ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場

お互いに歌を交わす趙雲と劉備


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

京劇の趙雲

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)趙雲(ちょううん)は、桂陽太守・趙範(ちょうはん)から亡き兄の未亡人を(すす)められた時に

人倫を乱すとして拒んだ堅物(かたぶつ)キャラで、

第一次北伐失敗後の撤収の際に善戦したことを賞された時には、

敗軍に賞があることはおかしいとしてご褒美を返してしまっています。

まさに「自分、不器用ですから……」を地で行くような武人。

ペラペラと詩を詠んだり歌をうたったりするイメージは皆無です。

ところが、三国志演義より前に書かれた「三国志平話(さんごくしへいわ)」では、

趙雲は歌をうたいながらオペラのように登場しているからびっくりです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について

関連記事:三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義

 


 

舞台セットのような情景で劉備が歌う

舞台セットのような情景で劉備が歌う

 

三国志平話における趙雲の初登場シーンは、流浪の劉備が一人で不遇(ふぐう)を嘆いている場面です。

根拠地の徐州を失い、弟分や家族たちとも離ればなれになり、

独り落ち延びて袁譚(えんたん)のところに身を寄せた劉備

再起を図るために五万の兵を貸して欲しいと袁譚にお願いしますが、

袁譚は口先だけで承諾しながら何日経っても兵を貸す気配がありません。

夜、滞在先の宿舎で独り酒を飲み、憂いが詩となって劉備の口から流れ出します。

 

【原文】

天下大乱兮黄巾遍地

四海皇皇兮賊若蟻

曹操無端兮有意為君

献帝無力兮全無靠倚

我合有志兮復興劉氏

袁譚無仁兮嘆息不已

【書き下し文】

天地大いに乱れ 黄巾地に(あまね)

四海皇皇として 賊 蟻のごとし

曹操端無く 君たらんとするの意あり

献帝(けんてい)力無くして 全く靠倚(こうき)するなし

我まさに志ありて 劉氏を復興せんとす

袁譚仁なく 嘆息やまず

 

献帝」という言葉はおかしいですね。

献帝とは、このときの皇帝が崩御したあとにつけられた諡号(しごう)なので、

在位中なのに「献帝」と呼んでいるのはおかしいです。

また、詩の内容はストレートすぎて、詩心が感じられません。

三国志平話」を作ったのは、多少読み書きが出来るという程度の庶民だったのかもしれませんね。

 

詩の出来はさておき、劉備が詩を詠んでいる情景が舞台のワンシーンみたいで面白いです。

「ロミオとジュリエット」で、ジュリエットが夜にバルコニーでロミオのことを想いながら

独り言を言っている場面のようです。

 


 

ロミオ、じゃなかった、趙雲登場

ロミオ、じゃなかった、趙雲登場

 

誰に聞かれているとも思わず、独りで口ずさんだ劉備の詩。

すると、西側の廊下から一つの声が、劉備の詩に和して歌い始めます。

 

【原文】

我有長剣 則空揮嘆息

朝内不正 則賊若蛟虬

壮士潜隐 則風雷未遂

欲興干戈 則朝廷有倚

英雄相遇 則扶持劉邦

斬除曹賊 与君一体

【書き下し文】

我に長剣あるも 則ち空しく揮いて嘆息す

朝内正しからず 則ち賊 蛟虬(みずち)のごとし

壮士潜隐して 則ち風雷いまだ遂げず

干戈興らんと欲し 則ち朝廷の()る有らん

英雄(あい)()えば 則ち劉の(くに)を扶持す

斬りて曹賊を除き 君と一体とならん

 

 

この詩も変ですね。下から二行目にある「邦」という文字はNGワードです。

漢の始祖である劉邦(りゅうほう)の名前を漢代の人間が口にすることは不敬にあたるので。

こういう一字一句に無神経だと官吏登用試験の科挙(かきょ)に受かるはずはないので、

三国志平話」を作ったのはやっぱり士大夫階級の人間ではないんだろうな、って感じです。

 

この詩は劉備の詩と同じ音で押韻(おういん)しておりまして、

漢室復興がままならないという劉備の悩みに対して

“お嘆きめさるな、我らが組めばWe can do it!” という内容になっております。

韻の踏みかたも内容も劉備の詩に呼応しているんですね。

 

ふいに聞こえてきたこの詩。

この声のあるじこそ、我らが趙雲将軍。

なんですかね、この登場の仕方。

ジュリエットが「どうしてあなたはロミオなの」と独り言を言っているのを聞いて、

我慢しきれず「恋人って呼んでくれるならもうロミオやめる!」と声をあげたロミオみたい。

(ロミオ、そんな台詞じゃなかったですかね)

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話


 

舞台映えするこのシーン

舞台映えするこのシーン

 

詩を詠み交わしながら登場するという美しいシーン。

コーエーが出版している『三国志平話』のまえがきで、

中川諭氏はこれを元の時代の雑劇の影響だろうとおっしゃっています。

なるほど!三国志平話は民間の講談や芝居を元にしてまとまったものらしいので、

舞台で劉備役と趙雲役が歌いながら演じるような演目があったんだろうなーと

容易に想像できますね。

 

独り寂しく歌っている主人公のところにもう一人が歌いながら現われるというシーンは

とても舞台映えしそうです。

西洋の劇みたいに舞台の袖から趙雲が歌いながら登場するのもいいですが、

歌舞伎で花道を使いながらやってみるのも面白いのではないでしょうか。

舞台に劉備がいるのを観客が見ている間に趙雲がひっそり花道に出てきて

劉備の歌を聴きながら動作でちょっとずつ芝居をするなんていうのを見てみたいです。


  

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

夜に独り言をいっている主人公のところにもう一人が現われて声をかけるのは

「ロミオとジュリエット」のバルコニーのシーンにそっくりですが、

三国志平話は十四世紀前半に刊行されており、「ロミオとジュリエット」より

二百年以上早いです。

素敵なシーンを描こうと思ったら自然と似通っただけなのか、

あるいはどこかでルーツがつながっているのか。

そんな舞台演出の歴史に思いを馳せるのも楽しそうです。

劉備の詩のヘタクソさが気にならなくなるほどの面白シーンだなぁと思いました。

 

【参考文献】

翻訳本:『三国志平話』二階堂善弘/中川諭 訳注 株式会社光栄 1999年3月5日

原文:维基文库 自由读书馆 全相平话/14 三国志评话巻上(インターネット)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析

関連記事:趙雲が最強イケメンだった3つの理由

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 


 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 孔明 びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!
  2. 玉璽 孫策の最強の武器なんと・・・・言葉とハンコ(玉璽)
  3. 魯粛 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  4. 五虎大将軍の趙雲 もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  5. 袁術と劉繇 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯…
  6. 暴れまわる異民族に困る梁習 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか
  7. 曹操と夏侯惇 夏侯惇の功績は戦よりも内政の方が大きい!?
  8. 北伐する孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 光武帝(劉秀)陰麗華
  3. 真田丸 武田信玄
  4. 王翦
  5. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備
  6. 劉備軍 曹操軍
  7. 撃剣を使う曹丕
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

徴兵から逃れをようと国外に逃亡を試みる日本人兵 徴兵!近代を背負った成人達の右往左往 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの? キングダム52巻 キングダム586話ネタバレ予想vol2今後覚醒しそうなキャラは? 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 朝の仕度のお供はながら三国志 特集バナー 朝の仕度のお供に「ながら三国志」無料で音声コンテンツ配信中 龐統 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌 スサノオノミコト(日本神話) スサノオは朝鮮半島から来た!?三韓と出雲の連合構想とは 趙雲 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP