呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呂布の英雄石像

 

三国時代の裏切り者といえば呂布(りょふ)です。しかし彼は、三国時代どころか中国史上、いえ、世界史上最も裏切りまくった人物かもしれません。

 

呂布のラストウォー 処刑される呂布

 

そんな裏切り者の呂布を毛嫌いする人も少なくないでしょう。でも、待ってください。彼だって最初から、根っからの裏切り者だったわけではないのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじ三お悩み相談回答編】呂布のような無双ボディになりたい

関連記事:呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由

 


丁原に愛された呂布

丁原(ていげん)

 

呂布を最初に見出したのは丁原(ていげん)でした。丁原は武芸に秀でた勇猛果敢な人物ではありましたが、少し粗暴すぎるところがあり、政治にはあまり向かない人物でした。しかし、それでもなんとか并州刺史や騎都尉にまでのぼりつめます。

 

裏切った呂布

 

そんな折、呂布奉先と出会ったのです。丁原は自分にもどことなく似た呂布をかわいがり、『三国志演義』では呂布を養子にしていたとされています。

 

呂布

 

呂布も自らを可愛がってくれる丁原に対し恩義を感じ、それに報いようとひたむきに丁原に尽くしていました。そう、あのときまでは。

 


董卓に手を差し伸べた李粛

董卓に手を差し伸べた李粛

 

正史『三国志』に丁原が表立って董卓(とうたく)と対立する描写はありませんが、『三国志演義』では、帝を廃したり新しく立てたりとほしいままに振る舞う董卓と正面から衝突。

 

勉強が嫌いで武を極める丁原(ていげん)

 

殺す殺さないのいざこざの末、ついに董卓VS丁原の戦が勃発するに至ります。

 

張燕をボコボコにする呂布

 

そこで呂布は養父・丁原のために持ち前の武勇をふるい、董卓軍を次々と蹴散らしていきました。破竹の勢いで自軍の兵をなぎ倒していく呂布に対し、董卓はこんなことを考えます。

 

呂布と袁術

 

どうにか呂布を討ち取れれば良いが、あの強さでは誰も太刀打ちできないだろう。

どうにか味方にできれば心強いのだが…。

 

董卓

 

しかし、養父・丁原を裏切らせる妙案は浮かびません。

董卓が不利な戦局を見ながらしばらく悶々と考え込んでいると、一人の男が董卓の前に現れました。

 

 

赤兎馬を可愛がる董卓

呂布と同じ并州出身の李粛(りしゅく)です。

「私は呂布と同郷で、幼いころからの親友です。

私が呂布を説得して味方にして参りましょう。」

この提案に董卓は大喜び。

 

しかし、次の李粛の言葉に表情を曇らせます。

そのために、私に赤兎馬を授けてください。

 

赤兎馬

 

赤兎馬は一日に千里を駆ける稀代の名馬。董卓は赤兎馬をとても大事にしていたので、急に手放せと言われて動揺してしまいました。

 

赤兎馬にまたがる呂布

 

するとそれを見透かしたように、

李粛が畳みかけます。

「あの呂布を手に入れられるなら、

馬一頭くらい惜しくないでしょう。

このままでは呂布に攻め入られてしまいますぞ!」

 

赤兎馬と呂布

 

結局董卓は赤兎馬を呂布にくれてやり、なんとか味方になってもらうことを選んだのでした。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門


 

李粛の説得に応じた呂布

李粛の説得に応じた呂布

 

その晩、李粛は赤兎馬をひいて呂布の陣を訪れました。呂布は懐かしい友を快く迎え入れ、しばらく昔話に花を咲かせます。

 

呂布

 

昔話が一通り終わった頃、李粛がおもむろに切り出しました。

「…あの馬をどう思う?」

実は馬が気になっていた呂布は、やれ毛並みが良いだのやれ脚が違うだのここぞとばかりに褒めちぎります。

 

 

心の中でニヤリと笑った李粛は次のように言いました。

「この赤兎馬を君にあげよう。」

「えぇ!?いいの!?」

踊りあがらんばかりの勢いで喜ぶ呂布。

 

呂布のラストウォー 呂布

 

この様子を見て手ごたえを感じた李粛は、さらに話を続けます。「ところで君はこの馬のように大海原を駆けるべき素晴らしい人物なのに、なぜ小さく収まっているのかね?」

 

この言葉を受けて呂布はちょっぴり丁原への不満を漏らします。

「しめた!」

そう思った李粛は呂布の言葉に相槌を打ちつつ、呂布の丁原への不満を次々と引き出します。

 

呂布

 

気持ちよくなった呂布は最後にはどんどん丁原への暴言を吐きまくり、あんな奴死んでしまえと言わんばかりにヒートアップ。そこで李粛は逆に自分が仕えている董卓のすばらしさを語り、董卓と敵対することがいかに馬鹿げたことであるかを解きました。

 

呂布に殺害される丁原(ていげん)

 

そして最後に、次のように言ったのです。

実はその赤兎馬は、董卓様が是非君にと贈ってくださったものなのだよ。

これを聞いた呂布の心はコロッと董卓に傾き、養父・丁原を亡き者にすることを決意してしまったのでした。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

呂布の裏切り伝説のはじまりは、李粛のヘッドハンティングによるものであり、最初から本人に裏切りの志があったわけではありませんでした。

 

劉備 呂布 肉取り合い

 

しかし、李粛の誘導があったとはいえ、結果的にモノに釣られてしまった呂布は、元々それほど誠実な人ではなかったのでしょう。

 

 

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

それでも、李粛が呂布をヘッドハンティングしなければ、呂布がこれほどの裏切り伝説を残すこともなかったのではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった

関連記事:呂布はどうして義父の董卓を裏切ったの?

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 
 


 

関連記事

  1. 餓えた農民(水滸伝)
  2. 関羽の青銅像
  3. 曹仁と曹操
  4. 暗殺計画自慢の董承
  5. 赤兎馬と武霊王

    はじめての変

    赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

    三国志の見所は、武将同士の馬上での一騎打ち…

  6. 王允と呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP