春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての漢

丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ

この記事の所要時間: 318




呂布 バックブリーカー

 

呂布(りょふ)はふたりの養父を殺害しております。

一人目は丁原(ていげん)。

二人目は董卓(とうたく)

董卓は三国志を知っている方ならどのような人物か既に知っていると思います。

三国志を知らない方でも、悪逆非道でやりたい放題やった末、

呂布に殺害されてしまう人物だということは知っていると思います。

しかし一人目の呂布パパである丁原(ていげん)は一体どんな人物であったのか、

知らない方も多いと思いますのでざっくりと紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




優れた武勇で役人へ

photo credit: .... via photopin (license)

photo credit: …. via photopin (license)

 

丁原は寒門出身の武将で、武技に秀でておりましたが学問が嫌いで、

勉強に励んでおりませんでした。

しかし自慢の武勇によって役人へと推挙されることになります。

事務能力は勉学を疎んじていたので、あまりありませんでしたが、

反乱軍や賊軍討伐の時には軍勢の先頭に立って戦い、連戦連勝を重ねておりました。

こうした実績が朝廷から認められて、幷州刺史に任命されることになります。

ついでに三国志演義では荊州の刺史へ着任することになるのですが、これは誤りです。

もしこれが事実であれば呂布とどうやって出会わなくなってしまいます。




呂布の養子に迎える

裏切り 呂布

 

丁原は幷州の刺史へ着任すると、漢との国境で近辺暴れまわっている匈奴(きょうど)や

鮮卑族(せんぴぞく)などの異民族討伐に忙しく駆け回る毎日を送ります。

彼はある日異民族を国境から追い払うと一人の青年を見つけます。

この青年の外見は身長が高く、

また馬に乗りながら空を飛んでいる鳥を射落とすほどの弓術を持っておりました。

そこで彼は「どうだ私の元へ来ないか。」と誘います。

彼は「よろしいのでしょうか」と遠慮気味に丁原に訪ねます。

丁原は「おう。明日役所で待っているからその立派な馬と一緒に訪ねてくるがいい」と言い放って、

その場から去っていきます。

翌日丁原の元に昨日発見した大柄で爽やかな青年がやってきます。

彼は「今日からお前は私の部下だ。よろしく頼むぞ」と言葉を投げかけます。

すると青年は「はい!!」と元気よく返事をして、彼と共に役所巡りに向かっていくのでした。

この青年こそ後に天下無双の武を天下に見せつけた呂布です。

彼はその後丁原の養子となって親子の契を交わします。

正史三国志によると丁原と呂布は親子の契を交わしたと記載されておらず、

三国志演義にしか記載されていないため、実際は部下と上司の間柄だったのではと思われます。

しかし両人は非常に親密な関係を築いていたそうです。

呂布を部下に向かい入れた時、後年合肥でリアル無双をやり遂げ、

「遼来来」と言われて恐れられた張遼(ちょうりょう)も仲間に加わっております。

 

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

 

大将軍の要請で洛陽へ

宦官

 

漢の大将軍・何進(かしん)は後漢王朝が腐敗していった原因を作ったのは宦官であると断定し、

彼らを抹殺するために各地から力のある太守や名声のある実力者を呼び寄せます。

何進からの呼び出しに応じたのは董卓や辺境の地で強力な兵士を要している太守が応じます。

この時丁原も何進からの呼びかけに応じて、彼の元へやってきます。

何進は丁原がやってくると彼を執金吾(しつきんご)に就任します。

この執金吾の役職は皇帝の身辺警護の親衛隊を率いる役職で、

現在放映中の大河ドラマ「真田丸」に登場する小早川秀秋もこの役職で呼ばれておりました。

また執金吾は青年時代の光武帝・劉秀(りゅうしゅう)も憧れを抱いていた役職。

このように名誉ある役職に任命された丁原はことの他嬉しかったと思います。

 

関連記事:三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる!

関連記事:【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…

 

董卓入城そして・・・・

戦え于禁㈪02 董卓

 

何進は宦官に殺害されてしまいます。

その後何進の志を引き継いだ袁紹・袁術兄弟によって宦官は殺害。

この時皇帝は宦官と共に逃走しますが、途中で董卓とであったことによってなんとか洛陽へ

帰還を果たします。

洛陽へ戻った董卓は皇帝を手中に治めておりましたが、

自分が率いてきた兵力の少なさに不安を感じておりました。

また丁原が自らの考えに真っ向から反対意見を述べることにも嫌気が指しておりました。

そこで彼は一つの案が頭の中で閃きます。

その案は大きな兵力を有している執金吾を殺害して兵力を奪おうとする計画を立てます。

この計画を成功させるためには丁原の隣にいる呂布を味方に加えることが、

必須条件でした。

彼は呂布へあらゆる手を使って仲間になるように画策。

呂布ははじめの内は董卓からの誘いを断っておりましたが、

次第に高待遇で迎えられる事がわかってくると董卓に味方しようか迷い始めます。

しまいには董卓に味方することを決断。

そして彼は上司であり、自分を引き立ててくれた丁原の寝込みを襲って殺害。

こうして呂布は最初の裏切りを行い、董卓から優遇されることになります。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

丁原は呂布を部下に加えることに成功しますが、

彼を軍事の担当の役職に任命しなかったそうです。

では呂布はどんな役職に就けたのでしょうか。

それは事務作業の役職です。

呂布がどのようにして事務作業を行っていたか気になりますが、

丁原の人を見る目の無さが浮き彫りになっている人選であると思います。

呂布は自分の好きなことを行う地位をくれなかった丁原を裏切る事は、

さして考えることではなかったのかもしれませんね。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃ~またなにゃ~」

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始ま…
  2. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  3. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す
  4. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  5. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  6. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正…
  7. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?
  8. 本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは
  2. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  3. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】
  5. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  6. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの? あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに? もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画! もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

おすすめ記事

  1. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  2. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  3. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  4. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  5. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?
  6. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  7. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  8. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP