キングダム
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

司馬炎の息子は一体何人いたの??

悩む司馬炎




司馬炎

 

三国時代を終わらせた司馬昭(しばしょう)の息子・司馬炎(しばえん)

司馬炎は三国時代を終わらせ中国に新しい統一国家・(しん)を誕生させ、初代皇帝として君臨(くんりん)することになります。

晋の初代皇帝司馬炎ですが、息子達は一体何人いたのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動

関連記事:司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟

 

 

司馬炎の息子たちは一体何人いたの??

司馬炎の息子たちは一体何人いたの?

 

晋の初代皇帝・司馬炎ですが息子たちはいったい何人いたのでしょうか。

史実に残っているだけでも25人程存在していました。

この司馬炎の息子達ですがほとんどがポンコツと言っていい人物ばかりで、司馬炎がせっかく統一国家を作り上げたにも関わらず彼の死後、

兄弟達で争って中国を分裂させる原因を作り出してしまうのです。

この原因を作り出したきっかけは司馬炎の跡を継いだ皇帝に原因がありました。

 

 

司馬炎の息子の中で一番のポンコツ息子・司馬衷

司馬炎の息子の中で一番のポンコツ息子・司馬衷

 

司馬炎は二代目の皇帝に司馬衷(しばり)を選びます。

彼は司馬炎の息子の次男でとんでもなくポンコツでした。

司馬衷がとんでもないポンコツっぷりを示す逸話が残っています。

司馬衷は晋の国家が飢饉(ききん)が原因で民衆たちが飢えてご飯が食べれない時期がありました。

 

この時司馬衷は「民衆は食べるものがなければ肉粥(にくがゆ)を食べればいいのにどうして食べないんだろうね」と側近へ語っていたそうです。

西洋のある貴婦人が発した「パンがなければケーキを食べればいいんじゃないかしら」発言を思い出すとんでもないポンコツ発言と言えるでしょう。

このポンコツ・司馬衷が皇帝になったため、晋の国は大きく乱れることになり、晋の国は内戦状態になっていくことになり、

司馬炎の息子の中でもとてつもなくポンコツな息子と言えるのではないのでしょうか。

司馬炎の次男・司馬衷は超がつくほどのポンコツでしたが、ほかの息子達も全てポンコツだったのでしょうか。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

晋の三代目皇帝・司馬熾はそれなりに優秀だったけど…

司馬師

 

晋の二代目皇帝・司馬衷はとんでもなくポンコツで、国を乱した原因を作り出して亡くなってしまいます。

その後司馬衷の跡を継いだのが司馬熾(しばし)です。

彼の評価は司馬衷と正反対で学問を行い、皇帝となった後も学問を続けていたそうです。

更に皇帝となって政治を行う際、家臣の意見を聞いてしっかりと政治を行ったそうです。

 

荀彧(じゅんいく)の玄孫として晋の時代に活躍した荀崧(じゅんすう)は司馬熾を上記のように評価していました。

しかしこのように優秀な皇帝・司馬熾が登場しても晋の国家は既に手遅れで、衰弱した国家を立て直すことができず、

劉淵(りゅうえん)率いる異民族の軍勢の攻撃を防ぎきることができませんでした。

その結果、司馬熾は捕虜になった後亡くなってしまうのでした。

「司馬熾がもし平和な時代の国家を統治することができれば、優れた君主となっただろう」と荀崧が言葉をこぼしたそうです。

 

晋の滅亡をもう少し詳しく知りたい人向け↓

【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は司馬炎の二人の息子を紹介しました。

司馬炎の息子の中には司馬衷や彼よりもマシですがやはりポンコツばかりの息子が多くいます。

司馬炎の息子達は25人程いるのでその中でほとんどがポンコツだけではありませんでした。

例えば上記で紹介した司馬熾は司馬炎の息子達の中でも優秀な人物の一人と言えるでしょう。

他にも司馬炎が一番息子達の中で可愛がった司馬柬(しばかん)という人物がいます。

この司馬柬は優秀だったという実績を作る前に亡くなってしまいます。

人々は司馬柬が亡くなった時に彼の死を大いに嘆いたと記されていることから人望のある人物で、学問などにも優秀な人材であったのかもしれません。

漢王朝や後漢王朝も初代皇帝の息子達はポンコツが多くいましたがやはりひとかどの人物は幾人かはいました。

その伝統を受け継いでいるとは思えませんがポンコツが目立つ司馬炎の息子達ですけど一概にポンコツばかりだとは断言できないのが

歴史の面白いところなのではないのでしょうか。

 

■参考文献 三国志武将辞典等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  2. 孔明 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  3. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった?
  4. 尹夫人 曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  5. 徐盛(じょせい)呉の将軍 【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛
  6. 賈詡 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?
  7. 孫晧(孫皓) 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  8. 北伐する孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹を説得しようとする田豊
  2. 関銀屏
  3. 三国志に出てくる海賊達 張伯路
  4. 占いをする卑弥呼(鬼道)
  5. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  6. 馬超の兜にフォーカス
  7. 陳平

おすすめ記事

  1. 異名がカッコイイ三国志!劉備の異名にはどんなものがあるのか調べてみた 二刀流の劉備
  2. 【高杉晋作と伊藤博文の共通点】幕末テロ兄弟の絆 高杉晋作
  3. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介 三国志時代の牢獄
  4. 桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士 桂小五郎(木戸孝允)
  5. 劉琦の性格とは一体どんなだったの!? 蜀の劉琦
  6. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男 田中角栄

三國志雑学

  1. 後悔する孫権
  2. 荊州争奪戦
  3. 孔明
  4. そんろは 孫魯班
  5. 兵士と禰衡


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 朝まで三国志 劉備
  2. ボロボロになった馬超
  3. 諸葛瑾
  4. 張飛にお酒はだめだよ
  5. ダムが完成した蜀
  6. 劉備 呂布 肉取り合い

おすすめ記事

太史慈が劉繇に対して忠義ゼロだった!? 張飛の男気人生 張飛が『春秋左氏伝』を読んでいた!?中国発インテリ伝説 キングダム 戦国七雄地図 戦国策【東周策】欲望で大国を釣るの巻 漢の顔良(がんりょう) 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 城 銅雀台 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの? 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 敵に塩を送ったから塩の日ができた?「敵に塩を送る」の由来と雑学 劉備主役 なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの? はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP