三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蒋琬の政策の成功は姜維がキーマンだった!!




蒋琬の政策の成功は姜維

 

(しょく)のトップに君臨していた諸葛孔明(しょかつこうめい)の跡を継いだ蒋琬(しょうえん)

彼は諸葛孔明のように魏を討伐するために何度も北伐を敢行することしないで、北伐によって力を失っていた蜀の力を回復させるための政策を行っていきます。

蒋琬の政策はある程度成功することになりますが、彼の政策が実行していたのは戦争大好き・姜維(きょうい)を押さえ込むことに成功したことも大きな原因のひとつと考えることができます。

今回は蒋琬の政策が成功したキーマンがどうして姜維なのかを紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀

関連記事:【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由

 

 

連年北伐を敢行した姜維

連年北伐を敢行した姜維

 

姜維は蒋琬・費禕(ひい)の死後、蜀の軍権を握ることになり大将軍へ就任。

その後姜維は蜀軍を率いて魏を討伐するため連年魏へ攻撃を仕掛けます。

しかし姜維の北伐はたいした成果を上げることができずに失敗続きになってしまいます。

そのため蜀の国力は蒋琬・費禕時代に安定期に入っていたにもかかわらず、一気に低下していくことになります。

そして蜀の国力が低下したことにより魏の総攻撃を受けることになり蜀の国は滅亡してしまうのでした。

姜維がトップに立ったことで蜀の国は一気に国力を低下することになり、蜀の国は弱体化して滅亡することになります。

では姜維が軍権を握る前の蜀の国のトップであった費禕の時代にも姜維は連年北伐を行っていたのでしょうか。

 

 

費禕の時代にも北伐を幾度か行っていたが…

費禕の時代にも北伐を幾度か行っていた

 

姜維は費禕の時代にも幾度が北伐を敢行していました。

しかしこの時の姜維は自分が大将軍となって軍権を握っていた時代とは違いあまり本格的な攻撃を魏へ仕掛けていません。

どうして姜維は本格的な攻撃を行わなかったのか。

それは費禕が姜維の連続した北伐を敢行させることを許すことをしなかったからです。

姜維は費禕の言葉を聞き入れておとなしく北伐を行いませんでしたが、費禕はどのようにして姜維をなだめたのでしょうか。

費禕は姜維へ「孔明さまですら魏を討伐することができなかったのだ。孔明様よりも才能が劣るわれらが魏を討伐することなどできることがないではないか。我等は国を守ることに注力するのがちょうどいいのだ」と姜維を説得することで姜維も費禕の言葉を無視することができずにおとなしくします。

この結果蜀の国は積極的に魏へ攻撃をしなかった事で国力が少しずつですが回復していくことになります。

さて費禕の時代には姜維が少しだけで北伐を行っていたため、蜀の国力はちょっとづつですが回復していくことになります。

では今回ピックアップされている蒋琬時代にはどうだったのでしょうか。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

姜維の北伐をほとんど許さなかったため、蜀の国力は回復傾向に

蒋琬

 

蒋琬の時代は蜀の国力回復が喫緊の目標であったことと諸葛孔明が亡くなって日が浅かったこともあり姜維も蜀軍を率いて北伐をほとんどすることはありませんでした。

そのため蜀の国は諸葛孔明が北伐を行っていた頃から少しずつですが、国力が回復していくことになり、豊かになっていきます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もし姜維が蒋琬時代に連年北伐を行っていた場合、蜀の国は民衆から見離され反乱が勃発していたかもしれません。

そうなれば魏の総攻撃を受け蜀の国は魏の攻撃を裁くことができずに滅亡することになり、三国時代が早々に終焉に向かって動き出すことになったかもしれません。

そのため蒋琬が諸葛孔明のように北伐を行うことを中止し、しっかりと姜維を押さえ込んで蜀の国力を回復する政策へ転換したことで、蜀の国は三国時代を長く生き残ることができたのではないのでしょうか。

そして蒋琬の蜀の国力を回復させる政策の成功の原因の一つに姜維を押さえ込むことに成功したことが原因の一つと考えることができると思いますが、皆様はどのように思いますか。

 

参考文献 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:李福(りふく)はどんな人?諸葛孔明の遺言を運んだメッセンジャー

関連記事:魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 諸葛亮はどうして劉禅から国を奪わなかったのか
  2. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  3. ネズミで人生を変えた李斯 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  4. 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化
  5. 張コウ 張郃 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  6. 過労死する諸葛孔明 どうして蜀は人材難に陥ったのか?
  7. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  8. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしてい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大政奉還した徳川慶喜
  2. 呉の孫権

おすすめ記事

  1. 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦
  2. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの? 夏侯惇
  3. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  4. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  5. 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・
  6. 【有料記事】少帝劉弁は本当に無能な皇帝だったのか? 小帝

三國志雑学

  1. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  2. 周瑜と孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明と魯粛
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  3. 愛妻家の魏の将軍、郭淮

おすすめ記事

朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第3部 孫権 冠 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何? 部下をいじめる曹丕 なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの? 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 魏曹操と魏軍と呉軍 魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか 曹操 孔明をチェック 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 龐統2 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP