ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての呉

朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官

朱桓(しゅかん)




朱桓

 

今回初めての三国志で紹介するのは朱桓(しゅかん)です。

彼は江東の四大貴族(朱・張・陸・顧)出身の武将です。

貴族出身だったら横柄な人でしょと思われますが、兵士や民には、

すごく優しく接することのできる武将です。

また自分の配下の兵士1万人の名前と出身地を覚えていた記憶力抜群の人物です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

 

慈愛に満ちた官吏

孫権と三国アヒル

 

朱桓が若い時は孫権の小姓として仕え、その後孫権から県令に任命されました。

彼が県令として赴いた土地は、疫病が蔓延しておりました。

また、飢饉が発生したせいで、食物がなくなり民衆は非常に困っていました。

朱桓はそこで、能力のある役人を選び抜いて、疫病にかかって病気になった民衆を治療し、

食物のない家には施しを行い領民の安定を第一に考えた政治を行います。

 

 

民衆の病気も治り餓死を改善し、山越族もの反乱にも対応

山越族もの反乱にも対応

 

このおかげで、民衆の病気が治り、食べものがない家では餓死することがなくなりました。

また山越族が反乱を起こし、行政官や民衆を襲い略奪を行っていましたが、すぐさま平定します。

これらの活躍により朱桓は民衆からはすごく人気のある統治者で、

孫権からの評価も高く、裨将軍に任命されます。

 

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

将軍として内外から高い評価を受ける

曹丕皇帝

 

朱桓は将軍に任命された後もしっかりと実績をあげていきます。

魏の皇帝・曹丕(そうひ)が大軍で呉に攻め込んできます。

朱桓は5000の兵で濡須の守備を命じられ、魏の名将・曹仁(そうじん)

数万の兵士を率いて侵攻してきます。

 

圧倒的な戦力差に兵士は恐怖に駆られてしまいますが、

朱桓は兵士達に

「勝負を決めるのは兵士の質と大将の手腕によって決まるのだ。

曹仁の軍勢は遠征により、疲労困憊であるが、我らは全く疲れていない。

また要害堅固の地に陣取り、遠征してきた敵を打ち破るにはもってこいの場所に陣をとっている。

これらの状況を考えれば我らの勝ちは目に見えている。」と兵士を激励します。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

 

朱桓は弱々しい軍勢を数日装う

曹仁

 

朱桓は、弱々しい軍勢を数日装い、曹仁を油断させます。

彼は曹仁の陣に油断が生じたと判断して、猛攻をかけて、数万の曹仁軍を大破させ、

曹泰を撃破し、王双を捕虜にする抜群の勲功を挙げます。

また石亭の戦いでは、朱桓は陸遜(りくそん)の指揮下に入り、

数万の兵士を率いて左翼を担当し、

周魴の偽降に引っかかった曹休(そうきゅう)の軍勢を打ち破ります。

これらの戦いが評価され、石亭の戦いの翌年孫権からに前将軍に任命されます。

 

関連記事:100年に1人の逸材|陸遜(りくそん)の生涯をたどる

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将

 

短気が欠点の朱桓

短気が欠点の朱桓

 

朱桓は数々の武功を挙げ、国内外から高い評価を受けていました。

しかし同僚や自分より上の者から指摘されるのをすごく嫌っていた人物です。

ある戦で朱桓と全琮が軍の方針について話し合いをしておりましたが、

両者の意見は食い違い、言い争いになります。

この陣に孫権(そんけん)はお気に入りの胡綜(こそう)という人物を派遣しておりました。

全琮は胡綜から孫権がそのようにしろと指示を出していたと朱桓に話します。

朱桓は激怒し、胡綜の陣へいきます。

しかし胡綜は側近からこの話を聞き逃げ出してしまいます。

 

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

関連記事:あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

 

短気の朱桓は側近を殺害、止めようとする者まで・・・

 

朱桓は胡綜が逃げ出したことを彼の側近から聞くと刺殺し、

自分を止めようとした副官も殺してしまいます。

この事件を聞いた孫権は彼を病と称して療養させることにしたそうです。

孫権は朱桓が残した数々の功績とその能力を惜しみ、罪を問わなかったそうです。

正史「三国志」の著者・陳寿(ちんじゅ)も彼の短気な部分が欠点であると指摘しております。

朱桓は短気な性格が欠点でありましたが、自分が獲得した恩賞は配下の兵士に全て分け与え、

下の者には別人のように優しかったそうです。

朱桓が亡くなった時、彼の配下の兵士は大いに悲しんだそうです。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

朱桓はあるとき落頭民という南方の部族の女を下女に雇います。

この下女は夜になると首だけが胴体から離れて空を飛んで行ってしまうという噂が流れます。

彼の配下が確かめるべく、夜中、女の元へ行くと確かに首だけがありません。

そこで布団を胴体に被せると、首は行き場を失い、

地面に何度も落下し、息も絶え絶えになっておりました。

 

すぐに布団をどかすと首は戻ってきて、胴体と合体し、何事もなかったように過ごしたそうです。

朱桓はこの不気味な話を配下から聞くとすぐに解雇したそうです。

武勇に優れた朱桓でも妖怪には勝てなかったようですね。

今回のお話はこれまでにゃ。

次回も初めての三国志で会いましょう。

それじゃあまたにゃ~♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策

関連記事:孫権の妃達は地味な上にあまり幸福ではなかったって本当?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の…
  2. 冒頓単于と劉邦 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  3. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の…
  4. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名…
  5. 始皇帝(キングダム) 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦…
  6. はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  7. 孫権と三国アヒル 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  8. 張燕 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布と…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜の魅力
  2. 黄巾賊
  3. 劉備と曹操
  4. 霊帝から益州統治を頼まれる劉焉
  5. 七星剣
  6. 薩摩藩の島津義弘
  7. 信陵君

おすすめ記事

  1. 【朝まで三国志2017】告知参加メンバーが判明したよ
  2. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった! 王翦
  3. 徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした? 酒乱の徳川慶喜
  4. 周倉の武力はいかほどのものだったのか?魏・呉・蜀の大物を掻き回した能力に迫る 周倉とホウ徳
  5. 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは 大村益次郎 幕末
  6. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう! 豊臣秀吉 戦国時代2

三國志雑学

  1. 劉虞
  2. 張コウ 張郃
  3. 張飛の男気人生
  4. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿
  2. 姜維
  3. 黄巾賊
  4. 趙雲
  5. 安土城 織田信長が作らせた城
  6. 羌瘣
  7. 霊帝から益州統治を頼まれる劉焉

おすすめ記事

はじめての三国志からのお知らせ バナー 「でいぜろバンコク」のスポンサーになりました キングダム52巻 キングダム579話最新ネタバレ予想「飛信隊の覚醒スイッチは○○だ!」 亡くなる周瑜 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち 邪馬台国と卑弥呼軍 壬申の乱の内幕、皇位継承を巡る日本古代史上の最大の内戦を解説(第1回) はじめての三国志 画像準備中 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】 kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献 バジオウ キングダム595話最新ネタバレ雑学「仮面の山の民は実在するの?」 竹林の七賢 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP