司馬炎の政治力が三国時代を終わらせた!晋の創始者の政治から学ぶ「妙」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬炎に気に入られる孫秀

 

今回は(しん)武帝(ぶてい)司馬炎(しばえん)と、その皇帝が行った政治からあることを(勝手に)学んでいきたいと思います。

 

女性に溺れる司馬炎

 

「やるだけやったら政治に飽きたみたい」とか「ゴニョゴニョばかりではいけないと思います」とか「息子の方が凡愚じゃないか」とかごく一部の界隈で言われている司馬炎ですが(偏見)、実はその政治からとある「妙」を学ぶことができるのです。

 

そんな「妙」をここではご紹介しましょう。




西晋の初代皇帝・武帝の誕生

司馬炎(はじめての三国志)

 

司馬炎は西晋(せいしん)の初代皇帝であり、三国志でも三国志演義でも有名な司馬懿の孫に当たります。

 

司馬昭

 

父親は司馬懿(しばい)の次男、司馬昭(しばしょう
)
、母親は王元姫(おうげんき
)

 

普に降参する孫皓

 

また晋の武帝であり、呉(満身創痍)に止めを刺して三国時代の終焉を迎えさせた人物でもあります。

 

その位に就いたのは265年。

 

皇帝曹奐

 

元帝・曹奐(そうかん
)
から禅譲(ぜんじょう
)
を受けて晋王朝を開いたのですが、この元帝は司馬炎の父である司馬昭(しば しょう
)
による傀儡であり、名実ともに司馬家によるクーデターがなったとも言えるでしょう。ともあれここから司馬炎の天下が始まっていきます。




基盤強化を図る司馬炎

斉王になる司馬攸

 

皇帝となった司馬炎は、まず基盤を整えることを始めました。その一環として行われたのが、一族に兵や土地を分けることです。こうして司馬一族は各地に王として配置されました。

 

魏王朝の弱点を熟知した司馬炎

曹丕にビビって意見を言えない家臣達

 

ここで魏の政治を思い出した人も多いでしょう。魏は一族に余計な権力を持たせないようにしてしまったことで、結果的に司馬一族にその地位を乗っ取られることになりました。ただしこの司馬炎のやったことが後々にどうつながるかは……また後でお話しましょう。

 

司馬炎の天下統一と三国時代の終焉

孫呉討伐戦の総大将に就任した杜預

 

そして基盤を固めた司馬炎は279年、呉攻めを開始します。

 

破竹の勢いで呉を攻める杜預

 

翌年には呉を滅ぼし、天下統一を果たしました。既に蜀も魏もありませんが、最後の呉が滅んだことで三国時代はここで終焉となります。

 

関連記事:呉を滅ぼした「破竹の勢い」を見る限り杜預って三国時代最強クラスの力量だったのでは?

関連記事:孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 孫権 冠
  2. 曹操と劉備
  3. 孫策に攻撃される黄祖
  4. 三国志ライター よかミカンさん
  5. 曹丕
  6. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP