【三国志星座占い】諸葛亮は双子座?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

キング孔明

 

(しょく)の忠臣・諸葛亮(しょかつりょう)は道教の神様になっておりまして、

中国道教法師協会のホームページによれば、

諸葛亮の誕生日は7月23日だそうです。

おめでとうございます!

 

暑さの厳しい季節にお生まれになったんですね。

と思いきや、このお誕生日は陰暦だそうで、

暑さのピークを過ぎた初秋の生まれです!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

関連記事:孫権が暴露!蜀は孔明の国だった


中国では双子座キャラだと思われている諸葛亮

双子の孔明

 

インターネットで諸葛亮の誕生日に関する話題を閲覧していると、

中国語のサイトでよく「諸葛亮が双子座じゃないなんて意外」という趣旨の記述をみかけます。

太陽星座の双子座は5月21日~6月20日だそうですから、諸葛亮が初秋の生れだとするとそこからは外れますね。

双子座はどういう性格なのでしょうか。

図書館で借りてきた『学研ジュニア実用百科 生活⑩ ハッピー星占い』(1980年12月20日初版)を見てみましょう。

 

“スピード”を象徴する支配星マーキュリー「水星」のように、

なにごとにもスピーディーでせわしなく動きまわっているのがこの星座の人の特徴よ!

体だけでなく、弁舌もさわやかなうえ頭の回転の早さも感じさせる人。

 

なるほどー、亮さんは確かにいつもせっせと動き回って働いているイメージがあります。

三国志演義で呉の群臣を説き伏せて赤壁の戦いにかりたてた様子を見ると、

弁舌さわやかで頭の回転も速そうです。


中国で流行っている(?)画像

三国志モブ

 

中国のサイトの「每日头条」と「壹讀」に「三国星座学|诸葛亮居然是处女座」という記事があり、

中央電視台のテレビドラマ「三国演义(さんごくえんぎ)」の諸葛亮の画像を加工したものがアップされています。

 

画像は二つあり、一つ目は第42話「美人计(びじんけい)」の一場面できりっとした表情をしている諸葛亮

(演:唐国强)の画像で、こんな吹き出しが付いています。

「像我这么机智的人肯定是双子座!(私のような機知のある人間は必ずや双子座であろう)」

孔明

 

二つ目の画像は、第何話のどの場面だか見つけられなかったのですが、

涙を浮かべている諸葛亮にこんな吹き出しが付いています。

「我居然是处女座 我好难过!(なんと私が乙女座であったとは。じつに耐えがたいことだ)」

諸葛亮が双子座じゃないというのは泣くほど意外なことだと思われているんでしょうかね……。

 

※諸葛亮の誕生日は現在の暦で獅子座になるか乙女座になるか微妙なあたりのようですが、

上記のサイトでは乙女座説をとって面白画像を作っているようです。

真相はさておき、ネタとして面白いので乙女座の星占いを見てみましょう。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

泣かないで!乙女座も亮さんにぴったりです

女の子な劉備

 

先ほど参照した『ハッピー星占い』の本で乙女座の性格を見てみましょう。

 

神経が細かく、目がいきとどく女の子

きちょうめんで、友だちの心の奥まで分析してしまうような面もあります。

 

神経が細かく、目がいきとどく「女の子」……? あ、この本、女の子向けなんですね。

「神経が細かく、目がいきとどく」とは、諸葛亮にぴったりです。

 

棒打ち二十以上の刑罰は自ら決裁したといわれる諸葛亮は、水も漏らさぬ法治主義によって

道に落ちているものをネコババする人もいなくなるという奇跡の治安を実現しました。

これは乙女座の「神経が細かく、目がいきとどく」という特性が発揮された結果かもしれません。

号泣魏延

 

「友だちの心の奥まで分析してしまう」は、

三国志演義の諸葛亮がいちいち周瑜(しゅうゆ)の計略を先読みして憤死させてしまったり、

魏延(ぎえん)反骨精神(はんこつせいしん)を先読みしすぎて背かせてしまったりしたことに通じるかもしれません。

 

友だちの心の奥まで分析しても、それを表に出さずに思いやりある対応をして

たくさんの友だちにめぐまれている乙女座さんは大勢いらっしゃると思うのですが、

亮さんは思ったことを素直に表に出しすぎたのかもしれませんね。

(周瑜は仮想敵国の重鎮だからそれでよかったのか)


星占いから見る三顧の礼

星占いから見る三顧の礼

 

『ハッピー星占い』の乙女座の「恋の星占い」という項目に興味深い記述がありました。

 

プライドが高いのと、断られるのをおそれて、

どんな好きな男の子にも自分から申し込むということはありません。

 

こっ、これは……

三顧(さんこ)の礼だ!!

徐庶(じょしょ)劉備(りゅうび)に諸葛亮を推薦した時に

「この人は、こちらから行けば会えますけれども、無理に連れてくることはできません」と言って

劉備から諸葛亮を訪問するよう言っていましたが、

徐庶はきっと星占いに通じていて、乙女座の諸葛亮の性格を熟知していたんですよ!

そうに違いない!(いや絶対違いますね)


  

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

双子座と乙女座、いずれの星占いも合っている諸葛亮。

試しに誕生日と全然関係ない山羊座のページを見てみましょう。

 

忍耐力とねばり強さは、12星座中いちばんです。

目標に向かって一歩一歩着実にのぼっていく努力家!!

とても慎重で、調子の良さ、軽薄を極端にきらいます

 

ありゃ、これも努力家で謹厳な亮さんにぴったりじゃないですか?

星占いって、ぜんぶ当るようにできてるんですかね?

いやまさか……そんなはずは……。

なにはともあれ、お誕生日おめでとうございます!

 

※浙江省諸葛鎮では諸葛亮の誕生日は陰暦4月14日だと伝えられています。

誕生日は何回祝われても嬉しいもの。来年の4月にまたお祝いしたいと思います!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった!

関連記事:馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝


 

関連記事

  1. 孔融と曹操
  2. 玉璽を見つけた孫堅
  3. 関羽に惚れる曹操
  4. 曹仁
  5. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  6. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP