三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

黄巾の乱を起こした張本人・張角の素顔に迫る!




黄巾賊

 

三国志演義』の物語は

黄巾の乱によって幕を開けるということは

皆さんも既にご存知でしょう。

 

各地で暴れまわる

黄色い布を付けた賊どもを蹴散らして

力を付けていった劉備(りゅうび)曹操(そうそう)

彼らがその名を轟かせることができたのは

黄巾の乱があったからと言っても過言ではありません。

 

そんな劉備曹操たちにとっての

肥やしとも言える黄巾賊は

実は太平道という宗教を信仰する人々の集まり。

 

太平道とは後漢末期に

張角(ちょうかく)という人物によって

創始された所謂新興宗教でした。

張角はなぜ太平道をつくり、

漢王朝転覆を目論んだのでしょうか?

 

今回は黄巾賊の親玉・張角の素顔に迫っていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

関連記事:唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者

 

 

史実では教祖になる前までは謎の存在

張角

 

実は張角の幼少期についての史料は

一切残されていません

 

天に仇なした者のことなど

記録するに値しないと考えられたのか

そもそも張角の素性を知る者が一人もいなかったのか

そのあたりは謎に包まれています。

 

張角が自身に神秘性を持たせるために

その経歴をひた隠しにしていたということも

十分に考えられますよね。

 

 

神書を手にして信者を増やす

于吉

 

そんな張角ですが、

ある日、于吉(うきつ)という道士が持っていたという

神書『太平清領書』をひょんなことから手にします。

張角はこの『太平清領書』を読み、

そこに書かれていたことを実践して歩きました

 

『太平清領書』は既に逸書となっていて

内容についてはほとんど知られていませんが、

どうやら「病は気から」という考えのもと

患者の気持ちを解きほぐすことによって

病を治療するというようなことが記されていたようです。

 

張角は病人を見つけると

罪を告白して反省することを促し、

呪符を燃やして出た灰を混ぜた水、

すなわち符水を飲ませて

伝説の仙人が持っていたという九節杖を使って

術をかけて治療したのだそう。

 

しかし、これによってすべての人の

病気が治ったかといえば

決してそうではなかったはず。

 

ところがどっこい、

ここが張角の小ズルいところ。

信仰心の強さと治療の効果が比例する

といったようなことを言っていたのです。

 

そのため、

病を治したい人たちやその家族は

ますます太平道にのめり込んでいき、

太平道の信者は爆発的に増えていきました。

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 

腐りきった漢王朝に反旗を翻す

腐りきった漢王朝に反旗を翻す

 

信者を増やして力を付けた張角は

目の前の病人だけではなく

世の中を治したいと思い始めます

 

その当時は後漢末期。

宦官が宮廷内で権勢をふるい、

政治は腐敗しきっていたのです。

信者たちの中にも

張角に世直しを求める声が広がっていました。

 

そこで、

張角は大賢良師を自称し、

弟の張宝(ちょうほう)張梁(ちょうりょう)

その他幹部級の信者と共に

各地の信者を密かに軍事組織化。

そして、かの有名なスローガンを流布しました。

 

蒼天已に死す

黄天まさに立つべし

歳は甲子に在りて

天下大吉

準備万端。

 

いよいよ後漢王朝に天誅を!

というときに張角にとって

思わぬハプニングが起こります。

なんと腹心・唐周(とうしゅう)が裏切り

後漢王朝に反乱の計画を

暴露してしまったのです

 

このことによって

追われる身となってしまった張角は

計画を前倒しして

蜂起を始めるように各地に伝令を送りました。

 

張角の死後も黄巾の乱は続いたが…

張角が亡くなり悲しむ黄巾賊

 

張角の鶴の一声で

あちこちで蜂起が勃発したのですが、

その乱は真剣に世直しを

求めるようなものではありませんでした。

 

各地で暴れまわる黄巾賊は

庶民たちから食料や物資を強奪したり

罪の無い人々を襲ったりとやりたい放題。

張角は真剣に世直しを考えていたのかもしれませんが

末端の者たちはそんなことは関係なく

ただただ暴れたいだけだった模様。

 

しかし、それらの乱も

既に計画が知られてしまっていましたから

次々に鎮圧されていきます。

 

思うようにことが進まず、

かえって追い詰められた張角は、

志半ばで病死してしまいます

病を治してまわっていた教祖が

病にたおれるというのは本当に皮肉なものです。

 

討伐軍によって墓が暴かれて

張角の首が都に晒されると、

黄巾賊は勢いを失って

ますます弱体化していきましたが、

それでも各地で黄巾を名乗る者たちによる蜂起は続きました。

 

度重なる黄巾賊の反乱によって

後漢王朝はますます衰え、

群雄たちが割拠する時代が到来したのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

張角は太平道を開いた当初、

「目の前で苦しんでいる人たちを助けられたら…」

というマザー・テレサさながらの

慈愛に満ちた心で活動していたのかもしれません。

 

しかし、信者が増えていき、

人々にもてはやされるようになると、

その願いが世直しという大きすぎる野望になっていったのでしょう。

 

張角自身が後漢王朝を倒して

新しい世をつくることはできませんでしたが、

結果的に後漢王朝が倒れて

新しい時代がはじまったわけですから、

もしかしたら彼の願いはある意味で叶ったと言えるのかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

関連記事:9話:張角が太平道信者を増やした方法

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 『三国志』をもっと面白く読むためには他の時代も勉強すべき!
  2. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!!
  3. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  4. 【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い
  5. 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える
  6. 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてく…
  7. 五丈原の戦いは緊張感に乏しい戦だった?
  8. ハッポウ茶 cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 田畑政治 いだてん
  3. 道具を輸送する民人
  4. 曹丕を生む卞夫人と曹操

おすすめ記事

  1. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】
  2. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  3. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  4. 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】
  5. 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?
  6. 【1年3ヶ月ぶり】宇治一世 氏の朗読作品「耳で聞いて覚える三国志」の再開お知らせ

三國志雑学

  1. 玉璽
  2. 孔子と儒教
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬超 許褚
  2. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

おすすめ記事

これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。 科挙とは何?中国の元祖公務員試験を知ろう 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは? 中国四大美女のひとり貂蝉 夏侯惇と呂布 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!? 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

おすすめ記事

  1. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!
  2. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  3. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  4. 陶淵明が描いたユートピア「桃花源記」の世界とは?
  5. 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い
  6. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  7. 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男
  8. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!? 劉邦

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP