三国志の次はこうなった!司馬炎が建国した西晋王朝を解説

2022年4月1日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

桃園の誓いをする劉備、張飛、関羽

 

皆さん大好き三国志の時代、数多の名将たちが現れ、星々の(きら)めきの如く輝き、そして消えていった時代。そんな時代にも終焉が訪れ、次にやってくるのが(しん)

 

はじ三倶楽部 スマホの誤変換でイライラする参加者(はてな)

 

しかし晋王朝と言っても具体的にはどこからどこまでか分からない……という方のために、今回は晋王朝について、それも西晋について、できるだけかみ砕いて説明していきたいと思います。この時代を知ることでより三国志の世界を楽しむことができるので、この機会にぜひ晋王朝を知っていって下さいね。

 

 

 

晋王朝とは

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

晋王朝(しんおうちょう)と一言で言っても、実は晋王朝と呼ばれる王朝は中国史にいくつかあります。今回は司馬炎(しばえん)によって建てられた晋王朝のお話をしますが、この晋にも265年から316年の西晋(せいしん)。そして317年から419年の東晋(とうしん)と呼ばれる時代があるのです。

 

 

ここでは西晋、と呼ばれる時代についてお話していくとしましょう。

 

関連記事:司馬懿の孫の司馬炎は何をした人なの?謎の占田法・課田法など解説

関連記事:司馬炎はなぜ呉を滅ぼすのに15年かかった?中華統一はどうでもいいの?

 

 

 

司馬炎が西晋を建国

晋王朝を作った司馬炎

 

前述したように晋を建てたのは司馬炎。司馬懿(しばい)の孫であり、司馬昭(しばしょう)の息子に当たる人物です。265年に司馬炎が()皇帝から位を禅譲されて建てられた王朝であり、三国時代を終わらせたことで有名な王朝です。司馬炎は武帝(ぶてい)諡名(おくりな)されたので、武帝とも呼ばれます。

 

三国志 剣閣のお城

 

この武帝が真っ先に行ったのが、司馬一族から27人を汝南(じょなん)成都(せいと)()などの国々の王に就かせたことです。これは魏という国を反面教師に、一族による権力集中を目指したものですが、後々これによって晋という国は弱体化していくこととなりました。

 

関連記事:八王の乱とは?残念すぎる三国志の真の結末であり中国史上最も醜い争い

関連記事:司馬懿の息子は司馬師・司馬昭以外どうして変人・悪人バカだらけなの?

 

晋王朝のマイナー武将

 

 

九品官人法が機能しなくなる

九品官人法を作った陳羣

 

魏では九品官人法(きゅうひんかんじんほう)という人材登用法が行われていました。

 

 

これは地方で能力のある人物に一から九まで「品」という評価を付け、優秀な人物を中央に推薦していくというシステムで、中央から離れた場所であっても優秀な人物を見逃さず、昇進させていくシステムです。

 

しかしこの晋の時代にあって、この人材登用は本来の目的とはかけ離れた状態にありました。

 

司馬衷の即位&賈南風の皇后就任

 

九品官人法が長く続いてしまったこの時代では「優秀な一族から優秀な者が出る」として評価は個人の能力ではなく、その一族であるかどうかで評価が決定されるようになっていたのです。

 

関連記事:九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?

関連記事:まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん)

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

昇進できない豪族が地方に割拠

餓えた農民(水滸伝)

 

良い家に生まれれば高い評価を受け、その一族は栄える。逆を言えばどれだけ優秀な人物であっても、認められた一族でなければ評価されないまま。これは貧富の格差を生み、地方に力を持った貴族を生むことになりました。この力を持ち過ぎた貴族たちは後の世まで政治に影響を及ぼすことになります。

 

関連記事:試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害

関連記事:六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う?

 

馬が動かした中国史

 

 

統一後バカになった司馬炎

女性に溺れる司馬炎

 

武帝は最終的に()を降し、天下統一を成し遂げます。

 

しかしこの天下統一を成し遂げたことで気が抜けてしまったのか、武帝は政治に真面目に取り組むことがなくなり、巨大な後宮を作ったり、酒浸りの生活をおくるようになってしまいます。これは分かりやすい傾国フラグ。

 

司馬炎が司馬攸の病が仮病だと疑い医者を派遣

 

またその一方で周囲に対して疑心暗鬼になり、以前は後継者としても考えていた弟の司馬攸(しばゆう)を排除しようとしたり、叔父にあたる司馬亮(しばりょう)の謀反を疑うなど、一族に権力を集中させたにもかかわらず、その一族での争いの種が生まれていくようになってしまっていたのです。

 

関連記事:夏侯和は賈充の娘の旦那・司馬攸に期待を寄せすぎて破滅してしまった理由

関連記事:司馬亮とはどんな人?八王の乱の先陣を切った犠牲者

 

三国志と異民族

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-,