三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?




丁原を斬る呂布

 

三国時代の裏切り者といえば呂布(りょふ)です。

しかし彼は、三国時代どころか中国史上、

いえ、世界史上最も裏切りまくった人物かもしれません。

 

そんな裏切り者の呂布を毛嫌いする人も少なくないでしょう。

でも、待ってください。

彼だって最初から、

根っからの裏切り者だったわけではないのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【はじ三お悩み相談回答編】呂布のような無双ボディになりたい

関連記事:呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由

 

丁原に愛された呂布

丁原に愛された呂布

 

呂布を最初に見出したのは丁原(ていげん)でした

丁原は武芸に秀でた勇猛果敢な人物ではありましたが、

少し粗暴すぎるところがあり、

政治にはあまり向かない人物でした。

しかし、それでもなんとか并州刺史や騎都尉にまでのぼりつめます。

 

そんな折、呂布奉先と出会ったのです。

丁原は自分にもどことなく似た呂布をかわいがり、

『三国志演義』では呂布を養子にしていたとされています。

呂布も自らを可愛がってくれる丁原に対し恩義を感じ、

それに報いようとひたむきに丁原に尽くしていました。

そう、あのときまでは。

 

董卓に手を差し伸べた李粛

董卓に手を差し伸べた李粛

 

正史『三国志』に丁原が表立って董卓(とうたく)と対立する描写はありませんが、

『三国志演義』では、

帝を廃したり新しく立てたりとほしいままに振る舞う董卓と正面から衝突。

殺す殺さないのいざこざの末、

ついに董卓VS丁原の戦が勃発するに至ります。

 

そこで呂布は養父・丁原のために持ち前の武勇をふるい、

董卓軍を次々と蹴散らしていきました。

破竹の勢いで自軍の兵をなぎ倒していく呂布に対し、

董卓はこんなことを考えます。

 

どうにか呂布を討ち取れれば良いが、

あの強さでは誰も太刀打ちできないだろう。

どうにか味方にできれば心強いのだが…。

 

しかし、養父・丁原を裏切らせる妙案は浮かびません。

董卓が不利な戦局を見ながらしばらく悶々と考え込んでいると、

一人の男が董卓の前に現れました。

 

呂布と同じ并州出身の李粛(りしゅく)です。

「私は呂布と同郷で、幼いころからの親友です。

私が呂布を説得して味方にして参りましょう。」

この提案に董卓は大喜び。

 

しかし、次の李粛の言葉に表情を曇らせます。

そのために、私に赤兎馬を授けてください。

 

赤兎馬は一日に千里を駆ける稀代の名馬。

董卓は赤兎馬をとても大事にしていたので、

急に手放せと言われて動揺してしまいました。

 

するとそれを見透かしたように、

李粛が畳みかけます。

「あの呂布を手に入れられるなら、

馬一頭くらい惜しくないでしょう。

このままでは呂布に攻め入られてしまいますぞ!」

 

結局董卓は赤兎馬を呂布にくれてやり、

なんとか味方になってもらうことを選んだのでした。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

李粛の説得に応じた呂布

李粛の説得に応じた呂布

 

その晩、李粛は赤兎馬をひいて

呂布の陣を訪れました。

呂布は懐かしい友を快く迎え入れ、

しばらく昔話に花を咲かせます。

 

昔話が一通り終わった頃、

李粛がおもむろに切り出しました。

「…あの馬をどう思う?」

実は馬が気になっていた呂布は、

やれ毛並みが良いだのやれ脚が違うだの

ここぞとばかりに褒めちぎります。

 

心の中でニヤリと笑った李粛は次のように言いました。

「この赤兎馬を君にあげよう。」

「えぇ!?いいの!?」

踊りあがらんばかりの勢いで喜ぶ呂布。

 

この様子を見て手ごたえを感じた李粛は、

さらに話を続けます。

「ところで君はこの馬のように大海原を駆けるべき素晴らしい人物なのに、

なぜ小さく収まっているのかね?」

この言葉を受けて呂布はちょっぴり丁原への不満を漏らします。

「しめた!」

そう思った李粛は呂布の言葉に相槌を打ちつつ、

呂布の丁原への不満を次々と引き出します。

 

気持ちよくなった呂布は

最後にはどんどん丁原への暴言を吐きまくり、

あんな奴死んでしまえと言わんばかりにヒートアップ。

そこで李粛は逆に自分が仕えている董卓のすばらしさを語り、

董卓と敵対することがいかに馬鹿げたことであるかを解きました。

 

そして最後に、次のように言ったのです。

実はその赤兎馬は、

董卓様が是非君にと贈ってくださったものなのだよ。

これを聞いた呂布の心はコロッと董卓に傾き、

養父・丁原を亡き者にすることを決意してしまったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

呂布の裏切り伝説のはじまりは、

李粛のヘッドハンティングによるものであり、

最初から本人に裏切りの志があったわけではありませんでした。

 

しかし、李粛の誘導があったとはいえ、

結果的にモノに釣られてしまった呂布は、

元々それほど誠実な人ではなかったのでしょう。

 

それでも、李粛が呂布をヘッドハンティングしなければ、

呂布がこれほどの裏切り伝説を残すこともなかったのではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった

関連記事:呂布はどうして義父の董卓を裏切ったの?

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは?
  2. 李儒と三国志 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?
  3. 愛妻家の魏の将軍、郭淮 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?
  4. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  5. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  6. 中国古典によく出てくる「鼎」って何?
  7. 呉の孫権は皇帝 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?…
  8. ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の忠臣・徐宣(じょせん)

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  2. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?
  3. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  5. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる! 真田丸 真田幸村
  6. 孫登(そんとう)とはどんな人?超絶優しい孫権の長男

三國志雑学

  1. 華陀
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城? 姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった? 【5分で分かる】田中角栄とは何者なの?戦後最大の庶民宰相をザックリ紹介! 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

おすすめ記事

  1. 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん)
  2. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  3. 三国志演義の架空キャラを並べてみたよ!
  4. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  5. キングダムネタバレ572話「カタリの仇」レビュー解説
  6. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!
  7. 曹丕はなんで国号を魏にしたの?実は他の国号になる可能性もあった!?
  8. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP