キングダム
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム582話ネタバレ予想vol3王翦はまだ動かない!!

 



 

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、581話では覚醒(かくせい)した飛信隊(ひしんたい)玉鳳隊(ぎょくほうたい)の力により圧倒的多数の趙軍の左翼が全面撤退を開始しました。

覚醒したとはいえ、空腹でいつまでも士気が続かない飛信隊と玉鳳隊は、退却していく趙軍の左翼に対して、どのような攻めを仕掛けるのでしょうか?

大胆かつ繊細に予想していこうと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

 

関連記事:キングダム582話休載スペシャルvol2李牧のリアルな軍勢とは?

関連記事:キングダム休載スペシャルリアルな秦軍の実態を解説

 

 

キングダム582話ネタバレ予想vol3 趙軍左翼の参謀は趙峩龍

 

前回のキングダムを読んでいて気が付いた事があります。

趙軍左翼の全体の指揮を、これまで地味で目立たなかった趙峩龍(ちょうがりゅう)が執っているのです。

馬南慈(ばなんじ)堯雲(ぎょううん)も、これまで独自の判断で動いている感じでしたので、これは大きな変化だと言えるでしょう。

 

武闘派の堯雲に対して趙峩龍は、完全な軍師タイプの武将だと言えます。

明示されてはいませんが、堯雲が藺相如(りんそうじょ)の武の化身なら、趙峩龍は藺相如の智の化身という伏線ではないでしょうか?

そう考えると、今回、趙峩龍が左翼の指揮を執っているのは偶然ではなく、作者は峩龍に何らかの見せ場を与えるつもりかも知れません。

武ではないとすれば知略ですが、鉄壁の防御とかそういうものではないでしょうか?

 

 

キングダム582話ネタバレ予想vol3 防御に徹して覚醒切れを狙う

 

前回、退却の間際に堯雲は、以下のような事を口にしました。

 

今、この秦右翼を奴ら二人を討つには敵の力を見直さねばならぬ

趙左翼全軍、ひとまず退却だ

 

一方の趙峩龍も

 

今、あの玉鳳と飛信隊の勢いにぶつかりに行けば

飲まれる恐れがある、今の奴らの力はそれほどに・・

 

このようなセリフを残していて両者の見解は一致を見ています。

ですので、趙軍の左翼はひたすらに下がり続け、飛信隊と玉鳳隊は、それを追い続けるという展開になるでしょう。

そして、これ以上下がれないという所まで下がった段階で、剛力的な防御戦法に徹してハリネズミになると思います。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム582話ネタバレ予想vol3 持久力が切れる飛信隊

 

飛信隊にしても玉鳳隊も、大活躍が出来たのは趙軍左翼が今日で秦軍を狩るというモードだったからでしょう。

しかし、飛信隊と玉鳳隊の覚醒を見て、恐れを抱いた趙軍は堅く守るに違いありません。

そうなってしまえば、いかに突破力がある二隊でも手も足も出なくなります。

つまり、動くかと見られていた戦局は再び手詰まりとなりました。

 

後は、また果てしない持久戦が続き、にらみ合いの間に日没を迎えるでしょう。

そして、翌日には、食べるものが全くない状況になり、さしもの飛信隊も、玉鳳隊も、後からやってくる亜光(あこう)軍もオワコンになります。

一見すると、急に有利になったかに見える秦軍ですが、覚醒が続くのは精々日没までそこを逃せば、明日には全滅というのが実態という事ですね。

 

キングダム582話ネタバレ予想vol3王翦は動かない

 

相変わらず、秦軍の右翼はキャスティングボードを握れていませんが、唯一挽回の方法があります。

それは、中央の王翦(おうせん)軍が前進を開始し李牧(りぼく)の中央軍を突く事です。

王翦の本隊が動けば、趙軍の左翼はひたすら防御するわけにはいかなくなります。

飛信隊と玉鳳隊が趙軍左翼を無視し、李牧の本陣を側面から突くと王翦の本隊と合わせて挟撃という形になるからです。

 

つまり、河了貂(かりょうてん)の狙い通りに王翦の本隊が動けば、趙軍左翼は嫌でも、飛信隊と向き合わないといけなくなるわけです。

これにて、覚醒した飛信隊と玉鳳隊、信、そして王賁により、堯雲も趙峩龍もあっさり首チョンパ!

長い長い、朱海平原の戦いはこれにて終了シャンシャン!

 

しかし、もし、それで終わるなら、朱海平原の戦いメチャチープですよね?

これまで、時間を掛けて王翦不在感を出しておきながら「実はいましたよーん」で前進開始では

「じゃあ、何で今まで、秦軍右翼の救援要請を無視してたんだよナスッ!」

という事にしかなりませんし、王翦ぶっちゃけ王賁嫌い説を補強する事になります。

朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

 

なので、河了貂の願い空しく、この後に及んでも王翦は動かないと予想します。

「なんで王翦は動かないんだよ!」「どうしてなんだ、俺達は見殺しか!」

そういうヤキモキした飛信隊と玉鳳隊が582話では描かれるでしょう。

 

キングダム(春秋戦国時代ライター)kawausoの独り言

 

じゃあ、このまま、飛信隊も玉鳳隊も覚醒が切れて趙軍に攻められ全滅か?

もちろん、そういう事はないでしょうが、まだ、その先がまるで見えません。

ですので、キングダム582話を読んでから改めて考えます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

 

関連記事:キングダム582話ネタバレ予想vol2玉鳳隊と飛信隊の関係は史実?

関連記事:キングダム582話最新ネタバレ予想「亜花錦の狙いは何だ!」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム593話ネタバレ雑学「趙峩龍の隔砂陣は本当にある?」
  2. キングダム581話ネタバレ予想vol2深読み「王賁遂に中二病を脱…
  3. キングダム 533話 ネタバレ予想:失われた士気
  4. 【キングダム558話】「人外の武」ネタバレ&レビュー
  5. キングダム53巻 キングダム591話ネタバレ予想vol1「河了貂の秘策は王賁投入」…
  6. 【キングダム549話】「3つの誤算」ネタバレ&レビュー…
  7. キングダム584話最新ネタバレ「数十騎」レビュー記事
  8. 【ネタバレ注意】キングダム540話 消耗戦 レビュー&今後予想

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  4. 孔明 司馬懿 陸遜

おすすめ記事

  1. 昔の日本は中国と比べるとかなり遅れてたらしいけど、漢代の頃はどんな感じだったの? 邪馬台国と魏軍の兵士
  2. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 朱然
  3. 武田信玄はどんな人柄だったのか?
  4. なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理
  5. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!? 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  6. 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー

三國志雑学

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉禅と孔明
  2. 陳寿(晋)
  3. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達

おすすめ記事

曹丕 三国志演義の曹丕様の初登場シーンが怖すぎる 韓信将軍 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点 織田信長 【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった! 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選! 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】 曹操と鶏肋 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官 海上での戦い 劉備と曹操 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP