。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

泣かないで!乙女座も亮さんにぴったりです

女の子な劉備

 

先ほど参照した『ハッピー星占い』の本で乙女座の性格を見てみましょう。

 

神経が細かく、目がいきとどく女の子

きちょうめんで、友だちの心の奥まで分析してしまうような面もあります。

 

神経が細かく、目がいきとどく「女の子」……? あ、この本、女の子向けなんですね。

「神経が細かく、目がいきとどく」とは、諸葛亮にぴったりです。

 

棒打ち二十以上の刑罰は自ら決裁したといわれる諸葛亮は、水も漏らさぬ法治主義によって

道に落ちているものをネコババする人もいなくなるという奇跡の治安を実現しました。

これは乙女座の「神経が細かく、目がいきとどく」という特性が発揮された結果かもしれません。

号泣魏延

 

「友だちの心の奥まで分析してしまう」は、

三国志演義の諸葛亮がいちいち周瑜(しゅうゆ)の計略を先読みして憤死させてしまったり、

魏延(ぎえん)反骨精神(はんこつせいしん)を先読みしすぎて背かせてしまったりしたことに通じるかもしれません。

 

友だちの心の奥まで分析しても、それを表に出さずに思いやりある対応をして

たくさんの友だちにめぐまれている乙女座さんは大勢いらっしゃると思うのですが、

亮さんは思ったことを素直に表に出しすぎたのかもしれませんね。

(周瑜は仮想敵国の重鎮だからそれでよかったのか)

 

星占いから見る三顧の礼

星占いから見る三顧の礼

 

『ハッピー星占い』の乙女座の「恋の星占い」という項目に興味深い記述がありました。

 

プライドが高いのと、断られるのをおそれて、

どんな好きな男の子にも自分から申し込むということはありません。

 

こっ、これは……

三顧(さんこ)の礼だ!!

徐庶(じょしょ)劉備(りゅうび)に諸葛亮を推薦した時に

「この人は、こちらから行けば会えますけれども、無理に連れてくることはできません」と言って

劉備から諸葛亮を訪問するよう言っていましたが、

徐庶はきっと星占いに通じていて、乙女座の諸葛亮の性格を熟知していたんですよ!

そうに違いない!(いや絶対違いますね)

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

双子座と乙女座、いずれの星占いも合っている諸葛亮。

試しに誕生日と全然関係ない山羊座のページを見てみましょう。

 

忍耐力とねばり強さは、12星座中いちばんです。

目標に向かって一歩一歩着実にのぼっていく努力家!!

とても慎重で、調子の良さ、軽薄を極端にきらいます

 

ありゃ、これも努力家で謹厳な亮さんにぴったりじゃないですか?

星占いって、ぜんぶ当るようにできてるんですかね?

いやまさか……そんなはずは……。

なにはともあれ、お誕生日おめでとうございます!

 

※浙江省諸葛鎮では諸葛亮の誕生日は陰暦4月14日だと伝えられています。

誕生日は何回祝われても嬉しいもの。来年の4月にまたお祝いしたいと思います!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった!

関連記事:馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  2. 宦官の趙高(キングダム) 宦官手術の死亡率が気になる!宦官になれる手術方法とは?
  3. 呂布、ナイスシュート!
  4. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Par…
  5. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だ…
  6. 曹操は褒め上手 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  7. 兵士と禰衡 やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由
  8. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  2. 大和朝廷を建国したカムヤマト
  3. 司馬懿と曹操
  4. 大久保利通 幕末
  5. 魏の夏侯淵

おすすめ記事

  1. もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった? 司馬懿と曹操
  2. 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!?
  3. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  4. 【新企画】本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年』5/19(土)配信決定! 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!? 大政奉還した徳川慶喜
  6. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲 曹操と劉備

三國志雑学

  1. 過労死する諸葛孔明
  2. 袁紹
  3. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  4. 趙雲子龍
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉封
  2. 陸遜と孫権
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2
  4. 劉備と張松(ちょうしょう)
  5. 関羽 3つの条件
  6. 野望が膨らむ鍾会

おすすめ記事

西郷どんキャスト表「島津斉彬」「坂本龍馬」の配役は誰? 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜 そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった! 曹操と鶏肋 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 三国志 武器 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家 【8月の見どころ】8/26公開予定:四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた 三国志に出てくる海賊達と甘寧 甘寧の死因は討ち死に?それとも病死? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP