ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

黄巾の乱を起こした張本人・張角の素顔に迫る!

張角は歴史の表舞台に登場


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

黄巾賊

 

三国志演義』の物語は

黄巾の乱によって幕を開けるということは

皆さんも既にご存知でしょう。

 

各地で暴れまわる

黄色い布を付けた賊どもを蹴散らして

力を付けていった劉備(りゅうび)曹操(そうそう)

彼らがその名を轟かせることができたのは

黄巾の乱があったからと言っても過言ではありません。

 

そんな劉備曹操たちにとっての

肥やしとも言える黄巾賊

実は太平道という宗教を信仰する人々の集まり。

 

太平道とは後漢末期に

張角(ちょうかく)という人物によって

創始された所謂新興宗教でした。

張角はなぜ太平道をつくり、

漢王朝転覆を目論んだのでしょうか?

 

今回は黄巾賊の親玉・張角の素顔に迫っていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

関連記事:唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者

 


 

史実では教祖になる前までは謎の存在

張角

 

実は張角の幼少期についての史料は

一切残されていません

 

天に仇なした者のことなど

記録するに値しないと考えられたのか

そもそも張角の素性を知る者が一人もいなかったのか

そのあたりは謎に包まれています。

 

張角が自身に神秘性を持たせるために

その経歴をひた隠しにしていたということも

十分に考えられますよね。

 


 

神書を手にして信者を増やす

于吉

 

そんな張角ですが、

ある日、于吉(うきつ)という道士が持っていたという

神書『太平清領書』をひょんなことから手にします。

張角はこの『太平清領書』を読み、

そこに書かれていたことを実践して歩きました

 

『太平清領書』は既に逸書となっていて

内容についてはほとんど知られていませんが、

どうやら「病は気から」という考えのもと

患者の気持ちを解きほぐすことによって

病を治療するというようなことが記されていたようです。

 

張角は病人を見つけると

罪を告白して反省することを促し、

呪符を燃やして出た灰を混ぜた水、

すなわち符水を飲ませて

伝説の仙人が持っていたという九節杖を使って

術をかけて治療したのだそう。

 

しかし、これによってすべての人の

病気が治ったかといえば

決してそうではなかったはず。

 

ところがどっこい、

ここが張角の小ズルいところ。

信仰心の強さと治療の効果が比例する

といったようなことを言っていたのです。

 

そのため、

病を治したい人たちやその家族は

ますます太平道にのめり込んでいき、

太平道の信者は爆発的に増えていきました。

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 

腐りきった漢王朝に反旗を翻す

腐りきった漢王朝に反旗を翻す

 

信者を増やして力を付けた張角は

目の前の病人だけではなく

世の中を治したいと思い始めます

 

その当時は後漢末期。

宦官が宮廷内で権勢をふるい、

政治は腐敗しきっていたのです。

信者たちの中にも

張角に世直しを求める声が広がっていました。

 

そこで、

張角は大賢良師を自称し、

弟の張宝(ちょうほう)張梁(ちょうりょう)

その他幹部級の信者と共に

各地の信者を密かに軍事組織化。

そして、かの有名なスローガンを流布しました。

 

蒼天已に死す

黄天まさに立つべし

歳は甲子に在りて

天下大吉

準備万端。

 

いよいよ後漢王朝に天誅を!

というときに張角にとって

思わぬハプニングが起こります。

なんと腹心・唐周(とうしゅう)が裏切り

後漢王朝に反乱の計画を

暴露してしまったのです

 

このことによって

追われる身となってしまった張角は

計画を前倒しして

蜂起を始めるように各地に伝令を送りました。


 

張角の死後も黄巾の乱は続いたが…

張角が亡くなり悲しむ黄巾賊

 

張角の鶴の一声で

あちこちで蜂起が勃発したのですが、

その乱は真剣に世直しを

求めるようなものではありませんでした。

 

各地で暴れまわる黄巾賊は

庶民たちから食料や物資を強奪したり

罪の無い人々を襲ったりとやりたい放題。

張角は真剣に世直しを考えていたのかもしれませんが

末端の者たちはそんなことは関係なく

ただただ暴れたいだけだった模様。

 

しかし、それらの乱も

既に計画が知られてしまっていましたから

次々に鎮圧されていきます。

 

思うようにことが進まず、

かえって追い詰められた張角は、

志半ばで病死してしまいます

病を治してまわっていた教祖が

病にたおれるというのは本当に皮肉なものです。

 

討伐軍によって墓が暴かれて

張角の首が都に晒されると、

黄巾賊は勢いを失って

ますます弱体化していきましたが、

それでも各地で黄巾を名乗る者たちによる蜂起は続きました。

 

度重なる黄巾賊の反乱によって

後漢王朝はますます衰え、

群雄たちが割拠する時代が到来したのでした。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

張角は太平道を開いた当初、

「目の前で苦しんでいる人たちを助けられたら…」

というマザー・テレサさながらの

慈愛に満ちた心で活動していたのかもしれません。

 

しかし、信者が増えていき、

人々にもてはやされるようになると、

その願いが世直しという大きすぎる野望になっていったのでしょう。

 

張角自身が後漢王朝を倒して

新しい世をつくることはできませんでしたが、

結果的に後漢王朝が倒れて

新しい時代がはじまったわけですから、

もしかしたら彼の願いはある意味で叶ったと言えるのかもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

関連記事:9話:張角が太平道信者を増やした方法

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 


 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明 馬謖は諸葛亮にチョー可愛がられていたのは本当?溺愛していた理由と…
  2. 陳宮 陳宮が董卓の配下になってたら三国志どうなった?
  3. 陸遜と孫権 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  4. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  5. 羽林騎時代の若き董卓 おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは?
  6. 周瑜はナルシスト 周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった
  7. 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備 呂布はどんな最期を迎えたの?飛将軍の最後を紹介
  8. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 後継者を決めるのに困っている劉表
  2. 騙し合う呂布と袁術
  3. 狗奴国は邪馬台国と対立
  4. 曹操は褒め上手
  5. 周瑜、陸遜
  6. 曹操
  7. 劉備 婿
  8. 関羽が好きすぎる曹操

おすすめ記事

  1. 漢代にはこんなにもたくさんの本が生み出されていた!【漢代の本】 郭嘉の本
  2. 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る! 司馬懿仲達
  3. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?
  4. 「月刊はじめての三国志4月号」3月25日(月)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  6. 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの? 徳川慶喜(幕末)

三國志雑学

  1. 何進に見切りをつける蒯越(カイ越)
  2. 司馬懿と公孫淵
  3. 馬岱


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹丕を生む卞夫人と曹操
  2. 過労死する諸葛孔明
  3. 荀攸
  4. 斉王になる司馬攸
  5. 董卓
  6. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  7. 袁術の最後
  8. 費禕

おすすめ記事

南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長はポルトガルを意識していた?世界情勢に魅了された第六天魔王 キングダム53巻 キングダム594話ネタバレ予想「まさか!松左に続き渕副長も戦死?」 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え 信陵君 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君 三国志に出てくる海賊達と甘寧 甘寧は夷陵の戦いで戦死していなかった?呉武将甘寧と夷陵の戦いを解説 水野勝成 水野勝成の墓はどこにある?福山市の賢忠寺へのアクセス方法 織田信長 織田信長って髭を生やしていたの?第六天魔王のヒゲは立派だったのか? 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP