キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【2018年版】『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!なんとあの文献に書かれていた?【HMR】




なまけもの

 

以前、

 

「2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも?」

 

と題しました記事において、

(しん)始皇帝(しこうてい)の祖母に当たる人物「夏大后(かたいごう)が

世界中から珍しい動物を集めて動物園を築き、

その中にはカバもいたのではないか、という可能性に触れました。

 

よかミカン

 

この記事の掲載後、

「はじめての三国志」が誇る敏腕ライターのおひとり、

よかミカン様から大変重要な情報をご提供戴きました。

 

三国志演義

 

その情報によればなんと、

赤兎馬(せきとば)=カバ説』を裏付ける貴重な文献が

実在していたと言うのです!!

 

カバにまたがる関羽

 

これはもう『赤兎馬=カバ説』は真実であると

言ってしまっても過言ではないでしょう!!

 

筆者はこの情報を知るに至って、

興奮して夜しか眠れず

この事実を皆様に使えなければならない責任の重さに

ご飯も1日3回しか食べられなくなってしまいました!!

 

それでは早速、

赤兎馬=カバ説』の真相に肉薄していきましょう!!

 

世界には不思議なことはたくさんあるんだよ!!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】

 

 

その前に、カバって本当に「血の汗」を流すの?

カバって本当に「血の汗」を流すの?

 

『赤兎馬=カバ説』を支える重要な根拠のひとつとして、

「カバが赤い汗をかく」という事実があります。

しかし、実はこの「汗」、血が混ざって赤いわけではないのです。

それどころか、そもそもカバは「汗」をかかないのです。

 

なんという衝撃的事実!!

これには筆者も驚きのあまり呆然として、

そのまま3時間昼寝をしてしまったではないですか!!

 

 

汗をかかないのに赤い汗をかくってどういうこと?

はてな

 

そもそも汗というのは体温調節のために、

体表にある汗腺という組織から分泌される体液の一種です。

暑さなどのために体温が上昇した場合、汗腺から汗を分泌し

その気化熱で体温を下げようとするわけです。

 

しかし、人間と同じ哺乳類であるカバには

体温調節のために汗をかく必要がありません。

はたしてそれはなぜでしょうか?

 

答えは簡単。

カバは水辺に棲む水棲哺乳類だからです。

 

つまり、カバは日常的に

プールや水風呂に入って涼める環境が

常時身の回りにある動物なんです。

そんな動物だから、当然汗をかく必要もないわけです。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 

じゃあ、カバの「赤い汗」の正体は一体なんなの?

カバの「赤い汗」の正体は一体なんなの?

 

確かにカバは汗をかきませんが、

彼らが体表から「赤い汗」に見える“なにか”を

分泌していることは事実です。

 

では、その「赤い汗」とは一体何なのでしょうか?

 

1日の大半を水の中で過ごすカバですが、

そんな彼らも地上に上がることがあります。

カバには体毛がないことは皆さんもご存知ですが

ああ見えて、意外にデリケートなお肌だったりします。

 

そんなカバのお肌にとって、

アフリカ大陸の強い日差しは大敵。

紫外線や乾燥に思いっきりさらされてしまいます。

 

そんなカバのお肌を守るのが、あの「赤い汗」です。

実は、カバの体表には汗をかくための汗腺が変化した

「粘液腺」と呼ばれるものがあり、この粘液腺が

分泌するのがピンク色の粘液……つまり「赤い汗」の正体なのです。

 

カバの全身を覆う「赤い汗」=ピンク色の粘液は

ちょうど日焼け止めローションのような役割を果たし

カバのお肌を強烈な日差しや乾燥から守っているんですね。

 

ちなみに「汗血馬」は実在するの?

ちなみに「汗血馬」は実在するの?

 

三国志に登場する赤兎馬は「汗血馬」だったとされていますが

実際に「血」を汗のように流す馬の存在は確認されていません。

 

そもそも血液は全身に酸素や栄養分を運ぶ

非常に重要な役割を果たす体液であって、

これが体外に流れ出るというのは緊急事態です。

だから、動物が血液を汗のように流すことはありません。

 

ではなぜ「汗血馬」というものが存在しているように

文献に記述されているのでしょうか?

 

これには諸説あり、

 

・赤毛の馬が発汗するとまるで血に染まったように見えた

・体表についた寄生虫に吸われた血液が流出した

 

などの仮説が有力視されているようです。

 

血の汗を流す人間は存在する!?

ピッチャー関羽(野球のエース)

 

星飛雄馬のことではありませんよ?

 

人間には汗のように血が滲み出るという

「血汗症(けっかんしょう)」という症状が

極々まれに起こることが知られています。

 

「血汗症」は死の危険といった極めて重大な

ストレスを感じた人間に起こる症状とされます。

 

歴史文献としては、戦場における兵士や

死刑執行寸前の死刑囚に見られたという記述を

レオナルド・ダ・ヴィンチが遺していることが知られています。

 

『赤兎馬=カバ説』を裏付ける記述がある文献はこれだ!!

よかミカンと石川克世

 

閑話休題(それはさておき)。

 

よかミカン様から「はじ三専用極秘情報回線」を

経由して戴きましたのは、以下のような情報でした。

 

三国志平話に、興味深い記述を見つけたよぉ!!」

 

この情報に筆者はじめ、「はじ三」スタッフ一同は驚愕、

寝ぼけていた筆者も、頭を100tハンマーでぶっ叩かれた

衝撃を覚えました。

 

三国志平話」とは中国宋代の民間説話をまとめた

元の時代の書物『全相平話五種』、その中に含まれる

『新刊全相平話三國志』全三巻のことです。

 

後に編纂された『三国志演義』には、この『三国志平話』から

多くの故事が取り入れられていることでも知られていますね。

 

その『三国志平話』上巻に、丁原の所有する馬として

「赤兎馬」が登場しますが、その記述の中にこんな一文があります。

 

這馬若遇江河 如受平地 涉水而過多若至水中 不吃草料 食魚鱉

 

この部分を現代日本語に訳すと、以下のようになります。

 

「この馬は川に行き当たっても平地と同じように行き、

いとも簡単に渡ってしまう。

水中では草を食べずに、魚や亀を食らう」

 

(『三国志平話』二階堂善弘/中川諭 訳 株式会社光栄 1999年3月5日 68ページ)

 

赤兎馬は川に行き当たってもまるでものともせず、

平気で川の中を歩いていった。

まさにカバそのものではありませんか!!

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

カバが魚や亀を食べるの!?

 

勘のいい読者様ならお気づきでしょう。

「その記述はおかしいんじゃないか」……って。

 

そう。

この『三国志平話』の記述によれば

赤兎馬は「水の中では魚や亀を食べた」ことになります。

 

カバって草食動物だろ?

魚や亀を食べるわけないだろうが。

 

そう思われても不思議はありません。

 

(参考映像:スイカをまるごと食べるカバ)

 

草食動物は一切肉を食べないわけではない

 

草食動物が餌とするのは植物である。

肉を食べるのならそれは肉食動物ではないか?

 

一般的な感覚から言えば、確かにその通りです。

しかし、草食動物と言っても、一切肉食しないとは限りません。

 

確かに常に餌となる植物が豊富にあれば、

草食動物が肉を食べる必要はありません。

 

しかし、干魃などの緊急事態で食料にできる植物が

極端に減ってしまった場合、仲間や他の動物の死骸を

食べて飢えを凌ぐことがあることが知られています。

 

実際、カバが仲間の死骸やインパラといった

動物を食べた観測記録が残されています。

 

まして、赤兎馬が生きていたのは戦場です。

カバが食べられるような植物が常に十分用意できていた

とも考えられません。

 

赤兎馬(カバ)にまたがる呂布

 

戦場を駆けるカバ=赤兎馬が

飢えを凌ぐために水中で捉えやすい魚や亀を食べた

可能性は十分あるとは考えられませんか?

 

三国志ライター 石川克世の憶測

三国志ライター 石川克世の憶測

 

でも、結局のところそれは『三国志平話』の記述だろ?

あれってつまるところフィクションじゃん?

 

……確かにそう思われても仕方がありません。

赤兎馬が川の中を平気で歩くとか。魚や亀を食べるとか

それはただのフィクションではないか、と。

 

しかし、こう考えることはできないでしょうか?

 

三国志演義に詳しい方はご存知のことと思いますが、

演義に登場する有名な武器、

例えば関羽の青龍堰月刀や張飛蛇矛

歴史上の三国時代に存在したものではありません。

 

それらの武器は宋代以降に成立したものですが、

これはちょうど『三国志平話』や『三国志演義』が

成立した時代にあたります。

 

つまり、これらの説話の作者は

一般の庶民にはあまり馴染みのない

史実上の三国時代の武器を登場させるよりも、

 

宋代や元の時代に一般的に存在していた武器を

登場させることで、読み手にイメージしやすい

ものとして物語を書いていたと考えられます。

 

それと同じことが「赤兎馬」にも言えるとは思いませんか?

 

『三国志平話』の時代、

中国大陸にはすでにカバが持ち込まれていた。

その「異様な馬」のような動物を目の当たりにした

人が書き残した説話が、後に『三国志平話』にも

取り込まれた可能性は十分に考えられるでしょう。

 

つまり、

やっぱり『赤兎馬』は『カバ』であったのです!!

 

……まあ、それを裏付ける客観的物証は存在しないんですけどね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!

関連記事:【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  2. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  3. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  4. 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校
  5. 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?
  6. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  7. 法正と劉備 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  8. 杜夫人 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 腐れ儒者気質な孔融
  2. 織田信長
  3. お茶を楽しむ明智光秀
  4. 曹茂

おすすめ記事

  1. 伊藤博文と井上馨、二人の絆の原点はトイレだった?
  2. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  3. 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る! 于禁と兵士
  4. 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像
  5. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介 李広利
  6. 【はじさん編集部】第3話 大三国志スキルカイトルで一攫千金の巻!

三國志雑学

  1. 顔良と文醜
  2. 空城も計 孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 土いじりをする劉備
  2. 魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い
  3. キングダム53巻

おすすめ記事

蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ! キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの? 鎌倉時代 服装 男女 鎌倉時代の平均寿命は?鎌倉時代の有名人は何歳まで生きたの? 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった? 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP