コメント機能リリース
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

はじめての蜀

李福(りふく)はどんな人?諸葛孔明の遺言を運んだメッセンジャー



蜀の陣地とテント

 

西暦234年旧8月23日、(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛孔明(しょかつこうめい)は五丈原で陣没します。

この少し前に諸葛亮から後継者蒋琬(しょうえん)の名前を聞きだして成都に帰ったのが李福(りふく)です。

しかし、重大な仕事を任された割に、李福の名前はほとんど知られていません。

そこで、今回は諸葛亮のメッセンジャー李福に注目します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント?

関連記事:【海の日特集】甘寧だけじゃない三国志に出てくる海賊達を紹介

 

 

益州梓潼郡涪県に生まれた李福

益州梓潼郡涪県に生まれた李福

 

李福は生年不詳ですが、益州梓潼郡涪県(えきしゅうしどうぐんふけん)に誕生しています。

父は李権(りけん)で益州の豪族でしたが、劉焉(りゅうえん)が益州に入ってきた時に抵抗し

殺害されたという事です。

 

劉備が益州を平定した後、書佐、西充国県長(せいじゅうこくけんちょう)成都令(せいとれい)となり、

巴西太守(はせいたいしゅ)から江州都督(こうしゅうととく)揚威将軍(よういしょうぐん)に昇進した所で劉備(りゅうび)が病死し

後継者になった諸葛亮は李福を尚書僕射(しょうしょぼくや)平陽侯(へいようこう)に昇進させています。

 

江州都督と言えば、劉備夷陵の戦いに際して出征した拠点なので

迅速な用兵に功績でもあったのでしょうか?

 

 

かなりのうっかり八兵衛だった李福

かなりのうっかり八兵衛だった李福

 

正史諸葛亮伝には、諸葛亮没の前後の事はほぼ書かれていません。

五丈原の戦い前後の事は以下のような内容です。

 

西暦234年春、諸葛亮は大いに軍兵を率いて斜谷より出征して

流馬によって輸送し武功の五丈原に拠点を置いて渭南(いなん)対峙(たいじ)

諸葛亮は兵糧不足を心配して持久戦を考え兵を分けて屯田した。

軍隊は渭南の百姓に混じり耕作したが規律は厳正で

少しもトラブルを起こさなかった。

双方にらみ合う事百日余り同年8月諸葛亮は病を得て治らず

軍中で没した、時に五十四歳だった。

 

 

たったこれだけです、では、諸葛亮と李福のやり取りはどこにあるのか?

それは、益部耆旧雑記(えきぶききゅうざっき)という同じく陳寿(ちんじゅ)が記した書物にあります。

 

ところが、この李福という人、尚書僕射になる割には

かなりのウッカリ八兵衛であったようです。

 

何しろ、死が間近い孔明と会話していながら後継者の名前を

ウッカリ聞き忘れ、数日して「あいやしまった!」と引き返しています。

それに対して孔明も予言者めいて

孔明

 

「ふっふっふ・・戻ってくるのは分かっていました

私の後継者なら蔣琬に任せなさい」と回答します。

いやいや、笑ってる場合じゃないでしょ、途中でポックリいったら

一体どうするんですか?妙に呑気な孔明さん

 

しかし、李福はその上を行っていました。

次の後継者では満足せず、「丞相の死後、100年先までを知りたい」と

無理難題を言い、蔣琬の次は費偉(ひい)、では費偉の次は?と畳掛け、

そこで諸葛亮はこと切れています。

 

この部分だけを見ると、李福はとても丞相の遺言を仰せつかるような

大物ではないように思えますがどうなんでしょう?

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

李福の評価は陳寿補正が入っていたのでは?

李福の評価は陳寿補正が入っていたのでは?

 

こんなポンコツ尚書僕射に対して陳寿は益部耆旧雑記で、

李福の人となりは物事を詳しく知り、果断鋭敏で政務も敏腕と評します。

これだけ見ると出来る人ですが、どうも孔明に対する対応を見ると

そうとも思えません。

非常時で気が動転していた可能性もありますが、

どうも能力を盛られ過ぎな感じがします。

 

実は、この益部耆旧雑記には李福に続けて子の李驤(りじょう)にも言及があり

名声があり尚書郎、広漢太守になったとあります。

この李驤と陳寿は礁周(しょうしゅう)門下で元々親友同士でした。

しかし、蜀が滅んで晋が起こる頃に些細(ささい)な事から仲違いし、

一転して憎悪し(ののし)り合う程の犬猿の仲になりました。

 

どの程度の憎み屋さん度合いかというと、

李驤が晋に仕官しようと運動すると陳寿はいつも全力で阻止した程

その為か、李驤の名前は益部耆旧雑記には登場するものの、

後に書かれた三国志には登場しません。

 

あるいは、益部耆旧雑記を書いている頃には、李驤と仲が良いので

その父の李福も李驤も好意的に補正して評価したものの、

後に仲違いしたので三国志では李驤に触れなかったのかも知れません。

 

李福の最期

李福の最期

 

この李福、遺言を成都に伝えた功績もあってか、

次の蔣琬政権では北伐メンバーに選ばれ、前監軍(ぜんかんぐん)、大将軍司馬に任命され、

漢中の南鄭城(なんていじょう)に駐屯していましたが238年に急死したようです。

具体的にどんな功績を挙げたか不明ですが、

それなりに軍人としては有能だったのでしょう。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

益部耆旧雑記が無ければ、季漢輔臣賛(きかんほしんさん)に名前が残るだけで、

その後の三国志演義(さんごくしえんぎ)でも出番が無かったかも知れない地味な李福。

どうみても有能とは言い難い、うっかり八兵衛な内容ですが、

その分、キャラが立ったとは言えるかも知れません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは

関連記事:曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナル…
  2. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  3. 許靖 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士
  4. 張裔(ちょうえい)とはどんな人?あぶねぇ~もう少しで呉の文官にな…
  5. 法正と夏侯淵 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀
  6. 白い象に乗っている木鹿大王(南蛮族) 木鹿大王とはどんな人?白い象を操る南蛮のウィザードが色々カオス
  7. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たし…
  8. 関羽の死 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  3. 朝まで三国志の公孫瓚
  4. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 呂範
  7. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい将軍
  2. 孔明は劉備の嫁?「水魚の交わり」にはけっこう深い意味があった!
  3. 鈴木三樹三郎とはどんな人?実は剣術が下手な新選組だった? 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  4. 陶淵明のすねすね漢詩「飲酒二十編」が想像以上にグダグダ
  5. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇 顔良を討ち取る関羽
  6. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!

三國志雑学

  1. 関羽
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  3. 眠る于禁
  4. 龐統と的盧
  5. はじめての三国志 画像準備中


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 後宮にいる美女の階級事情
  3. 辮髪(べんぱつ)
  4. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)
  5. 武田信玄と徳川家康

おすすめ記事

項羽 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 陸遜と孫権 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介 黄巾賊を撃退する太史慈 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、涼州(りょうしゅう)、并州(へいしゅう)編 周瑜はナルシスト 周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった キレる劉備になだめる黄権 夷陵の戦いの最大の敗因はどこにあった?もう一度夷陵の戦いを振り返る 軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧 幕末 魏呉蜀 書物 太古の怪物図鑑山海経とは?普通の人が出てこない怪物図鑑

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP