ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀は安土城を焼いたのか?その理由は

安土城 織田信長が作らせた城


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

安土桃山文化村にある天守風建物Wikipedia

(画像:安土城天主(宮上茂隆復元案)を模した伊勢・安土桃山文化村にある天守風建物Wikipedia)

 

織田信長(おだのぶなが)安土城(あづちじょう)は本能寺の変の直後に焼失しましたが、今でも多くの人の中で人気のある日本の城のうちの1つです。

豪華絢爛(ごうかけんらん)だったことで有名な城で、キリスト教の宣教師を通してヨーロッパに知られていました。

この記事では、最初に日本の城の変化について取り上げます。後半では織田信長が築城した安土城の特徴について取り上げます。

 

関連記事:【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!

関連記事:関羽と織田信長が同じ時代にタイムスリップしたらどうなる?【if三国志】

 


 

日本の城の変化

日本の城の変化

 

日本の戦国時代の城はほとんどが山の上に建てられた山城か小高い丘に建てられた平山城でした。

山や川など自然を利用して防御を最大限生かしていました。日本全国の城や城跡を訪ねるのが好きな人の中には

急な坂道を登った経験があるかもしれません。

鉄砲が日本に伝えられた頃から日本の城は平地に建てられるようになりました。

平地に建てられた城を平城(ひらじろ)といいます。

例えば、安土城以外では大阪城などが挙げられます。

山城では自然を利用して防御してきましたが、平城については濠や石垣で防御しました。

平城が建てられると、城の周りには城下町(じょうかまち)ができました。城下町が平城の防御にもなりました。

日本の平城は、安土桃山時代において城郭建築が文化として評価されるようになります。

姫路城については1993年にユネスコによって世界文化遺産に認定されました。

 


 

安土城の特徴

安土城の特徴

 

安土城跡は現在の滋賀県近江八幡市(しがけんおうみはちまんし)にあります。

滋賀県の安土に築いた最初の近世の城郭として有名です。

琵琶湖に面していることから、船の往来が盛んで、交通の要所にあることも特徴として挙げられます。

2010年まで滋賀県蒲生郡安土町でしたが、市町村合併により近江八幡市安土町となりました。

 

交通アクセスはJR琵琶湖線安土駅から徒歩20分の場所にあります。

安土城の特徴として、日常的な居住空間として使用されていたことが挙げられます。

これまでほとんどの日本の城では、大名が天守閣に居住せず、別途居住する場所がありました。

これまでの城にある道は敵の侵入を防ぐために狭いのが特徴です。

しかし、安土城の城内の道は広く、直線で歩きやすいのが特徴です。

信長は軍事拠点よりも政治的な機能を優先させた可能性が高いと考えられます。

他の安土城の特徴として豪華絢爛な装飾が挙げられます。

 

CGで復元された写真や動画をテレビで見た人はいると思いますが、豪華さに圧倒されたと思います。

豪華絢爛な建物という印象ですが、意外なことに資材はリサイクルされたものです。

織田信長が滅ぼした六角氏など付近の城跡から資材を運び、築城しました。

1576年に築城を開始し、1579年に五層七重の天守閣は落成しました。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末


 

安土城焼失の理由

 

安土城は本能寺の変で焼失しました。

明智光秀により放火されたという話もありますが、それ以外にも落雷で消失、または、蒲生氏郷(がもううじさと)が放火したというような説までありハッキリしません。

仮に明智光秀の犯行だとすると、どうして安土城に放火したのでしょうか?

これはやはり、信長が財力を傾けて建設した安土城を焼き払う事で信長時代の終わりを鮮烈に印象付けたい、そのような狙いが

あったのではないでしょうか?


  

 

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は織田信長の築城した安土城について取り上げました。

しかし、どうして焼失した筈の安土城が今、復元されているのでしょうか?

復元に貢献した史料として、キリスト教の宣教師であるルイスフロイスの著書『日本史』、

太田牛一(おおたぎゅういち)の『安土日記』、バチカンに安土城をスケッチしたとみられる絵が挙げられます。

織田信長といえば、一向一揆(いっこういっき)に手を焼いていたことで有名です。

特に、大阪の石山本願寺にかなり苦戦していたといわれています。

大阪の木津川口の戦いでは、石山本願寺と毛利の村上水軍が連携して信長を倒しました。

信長は村上水軍を倒すために鉄製の軍艦を建造して、村上水軍と石山本願寺を倒しました。

当時、鉄製の軍艦は西洋でも建造されたことがなく、斬新なものでした。

この鉄製の軍艦について、木津川口(いづがわくち)の戦い以降史料に載っていません。

安土城の研究と同様に、鉄製の軍艦の軍艦の研究にも注目したいと思います。

 

関連記事:第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?

関連記事:【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 合戦シーン 戦国時代に奴隷は存在した?戦利品として人間を売っていた大名達【戦…
  2. 北条早雲 北条早雲の家臣は無名だけど有能揃いだった
  3. 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長はポルトガルを意識していた?世界情勢に魅了された第六天魔…
  4. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…
  6. 上杉謙信 【織田信長vs上杉謙信】唯一の直接対決、手取川の戦いとはどんな戦…
  7. 真田丸 武田信玄 武田信玄のご先祖様は?甲斐の虎のルーツに迫る
  8. 燃える本能寺 明智光秀は「敵は本能寺にあり」なんて言ってなかった?名言は大嘘に…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉邦をなだめる陳平と張良
  2. 曹純
  3. 章邯(しょうかん)
  4. ゾンビ化した孟獲
  5. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

おすすめ記事

  1. 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!
  2. 徐庶ってもしかしたらヤンデレだった!三国志演義でのヤンデレぶりを紹介 徐庶
  3. 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!! 魯粛
  4. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」 曹昂(曹昴)
  5. 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る! 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  6. 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは 畠山義就

三國志雑学

  1. 桃園の誓012
  2. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  3. 胡亥
  4. 五虎大将軍の馬超
  5. 馬岱


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備 結婚
  2. 腐れ儒者気質な孔融
  3. キングダム55巻
  4. 関羽が殺されキレる劉備
  5. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

キングダムネタバレ571話「デッドライン」レビュー解説 曹操 孔明をチェック 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 織田信長 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!? 司馬懿と魏延 衝撃の魏延焼殺作戦!吉川英治と『通俗三国志』 孔明 これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 2019年中秋節、あの三顧の礼も関係していたって本当? まるでクリントイーストウッド?三国志は西部劇だった? はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP