呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は??

軍事面でも才能を発揮する諸葛恪




諸葛恪

 

諸葛瑾(しょかつきん)の長男として生まれ、

幼いころから秀才と呼ばれていた諸葛恪(しょかつかく)

 

諸葛恪孫権(そんけん)の息子が皇帝になると魏軍に大勝利を飾り、

孫呉の歴史に1ページを飾った人物ですが、

妖怪と世紀の対決をしたことでも有名な人でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛恪は諸葛亮からあれをパクッていた!?

関連記事:【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術

 

 

孫呉と妖怪には深い関係がある

曹操から劉備を守る張飛

 

孫呉と妖怪にはなぜか知りませんが深い関係があります

例えば孫呉の重鎮として知られる朱桓(しゅかん)も妖怪と浅からぬ関係を持っていました。

朱桓と妖怪にはどのような関係があるのでしょうか。

 

 

首が胴と離れてしまう妖怪を雇う

朱桓

 

朱桓は一人の下女を雇います。

彼女は夜になって眠ると首だけが離れてしまうそうです

さらに彼女は耳を鳥の羽のように使って空を飛んで翌日には元に戻っているのでした。

 

夜中に彼女と一緒に寝ている女が彼女を怪しんで光を当ててみると

彼女の首がないことが判明。

そこで彼女の首に布を被せることにします。

すると彼女の首は夜が明けても戻ることができずに地面に何度も激突し、

息も絶え絶えになっていたそうです。

 

この下女に布をかぶせた女は彼女の首から袋をどかせてやると

首は元通りに胴体へ戻り普通に生活をしたそうです。

 

朱桓はこの下女の出来事を聞いて解雇しようとしますが、

下女曰く「これは私達の一族では普通のことなんです。

気にしないでくださいね。てへッ」

と言って舌を出して説明したとかしないとか。

その後この女性がどうなったかは知りません。

 

このように孫呉と妖怪とは何でか知りませんが深い関係があるのです

そして諸葛瑾の息子諸葛恪も妖怪と関係を持ってしまうのです。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

丹陽をうまく治めるが…

諸葛恪

 

諸葛恪は丹陽の太守を勤めることになります。

この地は異民族が多くいて治めるには難しい土地でした。

 

しかし諸葛恪は異民族を統治するために

自分が治める丹陽周辺の地域の食料をすべて刈り上げて

異民族の手に渡らないようにします。

 

そして異民族が飢えて降伏を願い出たときには

一切罰してはならないと命令を出します。

 

この諸葛恪の作戦は大成功し

多くの異民族が彼の元へ降伏してくることになります。

そして丹陽の土地は平和になるのでした。

 

だがこの丹陽の土地には異民族のほかに妖怪がいたのです

 

妖怪との世紀の対決

 

妖怪との世紀の対決

 

諸葛恪は丹陽をうまく治めることに成功し、

狩に出かけることにします。

 

彼は従者と一緒に山の中に入っていき、

狩を楽しむのでした。

そんな中、諸葛恪の前にひとりの小さな子供が登場

諸葛恪の前に小さな手を指差し出してきて、

引っ張りこうもうとするのでした。

 

しかし諸葛恪は冷静に対処します。

 

世紀の対決はいかに!?

諸葛恪

 

諸葛恪は引っ張ってくる子供に対して、

逆に引っ張り返してその場から離します。

すると子供はすぐに死んでしまうのでした。

 

こうして世紀の対決は諸葛恪の勝利で終わるのでした

 

諸葛恪はどうして妖怪に勝てたのか

信と曹操

 

従者はびっくりして

「殿はどうしてこのような事ができたのですか」と質問。

 

すると諸葛恪は

「昔書物でよんだことがあるこいつは「傒嚢(けいのう)」と言う妖怪で、

子供の姿をしているそうだ。

そしてその子供の姿をした傒嚢

その場から引き離してしまえばすぐに死んでしまうそうだ。

私は知っていたからこのことに別に驚きはしないよ」

といってその場を立ち去って行くのでした。

 

こうして諸葛恪は「妖怪キラー」として人々からうわさされたそうです

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

孫呉のほかにも三国志には妖怪といわれるような存在が多数エピソードして残っています。

例えば魏には数メートルクラスの大きな巨人も出現しています。

ほかにも一度死んだと思われていた女性が数百年後に登場したりと色々不思議なことが起きています。

 

近代ではそのような事がほとんど起きていませんが、

古代ですとこのように妖怪達がたびたび出現するのはどうしてなんでしょうか。

知っている人がいたら教えてくださいませ。

 

参考文献 【ちくま学芸文庫 正史三国志呉書】など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!

関連記事:諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呂布の裏切りについて考察してみた
  2. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  3. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  4. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きと…
  5. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる
  6. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明 【三国志平話】張遼が軍師で諸葛亮が剣客に!
  7. 曹操の墓 曹操の墓はどこに?発掘のきっかけは村人が見つけた遺跡だった!
  8. 孔明 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. 城の前を掃除する孔明
  4. 曹操の元から離れる関羽
  5. 餓えた農民(水滸伝)

おすすめ記事

  1. 近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる 近藤勇 新選組
  2. 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版 凌統
  3. 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 曹操に降伏する教祖・張魯
  4. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  5. 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 対立する西郷隆盛と大久保利通
  6. キングダム582話ネタバレ予想vol3王翦はまだ動かない!! キングダム52巻

三國志雑学

  1. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  2. 土いじりをする劉備
  3. 三国志平話
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 賈逵(かき)
  2. 王翦
  3. 夏侯覇
  4. 怒る孔明
  5. 武田騎馬軍団 馬場信春
  6. 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま

おすすめ記事

蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】 徐盛(じょせい)呉の将軍 【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛 代筆屋 商売 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 陸遜 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった? キングダム キングダム ネタバレ 535話「蒙恬総大将特例で将軍へ昇格」 陸遜 「陸遜のことが大好き!」な人々がなぜこんなに多いの?最近のイケメン描写の横行を考察

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP