魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた

魏の曹操孟徳




泣きわめく曹操

 

潼関(どうかん)の戦いは馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)はホームグラウンドであるのに対し、

曹操(そうそう)ははるか(ぎょう)からの遠征、さらに補給ルートも河東郡という長さでした。

10万の大軍を維持するには、補給が大変だったわけであり、

もちろん、馬超も補給線を破壊する事で曹操を脅かすつもりだったようです。

ところが曹操甬道(ようどう)を作成して、補給を万全に保護した事で、

戦いに勝利する事が出来ました。

では、曹操が作成した甬道とは、どういうものだったのでしょう?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】

関連記事:85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利

 

 

甬道とは何か?

劉邦

 

 

甬道とは、元々、皇帝専用の道路を意味していました。

天子は、その姿をみだりに見せてはいけないので、建物から建物へ移動する時に

その通路の左右に土壁の遮蔽物(しゃへいぶつ)を設けて見えなくしたのです。

楚漢戦争(そかんせんそう)の頃、劉邦(りゅうほう)項羽(こうう)滎陽(けいよう)(きょう)(さく)の間で戦っていましたが、

食糧を奪われる事を防ぐ為に、甬道を築いて黄河につないで

敖倉(ごうそう)(ぞく)を調達したというような記録が出てきます。

曹操が造った甬道は、この劉邦が造った甬道に近いものでした。

 

 

車両をそのまま防御壁に利用する合理的な曹操

車両をそのまま防御壁に利用する合理的な曹操

 

曹操は潼関の戦いの前に、騎兵による突撃を心配する配下に対して、

ならば刺せないようにしてやろうと豪語しています。

ここに、曹操が甬道を作成して騎兵の突撃を阻止するプランを最初から

持っていた事が分かりますが、あいにく戦場になった黄河の西は、

砂が多い土壌で土塁を築くのにも苦労するという性質でした。

 

そこで曹操は、土の壁でも石や、木材を調達するのではなく、

補給物資の輸送の為に運んできた車両を横倒しにして並べ、左右に柵を置いて

中に()の狙撃兵を置いてガードするという方法を編み出したのです。

潼関の戦いの地図

 

この甬道は、蒲坂津(ほはんしん)を渡った所から黄河に沿い南下、次は渭水(いすい)に沿い

西に向かって進んでいて、曹操軍の補給地に繋がっています。

馬超は、この甬道に手も足も出ず、補給をかく乱して曹操を兵糧切れに

追い込むという当初の目的を果たせませんでした。

 

馬車や兵車は補給を行う上でどうしても必要になる輸送車両なので、

これをそのまま防御柵として使用するというのは、非常に合理的で

一から遮蔽物を築くよりは労力が少なくて済んだのです。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

古くから戦車を遮蔽物として利用した中国

古くから戦車を遮蔽物として利用した中国

 

中国では古くから馬車を横倒しにして遮蔽物とし、その内側に弩兵を配置して

騎兵の襲撃に備える戦法が存在していました。

曹操は、そのような故事をよく知っていたので、これをヒントに甬道を造り

補給を万全にする事で、遠征をしているという不利を解消し、

馬超や韓遂が率いる騎馬のアドバンテージを無効にしてしまったのです。

 

こちらの弱点を克服し、同時に相手の長所を封じてしまうのは兵法の理想で

潼関の戦いで曹操は、これに成功していたと言えるでしょう。

 

黄河と渭水に並走させる事で甬道の利便性を向上

黄河と渭水に並走させる事で甬道の利便性を向上

 

また、曹操が甬道を黄河、そして渭水の流れに並行しながら造ったのも

非凡なポイントだと思います。

 

近くに河があるという事は飲料水を確保できるという事ですし、

同時に騎兵の襲撃がないなら、物資を陸上から河に移して

移動距離を稼ぐという方法も取る事が出来るからです。

おそらく甬道には、部分部分に開いている部分があり、ここから、

補給物資を出したり、入れたり出来たのでしょう。

 

もちろん、そこには守備の為の部隊が配置され騎兵が出現すると

補給物資を回収し、急いで閉じるような工夫もされていたに

違いないと思います。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹操の甬道については、馬超の騎兵の突撃を阻止した面からしか

語られる事がありませんが、この黄河と渭水に並行して造る事で、

飲料水確保と水運利用がしやすくなるようにしたという点を忘れては

いけないと思います。

それ位、曹操の非凡な兵法の才が光る戦いだったと言えると思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

関連記事:三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の能力を数値化してみたらこうなりました
  2. 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?
  3. 海上での戦い 劉備と曹操 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  4. 呂布に仕える袁渙 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持…
  5. 馬岱 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  6. 大声を出す張飛 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法
  7. 王莽 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  8. 西郷隆盛(ゆるキャラ) 劉備と西郷隆盛の共通点って何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿対孔明
  2. 関羽と周倉
  3. 曹植
  4. 曹操 詩
  5. 後宮にいる美女の階級事情

おすすめ記事

  1. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは? 呂布に仕える袁渙
  2. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 袁術と孫策
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  4. 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介 海上での戦いの孫権
  5. 劉禅その後はどうなった?皇帝劉禅の生涯・降伏後の姿は本当の姿だった? 君たちはどう生きるか?劉禅
  6. 三国志をテーマとした美少女簡単ストラテジーRPG『三国志炎舞~王様の物語~』8月25日より配信をスタート

三國志雑学

  1. 曹叡
  2. 呂布と袁術
  3. 劉備と4人の妻
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 藺相如(りんしょうじょ)
  3. 徐庶
  4. 孫姫

おすすめ記事

村田新八 村田新八とはどんな人?「西郷どん」でアコーディオンを弾いた薩摩藩士 酒を飲む曹操と劉備と呂布 中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった! 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ 周瑜と孫策 なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは? これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集 はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 宦官の趙高(キングダム) 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話 劉邦と簫何 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP