呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!

馬謖を斬り悲しむ孔明




諸葛亮

 

 劉備(りゅうび)亡き後、劉禅(りゅうぜん)を蜀の皇帝に立てて政治の実権を握った諸葛孔明(しょかつこうめい)

劉備が皇帝に即位した後に丞相(じょうしょう))に就任し独裁的な政治を行った事が分かっています。

ところが、この蜀では無双状態の孔明を面と向かって(しか)りつけた部下が

存在していたのです。

そんな命知らずが本当に居たのか検証してみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

関連記事:孫権が暴露!蜀は孔明の国だった

 

 

諸葛亮を叱った楊顒

諸葛亮を叱った楊顒

 

諸葛孔明を叱った男は、楊顒(ようぎょう)という人物です。

楊儀の一族で、劉備に従い入蜀(にゅうしょく)巴西(はせい)太守から孔明の引きを受けて

丞相府の主簿(しゅぼ)(属官)を勤めていました。

しかし、仕事中毒に陥っていた孔明は主簿を信用していないようで

こっそり自分でも帳簿を調べていたようです。

 

ところがそれを楊顒が目撃していました。

そこで、直ちに楊顒は諸葛亮(いさ)めたのです。

 

 

人の仕事を取らないで自分の仕事に専念して下さい

諸葛亮

 

楊顒は、この時、ダイレクトに私の仕事を取らないで下さいと

言ったわけではありません。

何と、孔明相手にたとえ話をしています。

これはつまり、孔明が仕事についてはかなりのワカランチーノであり

普通に仕事を取るなと説明しただけでは効果がないと

考えたからではないかと思います。

 

楊顒はこれを家庭の事に例えて言いました。

 

「例えば、丞相の家では奴僕(ぬぼく)に畑を耕させ、()に炊事を任せ、

ニワトリには時を告げさせ、犬は番犬として盗人に備えさせ

牛には重い荷物を背負わせ、馬には遠路を走らせているとします。

それぞれが決められた仕事をこなし、効率よく働いていればこそ、

皆が満足し、枕を高くして休めるというものでしょう。

 

しかし、それぞれの仕事を主人が一人でやろうとしたらどうでしょう?

心も体も疲労困憊(ひろうこんぱい)し、おまけに何一つとして仕事は終わりません。

それは、主人の知恵が奴婢やニワトリや犬や馬に劣るからでしょうか?

いえ、そんな事はありません。

ただ、主人が自分が成すべきルールを踏み違えているのです。

ですから古来より、座して論じるのは三公、事務を行うのを士大夫と

称しているのです。

 

この時、諸葛亮は何かを言いたげだったのか、楊顒はそれを制して

さらに言葉を続けました。

 

だから、宰相邴吉(へいきつ)は道で行き倒れた人間の事は管轄外と構わず

牛が喘いでいる事を不吉の前兆として憂い、陳平(ちんぺい)は国家の倉に米や穀物が

幾らあるかを全く知らず、担当者にお聞きくださいと申したのです。

 

彼らは誠に自分の為すべきを知っている人だと言えるでしょう。

しかるに丞相は、帳簿の検査のような些末(さまつ)な事までご自身でやる

これは働きすぎというものですよ!」

 

かくしてとぼけようがない程に厳しく言われた孔明は楊顒に陳謝(ちんしゃ)したのです。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

楊顒が死んだ時

楊顒が死んだ時の孔明

 

楊顒はその後東曹属(とうそうぞく)になりますが、時期不詳ながら孔明より先に死んだそうです。

孔明は、楊顒の死を悲しみ三日に渡って泣き続けました。

同時期に西曹令史賴恭(らいきょう)の子の賴広(らいこう)も亡くなったそうで、孔明は

長史参軍の張裔(ちょうえい)、そして蔣琬(しょうえん)に向けた文書で

「賴広に続いて楊顒も失った、これは国家にとり大きな損失だ」と書いています。

こうしてみると諸葛孔明は、楊顒を高く買っていたのですね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

蜀の最高権力者である諸葛亮に物申す部下というのは、

今回挙げた楊顒以外には見当たりません。

いかに正論であるとはいえ上司に物申す、しかもその欠点を指摘するのは

かなり勇気がいる事なので、楊顒は筋の通った人物だったのでしょう。

 

そして、その諫言には厳しさだけでなく孔明の体調を気遣う愛が感じられます。

丞相になってから激務が当たり前だった孔明にとっては、

自分の体調を気遣うような楊顒の発言は耳が痛くもありましたが、

同時に本当に有難いと思えるものだったのでしょう。

だからこそ、一言も弁解せず陳謝したのだと思います。

 

ただ、楊顒の諫言があっても、細々した事まで自分で決済する

孔明の癖は結局治らず過労死を招いてしまうのですが・・

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

関連記事:【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操VS孫権 R2 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  2. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?
  3. 曹丕 三国志演義の曹丕様の初登場シーンが怖すぎる
  4. 袁紹VS袁術(犬猿) 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  5. 藏覇(臧覇)と孫権 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ…
  6. お酒 三国志 曹操 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  7. なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理
  8. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 【馬超の妻の死から読み取る】馬超の再起を分かりやすく解説

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 于禁を虐める曹丕
  2. 後藤象二郎
  3. 曹操
  4. 王昭儀
  5. 孔明
  6. はじめての三国志 画像準備中
  7. キングダム

おすすめ記事

  1. 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発? 程昱(ていいく)
  2. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった! 織田信長
  3. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  4. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ! アンティキティラ島の機械
  5. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった? 呉蜀と魏に二股をかけている孫権
  6. 織田信長の父、織田信秀とはどんな人甘い所が信長ソックリ? 織田信長

三國志雑学

  1. 曹沖
  2. 三国時代の船 楼船
  3. 杜夫人
  4. 曹植
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宋姫
  2. 曹操 健康
  3. 2つの持論を展開する費禕
  4. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  5. 魏曹操と魏軍と呉軍
  6. キングダム
  7. 張飛が使う蛇矛

おすすめ記事

楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選 三国志 象兵 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの? 法正に敗れる夏侯淵 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ? 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓 ミニチュアで遊ぶ董卓 ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した! 顔良を討ち取る関羽 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介 海賊時代の孫堅 孫堅は三国志の○○だったのか? 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP