呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

アンゴルモア 元寇合戦記

【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争

攻め寄せる蒙古兵(モンゴル)




アンゴルモア元寇合戦記

 

元寇(げんこう)」という名前は、日本史を勉強した人なら、きっと誰もが聞いたことがあるでしょう。

しかし、鎌倉時代の文献には元寇という言葉は登場せず、

当時は「蒙古襲来(もうこしゅうらい)」または、「蒙古合戦」と呼ばれていました。

元寇、という言葉が初めて登場したのは、ずっと後の江戸時代になってからのことだったのです。

 

元寇とは、当時世界最大の勢力を誇っていたモンゴル帝国が

日本に侵略したことで起こった戦いのことですが、元寇の「元」という字は、

皇帝フビライ・ハンが、「大元モンゴル帝国」という名称を使っていたことに

由来しているという説があります。

当時のモンゴル帝国は、広大な領土を支配下に置き、世界最強であると恐れられていました。

そんなモンゴル帝国が「日本は豊かな金に恵まれている」という噂を聞きつけて

侵略してきたのが元寇なのです。

 

関連記事:アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は?

関連記事:アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は?

 

 

この記事の目次

文永の役

文永の役で攻めてくる蒙古兵

 

諸国を支配下に置き、着々と領土を拡大していたモンゴル帝国第5代皇帝、フビライ・ハンは、

日本に向けて、交易をするようにという内容が書かれた国書を使者に送らせます。

この国書は上から目線で書かれていて、日本のことを見下した内容だったため、

これを見た朝廷は激怒して文書を送り返そうしますが、

鎌倉幕府は徹底して無視をすることに決めたのでした。

 

このことからも、普段は戦などとは縁がない貴族たちが中心である朝廷の考え方と、

数々の戦を乗り越え、戦闘に関する知識を持った武士たちが集まった幕府の考え方は、

大きく異なることが分かります。

もし朝廷が考えたように、怒りに任せて文書を送り返し、

モンゴル帝国がただちに攻めてきたとすれば、日本側は負けてしまっていたかもしれません。

 

したがって、無視をして相手の出方を待つという戦略をとった幕府側の判断は

正しかったといえるでしょう。

しかし、ひとつ痛恨(つうこん)のミスを犯してしまいます。

それは、国書を持ってきた使者を野放しにしてしまったことです。

このことにより、使者はスパイとして密かに活動し、

日本の地形などの情報が元軍側に漏れてしまいました。

そして1274年、ついに元軍が日本に攻めてきました。

 

最新の日本史研究では、幕府軍はとても強く、元軍に対して果敢に攻めていったため、

世界最強といわれていた元軍も、幕府軍に恐れを抱いた、と元軍側の記録に残されています。

1週間ほど続いた戦いの末に神風と後に呼ばれる暴風雨が吹き荒れたこともあり、

モンゴル帝国による最初の日本侵略、文永(ぶんえい)の役は幕府軍側の勝利に終わったのでした。

 

 

弘安の役

 

「勝って(かぶと)の緒を締めよ」ということわざがあります。

文永の役で元軍に勝った幕府軍は、そのことわざのように、決して勝利に浮かれることなく、

再び元軍が攻めてくることに備えて着々と準備を進めました。

博多・太宰府(だざいふ)防塁(ぼうるい)を築き、九州沿岸の警備を強固にし、御家人(ごけにん)に見張らせていました。

元軍から再び使者が訪れますが、前回の二の舞にならないよう、

幕府側はすべての使者を斬り捨ててしまいました。

 

そして1281年、2度目の元寇となる弘安の役では、

モンゴル帝国の指示で当時世界最大規模の艦隊が派遣されたのでした。

元軍側は、今度こそは勝利しようと大人数で攻めてきましたが、

幕府軍は防塁をうまく活用し、元軍に矢の雨を降らせ、その強さを見せつけるのでした。

また、粘り強い夜襲で徹底的に元軍を追い詰めたのです。

 

この時代、世界最強と言われた元軍を追い詰め、恐れさせた幕府軍こそが、

実は世界で一番強かったのかもしれません。

鎌倉時代の武士たちは、腕っぷしの強さだけでなく、

用意周到な事前準備や戦略を練ること、そして逃げずに戦い抜く粘り強さなど、

様々な面でとても優れていた集団だったということができるでしょう。

 

関連記事:アンゴルモア元寇合戦記(鎌倉時代)の登場人物は何を食べていた?

関連記事:銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の…
  2. アンゴルモア元寇合戦記 29話の7 最新話ネタバレ 「高麗が高麗…
  3. 鎌倉時代の侍 鎌倉時代が始まったのは1192年?それとも1185年?
  4. フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る!
  5. 鎌倉時代 服装 男女 【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは?
  6. 辮髪(べんぱつ) モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」
  7. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組ん…
  8. 【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  2. キングダム52巻
  3. 劉虞
  4. 宋銭 お金と紙幣
  5. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  6. 茶を飲む張角(太平道)
  7. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/25〜10/1】
  2. とっても皇帝になりたかった袁術
  3. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将 馬謖の陣形に笑う張コウ
  4. さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説
  5. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話 呂雉(りょち)
  6. 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い 王平は四龍将

三國志雑学

  1. 劉備 婿
  2. 司馬懿と曹操
  3. 過労死する諸葛孔明
  4. 城の前を掃除する孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 龐統
  2. 孔明のテントがある野外のシーン
  3. キングダム53巻
  4. 孔融と禰衡
  5. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備

おすすめ記事

夏侯惇 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは 費禕 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2 袁胤(えんいん) 袁胤とはどんな人?袁術を守った忠義の人だけど報われない人生を送った人物 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景 許攸 兵糧のありか教えますひひひ 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く 田豊 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣 陸遜 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP