ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

袁術くんの成長日記

第5話:袁術くん「先延ばしの癖をどうすれば直せるのか」を学ぶ


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

子供の頃、夏休みの宿題を先延ばしにしてギリギリまで手を付けなかったり、

定期テストに向けた準備をさぼって、一夜漬けで臨んだりした経験がある人は、

その習慣が大人になっても抜けない危険性があります。

そんな悩みを抱えている人はいませんか?

 

この記事を読み終わる頃には、

あなたは人生をポジティブに歩むことができる方法をひとつ手に入れています!

 

※このお話は、三国志に登場する袁術(えんじゅつ)公路(こうろ))が、

21世紀のビジネスシーンで支持されている様々な「自己啓発」のやり方を学び、

実践していく物語になっています。

やや、21世紀風のセリフ回しになっている部分はご了承ください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ

関連記事: 第2話:袁術くん、将来に希望を持つために「自己肯定感」を高める


袁術くん、先延ばしの癖について張昭に相談する

 

袁術くんは、四世に渡り三公を輩出したという超超名門である汝南袁氏に生まれました。

父の袁逢(えんほう)は三公の中の司空に就いたことがありましたが、

すでに病没し、この世を去っています。

 

今日は袁術くんと同世代で、とても有能な人材であると注目を集めている張昭(ちょうしょう)くんが、

久しぶりに訪ねに来てくれていました。

張昭、字は子布、徐州彭城国の出身で、その才能を認められて20歳で孝廉に推挙されましたが、

洛陽にある朝廷には出仕しませんでした。

能力はとても高いのですが、驚くほどに頑固者です。

気が合わない相手に対してはあからさまに嫌悪感を態度に示します。

自らの権威や名声というものに対してもまったく興味を示しません。

 

ただなぜか袁術くんは張昭くんに気に入られているようで、

時々、こうして再会し、酒を酌み交わすのです。

 

「公路(袁術の字)は最近、あの男に会ったようだね」

 

「あの男とは、誰のことかな。漢瑜(かんゆ)くん(陳珪(ちんけい)の字)になら先日会って、

リフレ―ミングについて教えてもらったところだよ」

 

「漢瑜だったら私も何度も会っているよ。私の言っている相手は、陶謙(とうけん)のことさ。

あの男は実に油断がならない。乱に乗じて勢力を得ようとしている野心家だ」

 

「子布くん(張昭の字)のことは、ずいぶんと褒めていたけどな」

 

「表と裏の顔のある男だ。言葉をそのまま信用しないほうがいい。

陶謙はいずれ、汝南袁氏の権勢も利用してくるかもしれないぞ。

注意するんだな。陶謙とは一体、何を話ししたんだい?」

 

タイムメネジメントの重要性や、そのコツを教えてもらったんだよ。

僕はどうも時間の使い方がよくわかっていなんだ」

 

「相変わらずのマイペースぶりだな。

そんなんで今後の過酷な政争劇に勝ち残っていけるのかい?

任されている政務は確実にこなせているんだろうね。

仕事のできない人間は周囲からの信用を失うぞ」

 

「タイムマネジメントについての教えを受けたんだけど、

なかなか実践できずに困っているんだ。

どうしても先延ばしにしてしまう癖が抜けないよ。何かいいアイディアはないかい?」

 

「まったく、公路は世話のかかる男だな。

よし、それじゃあ、先延ばしする癖を直す方法を教えてあげるよ」


どうして先延ばしをしてしまうのか

 

「まず、典型的な先延ばしする人の特徴だけど、

これは現状のストレスからの回避だよ。

忙しくて満足に取り組めない、その政務に価値を感じず面倒だ、そもそもその政務が好きじゃない。

そういったストレスから逃げるための行動だね」

 

「それが朝廷に仕える官吏の役目だとわかっているんだけど、どうも気が乗らないんだ」

 

「苦手な政務だけに、失敗することもイメージしているんじゃないのかい?

自信がないからこそ、問題を先送りにしている可能性もあるな。

特に完璧主義の人間はその傾向は強い」

 

「本初(袁紹の字)じゃあるまいし、僕は別に完璧主義者ではないよ」

 

「公路がそうでなくても、家柄がそれを要求しているかもしれないぞ。

四世三公のプレッシャーが、公路を知らず知らずのうちに追い込んでいるのかもしれない」

 

「叔父さん(袁隗)にも、そこまで期待されているようには感じていないんだけど」

 

「だからこそさ。公路は本初を見返したいという気持ちを強く持っている。

それが失敗することを怖れさせているのかもしれないな」

 

「以前に、義弟(ぎてい)楊彪(ようひょう))から自己肯定感を高めるために、

小さな成功を積み上げていくよう、アドバイスを受けたんだ。

それ以来、小さな目標を決めて、それをクリアして成功体験を積み上げているところだよ。

他人への感謝の気持ちも常に大切にしている。

少しずつだけど自分に自信がついてきている実感はあるよ。

孟徳(もうとく)くん(曹操(そうそう)の字)からも他人と自分を比較しない考え方を学んだからね。

本初のことはあまり気にしていないんだ」

 

「そうかい。じゃあ、面倒くさいことを先延ばしにする癖が残っているだけだろう。

だったら、簡単に改善する方法があるよ」

 

「ぜひ教えてくれよ」

 

先延ばしを改善する方法

 

「先延ばしを改善する方法は、まずやってみるってことさ」

 

「子布くん、それはとても当たり前のような話じゃないかい?」

 

「それがそうでもないんだよ。

タスクをきっちり完了させる必要があると思い込むから、面倒に感じるんだ。

私の言う、まずやってみるは、まず5分やってみることさ」

 

「5分だって?そんな短時間で終わる政務なんてないよ。

それで終わるんだったら、僕も先延ばししたりしないだろう」

 

「人間には作業興奮という作用があるんだ」

 

「作業興奮? 初めて聞く言葉だけど、なんだい?」

 

「まず、5分ほど手を動かしてみる。別に嫌々でも構わないのさ。

すると脳の側坐核が刺激されて、ドーパミンが分泌される」

 

「ドーパミン?」

 

「ああ、神経伝達物質のひとつで、やる気を高めてくれるんだ。

すると最初は嫌々だったのに、どんどんはかどるようになるんだよ」

 

「確かに、面倒臭いけど、机上の整理をしていたら、

いつの間にか部屋中の整理整頓をしていた経験はあるよ。

それもドーパミンの仕業なのかな」

 

「そうさ。だから試しに5分やってみるのは、

先延ばしの癖のある人には効果的な方法なんだ」

 

「そうなんだ。知らなかったよ」

 

「他にもタスクがここまで進んだら、休憩をとる、美味しいおやつを食べる、

お茶を飲む時間を作るといった、ご褒美作戦も有効だね。

適度にリフレッシュを挟むことで、人のやる気は高まるからね」


まとめ

 

「子布くんのアドバイスは具体的で、すぐにできそうなことばかりだね。

とても参考になったよ。

どんなに嫌な政務であっても、面倒に感じる日があっても、まずは5分やってみるよ」

 

「ああ、公路には頑張ってもらわないとな。

ただでさえ、黄巾の乱や疫病、災害などで、社会は荒廃していく一方だ。

この先、公路のように権力を持ちながらも、

周囲のアドバイスにしっかりと耳を傾けられる人材は貴重だよ」

 

「あいにくと僕にはそんな権力はないんだけどね。

誰にでもできる政務を担当しているのが関の山さ」

 

「成功できる人間に必要なのは、才能じゃない。

自らの成長を追求し、やり抜く力だよ。これには謙虚さが欠かせないのさ。

公路には謙虚さがある。だからこれからまだまだ成長していくことはできるはずだよ」

 

「子布くん、キミとの友情に感謝するよ。今日の日記の内容はもう決まったな」

 

「公路、キミは自分で思っているよりも実に面白い男だよ」


  

 

先延ばしの癖の治し方の結論

 

・なぜ先送りしてしまうのか

1)面倒、嫌だというストレスから逃げるため。

2)完璧主義で、周囲に失敗した姿を見せたくないため。

 

・先送りする癖を直す方法

1)まずは5分ほどやってみる。すると作業興奮によって順調に前に進む。

2)リフレッシュする時間を挟み、自分のやる気を高めていく。

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記


 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁術、曹操、袁紹(他人とすぐ比較する癖を直す) 第3話:袁術くん、自分の幸せを見つけるため「他人とすぐ比較する癖…
  2. 周瑜に憧れる袁術 第18話:袁術くん「集中力の高め方」を周瑜から学ぶ
  3. 袁術 第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ…
  4. 袁術をからかう呂布 第14話:袁術くん「ネガティブ思考のメリット」を呂布から学ぶ
  5. 袁術 第12話:袁術くん「傾聴」を孫堅から学ぶ
  6. 劉備を僻む袁術 第16話:袁術くん「マインドフルネス」を劉備から学ぶ
  7. 袁術 第9話:袁術くん「セルフイメージ」の高め方を学ぶ
  8. 第4話:袁術くん、時間の使い方を上手くなるため「タイムマネジメン…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と呂布
  2. 呂蒙を慰める孫権
  3. 趙雲
  4. 月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家
  5. 丁奉(ていほう)
  6. 千利休
  7. 孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪
  8. 黄忠VS夏侯淵
  9. 関羽

おすすめ記事

  1. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決 曹操
  2. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?
  3. 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 「魏」の旗を持った兵士
  4. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  5. 曹丕は陰湿な性格じゃない!実は優しくて兄弟想いの皇帝だった 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠
  6. キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」 キングダム

三國志雑学

  1. 曹操は関羽をGET
  2. 荀彧
  3. 車に乗る諸葛亮
  4. 曹嵩
  5. 陸遜


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 空城も計 孔明
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 逃げる秦王政を追いかける荊軻
  4. 張松
  5. 五虎大将軍の趙雲

おすすめ記事

馬超の兜にフォーカス 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR) 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績 カムヤマト(日本神話) 邪馬台国最期の戦い(前編)神武東征と生駒の死闘 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 上杉謙信は梅干と酒のせいで亡くなったのは本当なの?高血圧な戦国大名だった? google home youtubeから引用 はじ三の音声コンテンツがGoogle Homeで聞けるようになりました!Googleポッドキャストに「ながら三国志」開始 夏侯惇 【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは? キングダム581話ネタバレ予想vol2深読み「王賁遂に中二病を脱出!」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP