よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!

この記事の所要時間: 239




諸葛亮

 

 劉備(りゅうび)亡き後、劉禅(りゅうぜん)を蜀の皇帝に立てて政治の実権を握った諸葛孔明(しょかつこうめい)

自ら丞相(じょうしょう)に就任して独裁的な政治を行った事が分かっています。

ところが、この蜀では無双状態の孔明を面と向かって(しか)りつけた部下が

存在していたのです。

そんな命知らずが本当に居たのか検証してみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

関連記事:孫権が暴露!蜀は孔明の国だった

 

 

諸葛亮を叱った楊顒

諸葛亮を叱った楊顒

 

諸葛孔明を叱った男は、楊顒(ようぎょう)という人物です。

楊儀の一族で、劉備に従い入蜀(にゅうしょく)巴西(はせい)太守から孔明の引きを受けて

丞相府の主簿(しゅぼ)(属官)を勤めていました。

しかし、仕事中毒に陥っていた孔明は主簿を信用していないようで

こっそり自分でも帳簿を調べていたようです。

 

ところがそれを楊顒が目撃していました。

そこで、直ちに楊顒は諸葛亮(いさ)めたのです。

 

 

人の仕事を取らないで自分の仕事に専念して下さい

諸葛亮

 

楊顒は、この時、ダイレクトに私の仕事を取らないで下さいと

言ったわけではありません。

何と、孔明相手にたとえ話をしています。

これはつまり、孔明が仕事についてはかなりのワカランチーノであり

普通に仕事を取るなと説明しただけでは効果がないと

考えたからではないかと思います。

 

楊顒はこれを家庭の事に例えて言いました。

 

「例えば、丞相の家では奴僕(ぬぼく)に畑を耕させ、()に炊事を任せ、

ニワトリには時を告げさせ、犬は番犬として盗人に備えさせ

牛には重い荷物を背負わせ、馬には遠路を走らせているとします。

それぞれが決められた仕事をこなし、効率よく働いていればこそ、

皆が満足し、枕を高くして休めるというものでしょう。

 

しかし、それぞれの仕事を主人が一人でやろうとしたらどうでしょう?

心も体も疲労困憊(ひろうこんぱい)し、おまけに何一つとして仕事は終わりません。

それは、主人の知恵が奴婢やニワトリや犬や馬に劣るからでしょうか?

いえ、そんな事はありません。

ただ、主人が自分が成すべきルールを踏み違えているのです。

ですから古来より、座して論じるのは三公、事務を行うのを士大夫と

称しているのです。

 

この時、諸葛亮は何かを言いたげだったのか、楊顒はそれを制して

さらに言葉を続けました。

 

だから、宰相の邴吉(へいきつ)は道で行き倒れた人間の事は管轄外と構わず

牛が喘いでいる事を不吉の前兆として憂い、陳平(ちんぺい)は国家の倉に米や穀物が

幾らあるかを全く知らず、担当者にお聞きくださいと申したのです。

 

彼らは誠に自分の為すべきを知っている人だと言えるでしょう。

しかるに丞相は、帳簿の検査のような些末(さまつ)な事までご自身でやる

これは働きすぎというものですよ!」

 

かくしてとぼけようがない程に厳しく言われた孔明は楊顒に陳謝(ちんしゃ)したのです。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

楊顒が死んだ時

楊顒が死んだ時の孔明

 

楊顒はその後東曹属(とうそうぞく)になりますが、時期不詳ながら孔明より先に死んだそうです。

孔明は、楊顒の死を悲しみ三日に渡って泣き続けました。

同時期に西曹令史賴恭(らいきょう)の子の賴広(らいこう)も亡くなったそうで、孔明は

長史参軍の張裔(ちょうえい)、そして蔣琬(しょうえん)に向けた文書で

「賴広に続いて楊顒も失った、これは国家にとり大きな損失だ」と書いています。

こうしてみると諸葛孔明は、楊顒を高く買っていたのですね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

蜀の最高権力者である諸葛亮に物申す部下というのは、

今回挙げた楊顒以外には見当たりません。

いかに正論であるとはいえ上司に物申す、しかもその欠点を指摘するのは

かなり勇気がいる事なので、楊顒は筋の通った人物だったのでしょう。

 

そして、その諫言には厳しさだけでなく孔明の体調を気遣う愛が感じられます。

丞相になってから激務が当たり前だった孔明にとっては、

自分の体調を気遣うような楊顒の発言は耳が痛くもありましたが、

同時に本当に有難いと思えるものだったのでしょう。

だからこそ、一言も弁解せず陳謝したのだと思います。

 

ただ、楊顒の諫言があっても、細々した事まで自分で決済する

孔明の癖は結局治らず過労死を招いてしまうのですが・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

関連記事:【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  2. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  3. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどん…
  4. 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか
  5. 呂布の裏切りについて考察してみた
  6. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加え…
  7. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた
  8. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇して…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. なぜ孫権は暴君と化してしまったのか?
  2. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  3. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  4. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集
  5. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?
  6. 漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていたってホント!? 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ 石川克世って、何者? 銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人

おすすめ記事

  1. 金持ちってけっこうケチ?あの曹操もドケチで有名だった!
  2. 公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?
  3. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  4. 連環の計って、どんな作戦?
  5. 井伊直弼の画像、死の前に描かせた肖像画に込められた志とは?
  6. 徳川慶喜の逸話を紹介!先生が教えない最後の将軍の素顔
  7. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者
  8. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP