三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!




曹操

 

曹操(そうそう)は自らの観察力によっていろいろな人材を見出すことに成功しています。

今回紹介する楽進(がくしん)曹操の観察力によって見出された人材の一人です。

曹操は己の観察力によって楽進を見出しましたが、どのような事を行って楽進を人材として見出したのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1

関連記事:2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

曹操に見出された人材達

劉曄

 

曹操が楽進をどのように見出したのかを説明する前に曹操の人物観察力によって見出された人材達をここでサクッと紹介しましょう。

曹操はいろいろな人材を見出して自分の配下へ加えていきますが、彼に見出された人材達はどのような人物が居るのでしょうか。

曹操に見出された人材達の中で一番有名な人材と言えば、劉曄(りゅうよう)ではないでしょうか。

劉曄漢王朝の王族出身の人ですが曹操にその才能を見出され、曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)時代の魏王朝で活躍する人物になります。

他にも曹操親衛隊隊長として活躍した許褚(きょちょ)も曹操の観察力によってその才能を見出され、配下に加わってすぐに親衛隊隊長になります。

このように曹操は多くの人材を自らの観察眼によって配下に加えています。

そして今回紹介する楽進も彼の観察力によって見出された人材のうちの一人です。

記録係から始まった楽進

記録係から始まった楽進

 

楽進は曹操が董卓(とうたく)討伐戦に参加した頃に曹操の元に馳せ参じることになります。

曹操は楽進を配下に加えると将軍として仲間に加えず、記録係として彼を仲間に加えるのでした。

しかし曹操は記録係としての楽進に期待をあまりかけず、違う方面で彼を活用しようと考えていました。

そこで曹操は楽進を試すためにある実験を行います。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

楽進を試す

楽進を試す曹操

 

曹操は楽進の実力が記録係として発揮されるような人物ではなさそうだと考えます。

そこで曹操は楽進へある任務言い渡しその任務の出来高によって、今後どのような事を楽進へ担当させればいいのかを決めることにします。

曹操は楽進を呼んで「君には一度故郷へ帰って、兵を集めてくるように」と命令を与えるのでした。

なぜ曹操は楽進に募兵をしてくるように命令をしたのか。

正史三国志には曹操が楽進へ命令を下した理由が記載されていません。

そのため推測になってしまいますが、曹操は彼が人望と統率力がある人物だと考え、募兵を行わせたのではないのでしょうか。

楽進に人望があり、統率力があれば故郷から曹操の陣営まで兵士を一人もかけることなく参加させることができ、今後将軍として戦場で活躍させようと考えていたと思われます。

しかし楽進に人望がなければ誰ひとりとして楽進の元へ兵士が集まることはないでしょう。

また楽進に人望があっても統率力がなければ兵士を引率することはできないでしょう。

曹操は楽進へ募兵を命じることによってこの二点を見極めたかったのではないのでしょうか。

さて楽進は曹操の期待に応えることはできたのでしょうか。

 

多くの兵士を連れてくることに成功

多くの兵士を連れてくることに成功

 

楽進は曹操の命令に従って故郷へ帰って兵士を募兵。

その結果、彼の元へ1000人の兵士達が集まります。

そして楽進は1000人の兵士を誰ひとりかけることなく、曹操の元へ引き連れて到着するのでした。

曹操は楽進に人望と統率力があることを再認識し、楽進へ校尉の位を与えて戦場へ出陣させるのでした。

そして楽進は曹操にその才能を見出されたことによって、魏の名将としてめきめきと実力を伸ばしていくことになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

魏書には曹操が行軍中の楽進を見て、彼の才能が将軍に向いているとして彼を抜擢したそうです。

この魏書の話はあながち間違えではないかもしれません。

多彩な才能を持った曹操がとんでもない観察力をもち、人の才能を見出すことにかけては天才的な才能を持った人であった事を表しているのかもしれません。

 

参考文献 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた

関連記事:曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 劉備は本当に景帝の末裔なの?
  2. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  3. 王莽 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  4. 曹植は軟弱ではなかった曹植 【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀?…
  5. キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる
  6. 孫子の兵法 曹操 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  7. 関帝廟 関羽 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法
  8. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  2. 【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!?
  3. 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大!
  4. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! 結婚を喜ぶ孫策
  5. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介

三國志雑学

  1. 諸葛孔明019
  2. 劉備 人望
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  2. 孔明による出師の表

おすすめ記事

大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!? 五代友厚 幕末 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった? 畠山義就 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは 「三国志人物事典」をリリースしました 【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの? 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い

おすすめ記事

  1. 孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗 後悔する孫権
  2. プチャーチンの世界史、日本来航に隠された理由
  3. 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  4. 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??
  5. 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた! 曹操 孔明をチェック
  6. 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!? 合肥の戦いの満寵
  7. 陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る
  8. 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP