唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張角と黄巾賊

 

西暦184年、太平道の教祖、張角(ちょうかく)は、36万と号する

信徒を率いて蜂起、中原を争乱の渦に叩き落とします。

しかし、この計画はやけくその蜂起であり、自滅が約束された道でした。

実は、張角には綿密な計画があったのですが、一人の信者の寝返りにより

それは、水泡に帰してしまったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1


張角は董卓と同じ事を考えていた

宦官

 

張角の太平道は貧しい庶民ばかりではなく、拡大する間に貴族や金持ちまで

信徒が増えていきました、そして、その中には宦官(かんがん)もいたのです。

あくどい事をして金を稼いでいた彼らですが、内心では因果に怯えており、

太平道の教義に縋り、救済されたがっていました。

 

張角はこれに目を付け、洛陽の宦官、封諝(ふうしょ)、徐奉(じょほう)を

抱き込みにかかります。

そこに、腹心の馬元義(ばげんぎ)を洛陽に送り込んで二人と密談し、

西暦184年3月5日に、二人が夜中に洛陽の城門を開き、

馬元義の軍勢を引き込み城内を制圧し皇帝を抑える作戦を立てます。

 

これは、天子を擁して堂々、洛陽に入城した董卓(とうたく)のケースと、

大体、同じようなやり方だったと言えるでしょう。


皇帝を握れば、外に100万人敵がいてもビクともしない

 

黄巾賊は洛陽を制圧すると皇帝を捉えて軟禁するつもりでした。

そうすれば、黄巾賊を倒す為に漢の軍勢が洛陽を包囲すると

皇帝を包囲する事になり朝敵となってしまうからです。

 

以前にも似たような事例が中国にはありました。

春秋戦国時代の末、武霊(ぶれい)王は、反乱を起こした長子の

公子章(しょう)を自分の宮殿に匿いましたが、それを、もう一人の息子である

恵文(けいぶん)王の軍勢が包囲しました。

赤兎馬

 

武霊王は、すでに隠居していましたが、

元の王の宮殿を包囲する事になった恵文王は後の禍を恐れ、

公子章が戦の傷が元で病死しても宮殿の包囲を解かず、

ついに武霊王を餓死させました。

 

それも、これも、王の宮殿を包囲した報復を恐れての事であり、

後漢の時代でも、漢の軍勢が洛陽を包囲した瞬間に

朝敵になる恐れはありました。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

すべてをブチ壊した元信者 唐周(とうしゅう)

唐周(とうしゅう)

 

上手く行きかけた張角の計画は、馬元義の配下だった

唐周(とうしゅう)の土壇場の密告で失敗しました。

3月4日、唐周は皇帝直属の宦官に直訴、明日、太平道によるクーデターが

計画されていると洗いざらいゲロしてしまいます。

そこから、すぐに馬元義と繋がる封諝と徐奉の身元が割れ、

二人は罪を免れようと、馬元義一味の事をしゃべってしまうのです。

 

こうして、ただちに皇帝命令で追討部隊が組織され、

城外で待機していた馬元義一味は摘発、逮捕され三国志によると、

車裂きの刑に処せられたと記録されます。

 

※後漢書では斬首

 

腹心である馬元義を殺された張角は激怒&追求が自分に延びる事を恐れ

黄天を名乗り、武装蜂起するという最終手段に出たのです。

綿密に計画した張角の計画は、唐周によってブチ壊されたのでした。

 

関連記事:9話:張角が太平道信者を増やした方法

関連記事:【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?


唐周はその後どうなったのか?

唐周はその後どうなったのか?

 

唐周のその後については、分かっていません。

どうして裏切ったのか、利益目当てか、計画に怯えてか、

或いは、教団に不満があったのか、そこも分かりません。

 

こんな大事件を起こしたのだから殺されたのではないかとも思いますが、

もし、密告者を殺してしまうと、以後、密告する人間はいなくなるので

さらなる内応を期待して、漢王朝は、殺してはいないとkawausoは思います。

もっとも、古巣の太平道を裏切った唐周のその後の人生が、

順風満帆であったとは言えないかも知れませんね。


  

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

こうして考えると、黄巾賊のスローガンの蒼天已死 黄天當立も、

急いで拵えたものだったのでしょうか?

それにしては、名文句ですが、いずれにせよ、やけくそで蜂起した

反乱に先が無いのは、張角も或いは自覚していたかも知れませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ

関連記事:張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. 曹操

    はじめての変

    曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

    官渡の戦いの後、後継者争いを演じた、袁尚(…

  2. 何晏
  3. キングダム
  4. 宣誓文を読み上げる藏洪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック

PAGE TOP