ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

劉琦の性格とは一体どんなだったの!?

蜀の劉琦


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

馬に乗って単身荊州へ赴く劉表

 

漢王朝時代・荊州(けいしゅう)の主として君臨していた劉表(りゅうひょう)

彼には劉琦(りゅうき)劉琮(りゅうそう)二人の息子達がいました。

劉琮は長男・劉琦から後継者の座を奪い取って、劉表死後、荊州の主として君臨することになります。

今回はこの劉表の後継者となった劉琮ではなく、劉琦をピックアップしてご紹介したいと思います。

さて今回は劉琦の性格についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!

関連記事:何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは?

 


 

弟・劉琮の性格は?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

劉琦の性格をご紹介する前に弟・劉琮の性格をご紹介しておきましょう。

劉琮は荊州の主として君臨することになりますが、すぐに曹操(そうそう)に降伏してしまいます。

曹操は降伏してきた劉琮と会見すると「気高い心と清潔な志、知恵もあり、思慮深く、信義に厚い男だ」とかなりの高評価を彼に与えています。

 

そして劉琮は知恵があり、信義に厚い所もあることから、みんなから信頼された人物だったのではないのでしょうか。

現に彼の側近には荊州の豪族であり、劉表の元側近・蒯越(かいえつ)蔡瑁(さいぼう)などの人々が彼を擁立しようと協力していることからもわかるようにそれなりに人望を持っていた性格の持ち主であった事が分かると思います。

 


 

劉琦の性格は!?

蜀の劉琦

 

さて劉琮の性格を上記で紹介しましたが、劉琮の兄貴である劉琦はどのような性格だったのでしょうか。

劉琦の性格は頭が良く、知的な性格をしていたと思われます。

その一例としてこのようなエピソードがあります。

 

劉琦は劉表の後継者として劉琮と争っていましたが、劉琮の側近達が自分を殺害しようともくろんでいる事を考え、いつも不安で不安で仕方ありませんでした。

劉琦は自分の不安を解消するため、劉備(りゅうび)軍師として加わった諸葛亮(しょかつりょう)にアドバイスをもらおうと考えます。

 

劉琦は諸葛亮へ「孔明先生。私はいま不安なことがあるのですが、相談に乗っていただけないでしょうか。」と伝えます。

しかし諸葛亮は劉琦の相談に乗ることなく、その言葉を聞いた後、そのまま彼を避け続けていました。

 

劉琦はどうしても諸葛亮に相談に乗ってもらいたいと考え、ある作戦を実行。

それは諸葛亮を飲みに誘う事です。

劉琦は諸葛亮を飲み誘うと諸葛亮も劉琦の誘いに乗って飲みに行くことにします。

 

劉琦は高台の上に飲み会会場を作って、諸葛亮をこの高台に誘って二人で宴会を行います。

その後劉琦は高台を登ってきた梯子を外させて、諸葛亮へ相談を行います。

 

諸葛亮は地上に変えるための梯子が無くなっていることに気づき、致し方なく彼の相談に乗ってアドバイスを与えるのでした。

このエピソードから劉琦が諸葛亮を騙すほどの知恵を持っていることから知的な性格であったと言えるのではないのでしょうか。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  


 

知恵者だけど病弱だった劉琦

 

劉琦は諸葛亮を騙しおおせるほどの知恵者でありましたが、体は病弱であったそうです。

赤壁の戦いが終わった後、劉琦は病に倒れてしまい、そのまま亡くなってしまうのでした。

病弱であった劉琦には今までの過労に加えて、戦場での生活に耐えることができ無かった事が原因かもしれませんね。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

もし劉琦が病弱じゃなく長生きしていれば三国時代も変わっていたかもしれません。

どうしてそのように思うのか。

それは彼が荊州を統治する大義名分として存在意義があったからです。

劉琦は劉琮が曹操に降伏した後、唯一劉表の後継者として劉表が統治していた荊州全域を治める資格のある人物でした。

そのため彼が長生きすることができれば、劉備が劉琦を担いでいた事から荊州を保有する資格があり、孫呉と喧嘩することになった荊州問題も勃発することが無かったかもしれません。

 

そして荊州問題が起きなければ、関羽が孫呉に攻撃をされて討ち死にすることもなかったでしょう。

このように考えれば劉琦の存在は三国時代の歴史の流れを変えるほどの存在であったかもしれませんね。

 

■参考文献 新紀元社 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操は褒め上手 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない…
  2. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  3. 関興と張苞 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた…
  4. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  5. 皇帝になった徳川慶喜 もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?
  6. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  7. 曹操と羊と蚊 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた
  8. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 姜維
  2. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  3. 杜夫人
  4. 袁術と呂布
  5. 典論を掘る曹丕
  6. 李カク、献帝
  7. 張飛の男気人生

おすすめ記事

  1. 【有料記事】董卓が長安に遷都したのは韓遂のせいだった? 司馬朗と董卓
  2. 曹休が虎豹騎と呼ばれる最強部隊を率いていた?どんな部隊なの? 虎豹騎を率いる曹休
  3. 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ キングダム
  4. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  5. Webサイトリニューアルのお知らせ はじめての三国志
  6. 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの? 荀彧

三國志雑学

  1. 張譲 宦官
  2. 烏桓族
  3. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  4. 魯粛


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳平
  2. 病気になった兵士
  3. 沖縄そばを食べる関羽
  4. 郭嘉
  5. 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧

おすすめ記事

はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた! キングダム556話「王翦の守り」ネタバレ&レビュー 雨の中進軍する曹真 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介 キングダム52巻 キングダム586話ネタバレ予想vol2今後覚醒しそうなキャラは? 劉雄鳴は三国志の仙人 劉雄鳴とはどんな人?仙人だけど世渡りが下手な関中軍閥 キングダム54巻amazon キングダム599話ネタバレ予想「藺相如の二つ目の遺言を大予想」 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP