呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

司馬炎の息子は一体何人いたの??

悩む司馬炎




司馬炎

 

三国時代を終わらせた司馬昭(しばしょう)の息子・司馬炎(しばえん)

司馬炎は三国時代を終わらせ中国に新しい統一国家・(しん)を誕生させ、初代皇帝として君臨(くんりん)することになります。

晋の初代皇帝司馬炎ですが、息子達は一体何人いたのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動

関連記事:司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟

 

 

司馬炎の息子たちは一体何人いたの??

司馬炎の息子たちは一体何人いたの?

 

晋の初代皇帝・司馬炎ですが息子たちはいったい何人いたのでしょうか。

史実に残っているだけでも25人程存在していました。

この司馬炎の息子達ですがほとんどがポンコツと言っていい人物ばかりで、司馬炎がせっかく統一国家を作り上げたにも関わらず彼の死後、

兄弟達で争って中国を分裂させる原因を作り出してしまうのです。

この原因を作り出したきっかけは司馬炎の跡を継いだ皇帝に原因がありました。

 

 

司馬炎の息子の中で一番のポンコツ息子・司馬衷

司馬炎の息子の中で一番のポンコツ息子・司馬衷

 

司馬炎は二代目の皇帝に司馬衷(しばり)を選びます。

彼は司馬炎の息子の次男でとんでもなくポンコツでした。

司馬衷がとんでもないポンコツっぷりを示す逸話が残っています。

司馬衷は晋の国家が飢饉(ききん)が原因で民衆たちが飢えてご飯が食べれない時期がありました。

 

この時司馬衷は「民衆は食べるものがなければ肉粥(にくがゆ)を食べればいいのにどうして食べないんだろうね」と側近へ語っていたそうです。

西洋のある貴婦人が発した「パンがなければケーキを食べればいいんじゃないかしら」発言を思い出すとんでもないポンコツ発言と言えるでしょう。

このポンコツ・司馬衷が皇帝になったため、晋の国は大きく乱れることになり、晋の国は内戦状態になっていくことになり、

司馬炎の息子の中でもとてつもなくポンコツな息子と言えるのではないのでしょうか。

司馬炎の次男・司馬衷は超がつくほどのポンコツでしたが、ほかの息子達も全てポンコツだったのでしょうか。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

晋の三代目皇帝・司馬熾はそれなりに優秀だったけど…

司馬師

 

晋の二代目皇帝・司馬衷はとんでもなくポンコツで、国を乱した原因を作り出して亡くなってしまいます。

その後司馬衷の跡を継いだのが司馬熾(しばし)です。

彼の評価は司馬衷と正反対で学問を行い、皇帝となった後も学問を続けていたそうです。

更に皇帝となって政治を行う際、家臣の意見を聞いてしっかりと政治を行ったそうです。

 

荀彧(じゅんいく)の玄孫として晋の時代に活躍した荀崧(じゅんすう)は司馬熾を上記のように評価していました。

しかしこのように優秀な皇帝・司馬熾が登場しても晋の国家は既に手遅れで、衰弱した国家を立て直すことができず、

劉淵(りゅうえん)率いる異民族の軍勢の攻撃を防ぎきることができませんでした。

その結果、司馬熾は捕虜になった後亡くなってしまうのでした。

「司馬熾がもし平和な時代の国家を統治することができれば、優れた君主となっただろう」と荀崧が言葉をこぼしたそうです。

 

晋の滅亡をもう少し詳しく知りたい人向け↓

【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は司馬炎の二人の息子を紹介しました。

司馬炎の息子の中には司馬衷や彼よりもマシですがやはりポンコツばかりの息子が多くいます。

司馬炎の息子達は25人程いるのでその中でほとんどがポンコツだけではありませんでした。

例えば上記で紹介した司馬熾は司馬炎の息子達の中でも優秀な人物の一人と言えるでしょう。

他にも司馬炎が一番息子達の中で可愛がった司馬柬(しばかん)という人物がいます。

この司馬柬は優秀だったという実績を作る前に亡くなってしまいます。

人々は司馬柬が亡くなった時に彼の死を大いに嘆いたと記されていることから人望のある人物で、学問などにも優秀な人材であったのかもしれません。

漢王朝や後漢王朝も初代皇帝の息子達はポンコツが多くいましたがやはりひとかどの人物は幾人かはいました。

その伝統を受け継いでいるとは思えませんがポンコツが目立つ司馬炎の息子達ですけど一概にポンコツばかりだとは断言できないのが

歴史の面白いところなのではないのでしょうか。

 

■参考文献 三国志武将辞典等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孟達と曹丕 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り…
  2. 五虎大将軍の馬超 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  3. 担がれる劉邦 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦
  4. ブチ切れる曹操 衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操
  5. 曹叡 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可…
  6. 噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗
  7. 袁家をイジメる董卓 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先
  8. そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 藏覇(臧覇)と劉備と曹操
  2. 劉璋にアドバイスをする張松
  3. 剣を持って戦う徐庶
  4. 嫉妬している明智光秀
  5. 張昭、孫権、孫策、周瑜
  6. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  3. 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは? 赤壁の戦いで敗北する曹操
  4. 明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関係も? セミナリオ(教会)
  5. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す 劉備 孫権 ゆるキャラ
  6. キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される!

三國志雑学

  1. 周倉
  2. 関羽の呪いで殺される呂蒙
  3. 郭嘉の本
  4. 曹操 詩
  5. 幕末 魏呉蜀 書物
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 楊儀と魏延
  2. 魏延からの提案を却下する孔明
  3. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  4. 三国志の地図(州)
  5. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  6. 夏侯惇

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】 朝まで三国志の公孫瓚 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック 【西郷どん】日米修好通商条約って何が問題だったの? 暴れまわる異民族に困る梁習 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか 後継者を決めるのに困っている劉表 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備 上杉謙信 【織田信長vs上杉謙信】唯一の直接対決、手取川の戦いとはどんな戦い? 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】 キングダム最新ネタバレ予想575話「王賁が亜光軍を継ぐ!」解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP